この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Gimmick Import

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 4,661より 中古品の出品:2¥ 1,299より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Barkmarket ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック


登録情報

  • CD (1993/10/12)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Warner Bros / Wea
  • ASIN: B000002MLE
  • JAN: 0093624534327
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 507,694位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Easy Chair
  2. Whipping Boy
  3. Static
  4. Dumbjaw
  5. Gatherer
  6. Hack It Off
  7. Curio
  8. Redundant
  9. Radio Static
  10. Carjack
  11. The Shill
  12. Better Made Man

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 man-kun 投稿日 2002/2/16
形式: CD
シングルを含め3枚の作品の中で、まとまり、迫力共にこれがベスト。しかし次作は違う価値観でこれまた最高だ。何をどうしようが自分の音にしてしまう、まるで闇の世界の親分のような連中だ。とにかく賢い。ロックの何たるかを黙して語らず、サウンドで大爆発させている。音のみで勝負できる数少ない天才。リリース当時より現在のほうがよりリアルになっている。しかしどうやって、バンドで合わせているのだろう。信じられない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 meiz8 投稿日 2005/10/9
形式: CD Amazonで購入
オアシスのアルバム「don't beleve the truth」のプロデュースを担当した
デイヴ・サーディが在籍していたバンド。音的にはオルタナだと思いますが、
ブームのときに出てきた他のバンドとは完全に一線を画しています。
テクニカルな印象はないが、バンドで合わせる事自体が不可能に思える
複雑な楽曲、それでいてメロディそのものは結構馴染みやすくフックがきいた
もの。表現の骨太さと、その普遍的な説得力に気付いた瞬間に、
他には替えがたい作品となるでしょう。
ニルヴァーナ、シェラック、バストロ、ダイナソーJr、アンセインなど、
その手の音が好きだが、月並みなものでは満足できなくなってしまった方に
最適だと思います。
もはや再び実現するのは不可能となってしまいましたが、ヘルメットの前座と
して来日し、その際に行われた高円寺20000Vでの単独ライヴは本当に素晴らし
かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Oasisのプロデューサーなどで名高いDave Sardyが在籍していたことで知られるへヴィ・ロック・バンドの最高傑作。
エッジの鋭い音の感触が摩擦係数が高く、今聴いても否応なく興奮させられ、他のアルバムも聴いたけどこのアルバムが楽曲とプロダクションのコンビネーションの相性が凄く良く、この辺はエンジニアとプロデュースも兼任できるSardyの感性や技術の賜物だと思います。とにかくその重戦車が突進してくるかのような、あるいはバッファローが迫ってくるかの如き重量感に圧倒されること請け合い。
AlbiniがレコーディングしたWeddig Presentの名作「Seamonsters」を彷彿とさせる殺伐度の高い傑作。昔、グランジのことを殺伐ロックと言っていた時代がありましたが、このアルバムこそその名の相応しい殺伐とした作品。へヴィ・ロックやグランジ・ロックの歴史の中では絶対の落としてはならない完成度のアルバム。最近のデス・メタルやカオティック・コアなどを聴いている人にも訴求すると思われる時代や地域を超えた名作。
惜しむらくはSardyがプロデューサーで成功してしまった為、自分の表現活動に興味を無くしてしまったところ。これだけの才能がある人がもう自分のアート活動をしないのが人類の不幸だと思います。あと、アメリカのハードコア出身の人の中では珍しくメジャー志向というか
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 stoned 投稿日 2013/7/12
形式: CD
久しぶりに引っ張り出して聞いて、震えるほど格好良かった・・・。
このアルバムが出た時、90年代前半かな?もう巷にはグランジ/オルタナサウンドで溢れかえっていて、猫も杓子も皆ざらざらとした耳触りのディストーションの洪水の様なギターにローファイなサウンドメイキング、ロックを聴く素養のない人たちでも皆こういう音楽を、本当にいいと思ってんのかどうなのか判らないけど聞いてます、そしてネルシャツ着てますみたいな時代。この作品は、あの時代の音楽でも、例えば70年代の歴史の残るようなロックアルバムにがっぷり四つで比肩しうる数少ないアルバムでしょう。

90年代後半にレッチリのサウンドエンジニアに起用されて以降プロデューサーとしての活躍が目立つデイヴ・サーディーの渾身のヘヴィ・ロック・トリオ、Barkmarketの最高傑作にして90年代ロックの一つの極みをみたアルバムですよ。とにかくダーティーな音像で泥臭いアンサンブルにして先鋭的な構成を併せ持つ。私の中で90年代のヘヴィロックで真に際立つ個性という意味でMelvins、Quicksandとこのバンドが御三家です。当時私はLAに住んでいて、彼らの地元でこのバンドのライヴ見ましたが、実はオッサンのイナタイ、最高に格好よい、ただのロックバンドでしたね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す