通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GOSICK GREEN がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GOSICK GREEN 単行本 – 2016/12/2

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 744

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GOSICK GREEN
  • +
  • GOSICK PINK
  • +
  • GOSICK BLUE
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

グレイウルフ探偵社 vs. 伝説の銀行強盗!?

新大陸に到着した早々、難事件を次々解決したヴィクトリカと一弥。開業したグレイウルフ探偵社には依頼人が殺到。伝説の銀行強盗が脱獄したというが……? 奇跡の名コンビが、またもN.Y.中を巻きこむ大活躍!?

内容(「BOOK」データベースより)

新大陸に到着した早々、難事件を次々解決したヴィクトリカと一弥。開業したグレイウルフ探偵社には早速、依頼人が殺到。脱獄した伝説の銀行強盗・KIDと、マンハッタンの中心にある広大な公園・セントラルパーク。この二つに関する厄介な依頼にヴィクトリカが目を白黒させる中、見習い新聞記者となった一弥も、セントラルパークへ初の取材に向かう。二人の仕事は、思わぬところで大きな陰謀へと繋がって…?奇跡の名コンビが、またもN.Y.中を巻きこむ大活躍!?探偵社編、最新作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041045967
  • ISBN-13: 978-4041045961
  • 発売日: 2016/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,422位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/2/24
形式: 単行本 Amazonで購入
 渡米後の「グレイウルフ探偵社」シリーズの第4弾。
 今回は銀行強盗やセントラルパークにまつわる謎である。
 まあ、ストーリーそのものはあってなきようなもので、ディテールの可愛らしさと不思議さに耽溺すべき作品だ。
 各所に印象的な場面がある。
 それにしても、いろいろ遅々として進まないシリーズである。2人の関係はもちろん、まだアメリカに着いてから数日しか経っていないんじゃ?
 とはいえ、渡米後を描いたなかではもっともおもしろく感じた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
新シリーズに入ってからイマイチと感じていたが、このグリーンはなかなか楽しめた。
ラストには存在を抹消されたのかと思われたあの方も登場。
これは嬉しいサプライズ。アブリルも再登場はよ。

ところで九条とヴィクトリカの関係が全然変わらないのが、嬉しくもあり、寂しくもある。
この二人は強い絆で結ばれており、かなり仲が良いのだが、恋愛的な意味では一歩も進展がない。
(ヴィクトリカが嫉妬している様子もあったり、普通になりたいと心境を語る部分はあることはあるが)
恋愛の関係じゃないと言えばそうなのだが、旧シリーズは「LOVE愛してる」のキャッチコピーで有名な(今は亡き)富士見ミステリー文庫というレーベルだったので、個人的には少し期待している部分もある。
今後に期待かな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ソビュールの頃からゴシックの大ファンでした。新編になって、再開を楽しみにしていたところ、ブルーが酷くてがっかり。ピンクはまだマシでした。そろそろREDに近づいて面白くなる頃ではと、アマゾンで予約し楽しみにしてました。が、、、もうつまらなくてつまらなくて読むのが大変で。これが探偵社編の進行、雰囲気なのでしょうか?面白いストーリー展開はもう、望めないないのでしょうか?探偵社編って、、、。がっかりでとても残念です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
変わらないヴィクトリカの可愛さ、ストーリーの面白さだった。
ただ、『RED』が数年先に出た分、人間関係、時系列がどうだったっけ…と思い起こさなければならなかった。
前作『PINK』からも1年時間が経っているので前回の人間関係等を思い出すのに時間がかかった。
今年もまた新作が出版されるようなので楽しみだが、それまでに過去の作品もう1度読まないと今度こそ迷子になると感じている。
ヴィクトリカたちがアメリカに渡った時代は本当に自由の国だったんだなと思った。今のアメリカが大変そうなだけに…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こういうレトロな暗号がGOSICK初期っぽくて推理がいつもより面白かった。

前半の話が後々つながる展開も初期のアヴリルの役割を思い出した。

続きが気になるあの終わり方もすごく良かった。

やっぱりこのライトな感じがいい。

外に持っていきにくいのでRED以降も
早く文庫化して欲しいです。

あと、今回もシールみたいな特典を期待してたから欲しかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告