数量:1
Girl in the Other Room がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,018
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Girl in the Other Room Import, Enhanced

5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,022 通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,326より 中古品の出品:15¥ 94より

Prime Music Prime Music


Amazon の ダイアナ・クラール ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Girl in the Other Room
  • +
  • Love Scenes (Hybr) (Ms)
  • +
  • When I Look in Your Eyes (Sl)
総額: ¥5,940
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/4/27)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Enhanced, Import
  • レーベル: Verve
  • ASIN: B000148KK2
  • EAN: 0602498615331
  • その他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 161,713位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:58
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
4:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
4:03
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
4:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
5:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
4:02
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
4:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
3:31
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
5:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
5:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
5:39
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

プロデュースは前作『The Look of Love』も担当したトミー・リピューマとダイアナの共同プロデュースとなり、ダイアナはピアノでも参加。エルビス・コステロとコラボレーションした楽曲も収録。

Amazonレビュー

   エルヴィス・コステロとの結婚はダイアナ・クラールにとって、単なる私生活上の出来事ではなく、音楽的にも深い意味があったことをこの作品が物語っている。これまでスタンダードを中心に歌ってきたダイアナが、このアルバムでは約半分の曲を自作、その多くをコステロと共作しているのだ。それに加えて、コステロの代表曲「オールモスト・ブルー」まで歌っている。ほかにもトム・ウェイツやジョニ・ミッチェル、モーズ・アリソンの曲も取り上げられていて、これほどはっきりコステロ色が出ているのに驚きだ。

   ここに聴かれるダイアナはコステロ的というかシンガー・ソングライター的というか、これまでとはひと味違ったスタンスで、新たな魅力を打ち出しているのが印象的。ブルース調のナンバーが多いこともあって、全体にブルーなムード/カラーで統一されている。(市川正二)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/16
形式: CD
個人的な好みでは「Live in Paris」と「All for You」の方が好きですが,このCDも彼女の渋さがよくでていてスウィング感がとてつもなくかっこいい曲もあって楽しめます.曲調的にはポップス的なものからジャジーなものまで幅広い.ピアノは以前のCDよりもよかった.
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
すでに何回もCDで聴いている作品だが、SACDの音質を期待して購入した。
このアルバム以前にはスタンダード曲を主体に大編成オーケストラをバックにしたポップス的な内容のものが多かったのだが、この作品では、これまでジャズではあまり取り上げてこなかったオリジナル曲がほとんどで、ダイアナの新しい挑戦が認められる。
SACDではさすがにCDより優れていることはステレオ2チャンネルでも明らか。 さらにマルチチャンネル(5.1ch)では、まずアコーステックベースとドラムの低音、ダイナミックレンジの伸びに感心した。 ダイアナの声もハスキーに震えるところまで再現され、眼前に浮き上がってくるように定位し、奥行き感が立体的に構成されている。 ボーカリストとしてのダイアナの声はもともと音域も狭く、ノビもないものだが(J.モンハイトやR.ガンバリーニのような美声ではありませんな)、その独自の表現力やジャズフイーリングが、彼女の持味であり、CDでは聞き取れなかった声のヒダにまでこのアルバムかける意気込みを感じさせられたのには驚いた。(特にトラック1、2、3、5などが素晴らしい)
また、ピアノの音も素晴らしく、ダイアナのピアノってこんなに上手かったかと思わせるほどで、ジャズピアニストでも食っていけそうである。 音がよくなると作品の内容までガラリと大化けすることが時折あるが、SACD
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/7/19
形式: CD
2004年4月発表、エルビス・コステロを射止めた女、ダイアナ・クラールの最新作。前作より格段の進歩を遂げている。コステロの作品『Almost Blue』を取り上げるなど随所にコラボレーションが見られる。
だが何といっても魅力的なのは彼女の声だ。例えるのが難しいがヘレン・メリルのボーカルを最初に聴いた時のような感覚を覚えた。実に奥深くまでしみてくる。
前作からの共同プロデュースのトミー・リピューマがうまく効いていて、彼女のいいところが全面に出ている。これからもっともっと期待できるミュージシャンだと思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゅう トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/18
形式: CD Amazonで購入
Diana Krallが2004年にリリースした通算8枚目のスタジオ・アルバム。前年に結婚したElvis Costelloの影響が色濃く、それまでスタンダードナンバーが中心でしたが本作品ではCostelloとの共作(作詞Costello、作曲Krall)が6曲(②⑤⑨⑩⑪⑫)、Mose Allisonの楽曲『Stop This World』が1曲、Tom Waitsの楽曲『Temptation』が1曲、Elvis Costelloの楽曲『Almost Blue』が1曲、Joni Mitchellの楽曲『Black Crow』が1曲とポップス色がかなり色濃く出ています。それまでのDiana Krallのしっとりと歌い上げる雰囲気と違い少し軽妙な感じで新境地を展開しこちらの方も中々良い感じです。5.1chサラウンドも音の広がり方、音の分離、各パート楽器がクリアーに聞こえ中々良い出来だと思います。(ちなみにElvis Costelloは三度目の結婚です。)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムのTemptationには参りました。
すばらしい。人生の陰影も明るさも知り尽くした感じの
それでも感情が動く、心がうずくと歌い上げる彼女には
脱帽。
ピアノがまた気持ち良いのです。
邪魔にならず、それでもきっちり脇役をこなす。
こういうピアノがいいですね。
スタンダードをパッキーンと歌う、Live in Parisのような
DIANA CRALLもいいけど、個人的にはこのGirl in the Other Room
の方が、好きです。
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ダイアナ・クラールの2004年の作品だそうである。エルヴィス・コステロと結婚後夫は作詞等も手伝っている。最初の1曲目で彼女らしい歯切れの良いヴォーカルで魅了されるが、全体に骨太なメインストリームジャズの演奏であるが、Temptationは、情感豊かで本家のトム・ウエイツとはやや印象が違う。原曲はトム・ウエイツがバンドネオンを弾きながら歌うタンゴ調の曲だそうである。彼女のヴォーカルは吐息、息づかいまでが抑揚があり、情景と感情が込められている演出には彼女の声も楽器の一部のようである。感情は抑制され、落ち着いた感じで洗練されていて聴きやすい。Departure Bayは、クラールが母を失った悲しみを歌ったものであり、旅立ちの湾というべきか、欧米人には日本人が三途の川というのを死者の湾という表現があることを聴いたことがある。しかし海の情景が浮かぶ何とも言えず哀しみの中に美しさがある。Almost blueは、ロックミュージシャンのコステロがカントリーミュージックに関心を示し始めた頃に憂鬱な感情を基調とした音楽を作曲して想定外の音楽を作る傾向にある彼の作品をダイアナが完成させたような印象がある。ジョニーミッチェルのBlack Crowは文字通りギターが不協和音を奏で、黒い烏が飛び立つような想像をさせる。Narrow Dayliteはフォーク、ポップミュージックで彼女のシンガーソングライターと...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック