Get Behind Me Satan がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、ケースやリーフレットに多少傷みがある場合がございます。ディスクはクリーニング済みですが、若干傷がある場合もございます。特典や付属品は付いておりません。丁寧な梱包にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Get Behind Me Satan Import

5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、関西エクスプレス 大阪本店【当日お急ぎ便対応】【安心返金保障】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,960より 中古品の出品:68¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ホワイト・ストライプス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Get Behind Me Satan
  • +
  • Elephant
  • +
  • イッキー・サンプ
総額: ¥6,203
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/6/7)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: V2
  • ASIN: B00097A5H2
  • JAN: 0638812725622
  • その他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 338,583位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Blue Orchid
  2. The Nurse
  3. My Doorbell
  4. Forever For Her (Is Over For Me)
  5. Little Ghost
  6. The Denial Twist
  7. White Moon
  8. Instinct Blues
  9. Passive Manipulation
  10. Take, Take, Take
  11. As Ugly As I Seem
  12. Red Rain
  13. I'm Lonely (But I Ain't That Lonely Yet)

商品の説明

内容紹介

前作『ELEPHANT』がグラミーにて最優秀オルタナティブ・アルバム&ロック・ソングの2部門を受賞。そんな彼らの5作目となるアルバム。前作以上に破壊力と衝撃を持ち合わせた内容となっている。

Amazonレビュー

5枚目となる『Get Behind Me Satan』は、現在の極めてユニークなガレージ・ロック・スターによるもっとも風変わりで、もっとも肩の力を抜いた作品だ。これはホワイト・ストライプスの最高傑作でもあり、『Exile on Main Street』(邦題『メイン・ストリートのならず者』)的なごたまぜ作品で、細部より全体を通して評価したいアルバムだ。現在のマーケットではシングルと曲のダウンロードの占める割合が伸びているが、アルバムがいかにエキサイティングかを思い出させてくれる。特に、次にどんな曲が飛びだすか予想もつかないところがいい。このアルバムでは、かき鳴らされるギターは影を潜め、連打されるピアノがメインになっている。ほとんどの曲は、最初はラフなミックスに聞こえるだろう。ほぼすべての曲に特別な大音量となる箇所がある。「The Nurse」のギター・ソロ、「My Doorbell」のドラム、「Blue Orchid」のすべてがそうだ。しかし、数回聞くと、このユニットはスタジオを道具として使っているだけではなく、製作プロセスのからくりをリスナーに明らかにしていることが、はっきりと伝わってくる。中には駄作もある。意味のない音を集めただけの「Instinct Blues」は長すぎ、「The Nurse」には本物のコーラスがあれば完璧になったはずだ。「Passive Manipulation」はメグが妻か姉かという騒動についての曲で、CDジャケットのアートワークでは、なるほどジャックとメグが後ろ指を差し合っている。アルバム・タイトルは聖書のどの部分を差しているのだろう(マタイ、マルコ、それともルカか)。だが、こうした欠点があっても、このアルバムが奇妙なほど幅広いジャンルを取り入れ、同時に、遠回しにジャンルなどというものに毒づいている事実を変えることはない。「Blue Orchid」はロック・キッズでもダンスフロアでどれだけ踊れるかを示した"ロック・ディスコ"風なタイトな曲。一方、「My Doorbell」での音はまるでジャクソン・ファイブのようであり、「Forever for Her」はジャックが書いた中で、最高のバラード。マリンバがドライブ感を与えている事実に、さらに感心させられる。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 素晴らしかった前作「Elephant」に続く5作目は、ジャックが尊敬する伝説のブルースマン、R・ジョンソンに自身をなぞらえたか、ついに「悪魔」すら自らに従わせるかの如く、魂の叫びが胸に突き刺さる快作!

 まぁとにかくドラムは控えめだし、爆裂するギターもすっかり影が薄い。ただでさえ2ピースでしかないバンドなのに、音数は更に少なく絞られ、アコースティック・ギターやピアノを中心とした楽曲では、己の根源的な感情を剥き出しにするかの如く鳴らされ、聴く者を圧倒する。
 
 (1)のようなギターリフが鳴り響くロックや、(8)のような魂をかきむしるブルースもやはり素晴らしいが、ピアノを効果的に使った(3)(6)の疾走感などの新機軸も目立つし、ピアノ弾き語りによるバラード(13)は絶品だ。
 
 反面、前作までのギターとドラムが織りなす“ヘヴィネス“ばかりを期待すると、やや肩透かしな面は否めないかな。とはいえこのアルバムは、彼らの内なる変化の瞬間を鮮やかに切り取った、ある意味ターニング・ポイントになりかねない作品だ。心して堪能したいね。(ボートラはいま一つかな・・・)。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1st〜4thまでの、ギター+ドラムという
基本的な路線を一新させ、マリンバやタンバリン、ピアノなど
これまで以上にシンプルな作りになった5thアルバム。
(エレキギターの曲は3曲だけ。)

使われている楽器は非常にシンプルでポップですが
ジャックホワイトの類まれな器用さと、姉弟の存在感で
奥の深い、多彩な表情のアルバムに仕上がっています。

これだけの楽器で、圧倒的な技術と迫力ある音を提供する
ジャックはやはり素敵なアーティストだと思います。
特にピアノ弾き語りバラード♯13は圧巻。

前作の成功や周りには左右されない、という彼らが
非常に素敵なロックアルバムを作ってくれました。

ただ、ジャックは今回では感情を剥き出して歌っていますが
4thでのクールなヴォーカルの方が個人的には好みです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 「悪魔よ、俺の後ろにつけ」
こんなタイトルをつけられたら、少しばかりロック/ブルースの歴史に
詳しい人ならどうしたって想像してしまう。十字路で悪魔に魂を売り渡
してブルースの神(いや、悪魔か)となったロバート・ジョンソンの話
を。ちなみにジャック・ホワイト本人も某誌のインタビューで「その意
味もある」と言及しています。
 そういう意味でとらえると、彼らはエリック・クラプトン以来のブル
ース殉教者になろうとしているのか、と考えてしまう。そして作品を聴
いて思った。やはり彼らの後ろにブルースの悪魔はとりついたのだと。
何かオカルトちっくになってきましたが誤解しないで下さい(笑)つま
りはそう表現したくなるほどのブルース・フィーリングを彼らが獲得し
てしまったということです。
 1曲目の「Blue Orchid」で早速前作の「Seven Nation Army」ばりの
リフ・マスターぶりを見せつけ「おっ、今回もこの路線か」と思わせと
いていきなり2曲目はマリンバ(!)その後もピアノやマンドリンを使
用したりで結局あの轟音ギターを軸にした曲は3曲のみ。なのに物足り
なさは微塵もなし。それは、どんな楽器を使おうとも、その曲にしっか<
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ホワイトストライプスの五枚目。

前作までと違い激しいギターは鳴りを潜めているため、最初聴いた時は?だった。2,3回聞いた後なんかよく分からないなぁと思い、棚にしまった。

が、数日後何か引っかかるものがあり、再度トライ。うん、いいんだけど、格好いいんだけど、何が格好いいのか、どう格好いいのか、よく分からない。その説明のつかなさに居心地が悪くなり、また棚に戻した。もういいや、よく分からんし、という感じに。

それでもまた棚から引っ張り出して、聴いてみる。何回も何回も。分からないのが悔しくて、何かが心に引っかかって。聴きなれない木琴(?)の音、特段うまいとも思えないドラム、ピアノ、おまけにギターはあまり弾かれていない。別に曲の展開に衝撃的なところがあるわけじゃないと思うし・・・。

何回も何回も何回も聴いて、それでもその格好良さが何なのか、未だによく分からない。でも気づいたころには虜になっている。不思議だ。これはブルースやジャズを聴くときの感覚に似てる。

激しいギター、これでもかというほどのドラミング、身をよじる様にして搾り出されるシャウト。そんなものだけがロックじゃない。一発で耳に残らなくたって、分かりやすくなくたっていい。おいおいそんなにいっぱい音数詰めこまなくたってロックできるんだぜ。ジャックにそう言われてる感じがする。

そしてそれはとても格好良いのである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー