¥ 3,059 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: CDの せきぐち

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

GOING MY WAY (CCCD)

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 3,059
OFF: ¥ 87 (3%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、CDの せきぐち が販売、発送します。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の THE ALFEE ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • GOING MY WAY (CCCD)
  • +
  • GLINT BEAT
  • +
  • 新世界-Neo Universe- (初回限定盤)(DVD付)
総額: ¥7,906
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/9/30)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 65 分
  • ASIN: B0000C0SYA
  • JAN: 4988006187399
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 131,257位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. I Love You
  2. 希望の詩 (うた)
  3. Destruction
  4. 戦場のギタリスト
  5. Another Way
  6. Going My Way
  7. タンポポの詩 (うた)
  8. TRY
  9. Candle Light
  10. Chaosの世界
  11. 平和について
  12. CATCH YOUR EARTH 2003

商品の説明

内容紹介

2年ぶりのオリジナル・ニューアルバム。「タンポポの詩」(テレビ朝日系『ドラえもん』エンディング・テーマ)、「TRY」を含む全12曲を収録予定。

メディア掲載レビューほか

ANB系アニメ『ドラえもん』エンディング・テーマ「タンポポの詩」他を収録した、THE ALFEEのアルバム。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
最近になってこのCDを海外で聞いた。
実は、あまり期待せずに。
UKやアメリカのロックが好きな者にすると、時には日本の音楽は『日本ならではの〜〜節』があって、どこか陳腐に聞こえるような錯覚に陥る事がある。  何かの二番煎じのようで。

・・・ところが、OMG!  非常に良かった。
音楽の複雑化に幅があり聞いていておもしろい。 『あ、これ、なかなかいける』が最初から最期まで続くアルバムはそんなに多くない。  また、詩がきれい、かつ メッセージ要素が強い曲が多いので、聞いても、ダラダラと甘ったらしくない。

時代と共に変化を繰り返していくThe ALFEE。 
彼らの面白さは、たとえどんなに変化をしたとしても、コアとなる部分で彼ららしいサウンド、彼らの歴史を感じされるアレンジがなされている事。 

数年来、No1のCDとなりそうです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
以前、このアルバムは、コピーコ○トロールCDでしたが、今回のんは、まともな普通のCDですなぁ〜!!\(^o^)/

どうせ、何年後かに出る再発盤で普通のCDで出るんだから、初めから真っ当な普通のCDで

出しておけば、ええんじゃい!!ワレッ!!(*`へ'*)

一番後追いの東芝はん、最後まで意地をはったら、あとでえらい恥をかきまっせ〜〜!!(爆)

♪いや〜♪なかなかのええアルバムですなぁ〜〜〜!!!(^-^)/
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
約2年ぶりのニューアルバムです。まず「I Love You」はノリのいい激しいロックです!
「希望の詩」はどこか哀愁の漂う曲です。私の一押しの曲でもあります!
それに「Another Way」「Going My Way」が「Chaosの世界」が個人的には好きです!
他にもTHE ALFEEには斬新な「Destruction」結成30年目にして始めて完成した
THE ALFEEのクリスマスソング「Candle Light」(多分、毎年恒例のクリスマスライブの定番曲になるでしょう)
などもあります!「戦場のギタリスト」と「Chaosの世界」のギターソロは圧巻です!!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
もう、やりたい放題です。
いわゆるメロコア系寄りのアレンジでホーンまで付いてるのに
打ち込みの音と息も合ってる『I Love You』
懐かしい感じなのにしっかりロックしてる『希望の詩』
タイトルとは違って『楽しくやろうぜ』というノリの『戦場のギタリスト』
(『俺の方が先だかんな(笑)』(高見沢俊彦・談))
1997年に出来る予定で漸く完成の『Candle Light』(お疲れ様[笑])
今年の秋(!)のさいたま国体のテーマにもなっている『TRY』
各曲の存在価値も然ることながら、このアルバムは特に通して聴いて欲しい。
近年稀に見るコンセプトアルバムとしても十分な仕上がりとなっている。
惜しいのは、CCCDであるために音質が非常に悪い!(これが★1つ取った訳)
東芝さん!もう一枚買うから、作り直してよ!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/2
形式: CD
一言で言えば、「絶妙」です。これは、長い間、第一線で走り続けているバンドならではのものです。らしくない曲も、聴いてる内に、すっかりアルフィー節になっていくのがたまらない。また、ライブへ行きたくさせてくれる、そんな一枚です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作が異色だった感が強いが、今作はアルフィー節の大道(特に「希望の詩」「TRY」など)が味わえる。とはいえ、現在のアルフィーが感じる強い時代観が作品には反映され、その解釈によって評価の分かれる作品であろう。新境地といえるDESTRUCTION、I love youの疾走感、ありそうでなかったANOTHER WAYの清涼感などひとつひとつの作品がまったく別の宇宙を持っているミクロコスモスのようなアルバム。サウンドの統一性はないが、歌詞に前面にあわられる、生への無条件の肯定は、アルフィー独自のメッセージとしてひしひしと迫ってくる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/22
形式: CD
ロックに文学性を求める輩にとって、このアルバムというか近年のアルフィーはきっと不満の対象だろう。しかし、アルフィーはファンよりもしたたかに、時代に敏感であり、このアルバムで表現される世界観は、現在の社会をきわめてうまく捉えたフィクション性で作られている(褒めているつもり)。このアルバムを聴ききれないファンは、むしろ後退してる。アルフィーを知らない若い世代にも受けいられるアルバムだと思う。マスコミは、もうそろそろアルフィーを評価すべき。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す