通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GitHub%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%85%A5%E9%96%80+%7EPull+Request%E3%81%AB... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/20

5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,786
¥ 2,786 ¥ 1,799

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • 改訂新版Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)
総額: ¥8,790
ポイントの合計: 265pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

GitHubの実践的な使い方を、実際に手を動かす形で解説する書籍です。初学者の方にもわかりやすいよう、基本的なGitやGitHubの使い方から、「ソーシャルコーディング」の目玉機能であるPull Requestの送り方・受け方まで解説します。また、外部ツールとの連携、GitHub FlowやGit Flowなど、GitHubを中心とした開発手法についてもしっかり解説しているので、中・上級者の方にも参考になるはずです。

目次
第1章:GitHubの世界へようこそ
第2章:Gitの導入
第3章:GitHubを利用するための準備
第4章:Gitを操作しながら学ぶ
第5章:GitHubの機能を徹底解説
第6章:はじめてのPull Request
第7章:Pull Requestが送られてきたら
第8章:GitHubと連携するツールとサービス
第9章:GitHubを利用した開発フロー
第10章:会社でGitHubを使おう
Appendix A:GitHubをサポートするGUIクライアント
Appendix B:Gistで手軽にコードを共有

内容(「BOOK」データベースより)

良いコードを迅速に生み出す快適な共同開発。手を動かして身に付ける、実用的なワークフロー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 304ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2014/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477416366X
  • ISBN-13: 978-4774163666
  • 発売日: 2014/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,914位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
GitHubとそれに関係する技術を一通り知ることが出来ます。
全体的に読みやすい文章でスラスラ読めます。

GitHubを実践する部分では、GitHub上で実際にプルリクエストを送信したり、
GitHub Flow(デプロイ中心の開発スタイル)や、Git Flow(リリースを軸にした開発スタイル)という
開発スタイルを実際に操作しながら体験でき、GitHubの理解が深まります。

実践について詳しく記述しますと、第6章のプルリクエストの実習では、GitHubにアカウントを
作ったうえで、この書籍用に用意されたアカウントのリポジトリに実際にプルリクエストを送信します。

やはり実際に使ってみるというのは重要で、書籍の課題とはいえ、自分のプルリクエストが
無事にマージされた際には少なからず感動があり、理解が深まった気がしました。

さらに、プルリクエストを送った読者はそのリポジトリの権限が付与されます。
例えば私が送信したプルリクエストをマージしてくださった方は、私より1週間程前にプルリクエストを実践していた方でした。
プルリクエストを送るだけでなく、そのリポジトリのメンテナとしてそのリポジトリを管理する体験もできるようになっています。<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
git の使い方からはじまり、github の実践的な使い方について書かれています。
本書で述べられていますが、コミュニティが存在しプルリクエストの送信と承認を実際に体験できるのも良い点でした。
私にとってはOSS貢献への扉が開いた書籍です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「Git?Github?Pull Request?聞いたことはあるけど、よく分からない....」
もしくは「Subversionで十分なんじゃないの?」って方、まずこの本を読んでみましょう。
Gitの基本操作から、Githubの利用方法まで解説されています。
Githubは日本語表示がないサイトなのですが、この本さえあれば英語も怖くないです。

この本の良い所は、Githubの使い方に終始せずに、Githubを中心とした最新の開発フローを解説している所です。
単純にGitとGithubを使ってリポジトリを管理すれば開発が改善する訳ではなく、
これらをフル活用するための手順や、著者自身の経験から導かれたノウハウがつめ込まれています。

この本を読み進めていくことで、GitやGithubの導入だけでなく、
Pull Requestをベースとした開発フローを始め、効果的なコードレビューや継続的インテグレーション、
自動デプロイ等の、モダンな開発フローを実践するための手助けとなることでしょう。

もちろん本書を読破したからといって、開発チーム内に急にGitやGithubを導入することが出来るわけではありません。
チーム全員が今まで使ってたツールから未知
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「実践」入門の名に相応しく手を動かしながらgitとGitHubの使い方を
習得することができます。

画面キャプチャを多用して現在のGitHubのUIに即した詳細な機能解説が
掲載されています。実際に手を動かすという意味では著者が本書のために
用意したレポジトリへPull Requestを送ってみることもでき、最初は相手が
いないと試しにくい機能も読みながら実践できるのが良い点です。

GitHubを活用した開発フローについても2種類紹介されており
本書を手を動かしながら読み進めればGitHubを利用した開発に
スムーズに入って行けるような構成になっています。

著者のGitHubへの強い思いが伝わってくる良書です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るかに トップ500レビュアー 投稿日 2014/4/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
gitはここ数年で急速に浸透し、入門書も数多く出版されています。
職場での構成管理にgitを使っているという人も多いかと思います。
GitHubというgitのホスティングサービスがあるからアカウント登録してみた、という人も多いでしょうが
その大半は、Pull RequestやGit Flowなどgitの入門書には登場しない言葉がいまいち理解できず、
結局よく分からないままGitHubを放置してしまっているという人ではないでしょうか。

GitHubはソーシャルコーディングという概念で、一つの文化圏を形成しています。
この文化圏は、職場でgitを日常的に使っていても、push/pullを繰り返しているだけでは理解できないものです。
本書は、読者がこの文化圏に入門することを手引きします。
GitHubが提供する多数のリポジトリから多くを学び、オープンソースの世界に貢献できるようになると
読者のプログラマとしての市場価値は飛躍的に高まります。

なにより、GitHubの文化圏で開発することは非常に楽しいのです。
そこへの入門を実践的な形で紹介している本書は、全てのプログラマーにおすすめできます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー