GO [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、きれいな状態の商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: Angelarme
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: Guts!
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: [夏の売り尽くしSALE!!]free life style
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

GO [DVD]

5つ星のうち 4.2 94件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,616
価格: ¥ 3,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,636 (29%)
ポイント: 4pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Wonder Recordsが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • GO [DVD]
  • +
  • 凶気の桜 [DVD]
  • +
  • ピンポン ― 2枚組DTS特別版 (初回生産限定版) [DVD]
総額: ¥10,040
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 窪塚洋介, 柴咲コウ, 大竹しのぶ, 山崎努
  • 監督: 行定勲
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映
  • 発売日 2002/07/21
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 94件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000063XEM
  • JAN: 4988101096565
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 8,561位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   “クルパー”こと在日韓国人の高校3年生・杉原(窪塚洋介)は、将来の夢もなく、喧嘩に明け暮れる毎日。そんなある日、彼は不思議な魅力をもった少女・桜井(柴咲コウ)と出会い、つきあうことになるが、ついに自分が在日であることを彼女に告白すると…。
   金城一紀の第123回直木賞受賞小説を原作に、新鋭・行定勲監督がポップ感覚に満ちた演出で描き上げた、切なくも痛快な青春映画の傑作。従来の在日問題を扱った映画から幾歩も前進した、まさに歴史の未来に新しい風を吹き込むかのような前向きでエネルギッシュなさわやかさが全編に満ちあふれている。
   主人公と両親(山崎努&大竹しのぶ)との、時に殴り合いも辞さないヴァイタリティあふれる大らかな交流と家族愛も、また魅力的。キネマ旬報ベスト・テンなど、21世紀初の国内映画賞の各部門は、ほとんど本作が独占した。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

金城一紀原作の小説を行定勲監督が映画化した、コリアン・ジャパニーズの少年の成長を描いた傑作青春映画。主演は窪塚洋介。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
ちょっと古い映画ですが、久しぶりに観て観たくなり発注しました。
柴咲コウが、若くて可愛いですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 yotty 投稿日 2004/4/19
形式: DVD Amazonで購入
たまたま深夜番組で"GO!"を見かけました。杉原(窪塚)が初めて桜井(柴崎)の家を訪れた所から、国籍を告白するまでの短い時間でしたが(朝方近く、つい寝てしまいました)。
その後「何の映画だったんだろう」とずっと気になり、映画のタイトルが解らずなかなか入手出来ませんでしたが、ようやく今日見ました。出演者の全てがいい。特に窪塚は、ワイドショーの印象がイヤでしたが、これは感嘆しました。素晴らしい役者です。
普通は重苦しくなってしまうテーマが、全く後味悪くなく最後まで爽快。かといって問題意識を持たずに見られるかといえば、その根深さについては十分考えさせられる。正義を語りつつもどこか異端視している自分の偽善性を見透かされたような気にもなりました。
ラストは、ストーリー的にはホッとしますが「そんなにうまくいくのかい」…。でも杉原君の力がなせるワザと考えます。とにかく見て良かった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
この作品で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を若干21歳で受賞(2017年現在、未だに史上最年少記録)した窪塚洋介。
現在30歳前後ぐらいで、窪塚洋介に影響を受けなかった男子はいないんじゃないかと思うぐらい当時はカリスマ的な人気でした。

その窪塚がキャリアの絶頂期に撮影、公開されたこの映画は、
原作者金城一紀氏の小説作品郡とともに当時の高校生たちのバイブルとして位置づけられている作品です。
窪塚演じる杉原は在日コリアンで、ある日本人の女の子に恋をする、というというシンプルなラブストーリーながら、
原作のユーモアセンスとクドカンのテンポの良い脚本で、重いテーマ性と青春の爽快感を見事なバランスで
描ききった傑作となっています。

窪塚洋介が、単純に「演技が上手いか?」と言われれば、個人的にはちょっと違う気がしています。
彼の演技は「上手い」とか「下手」とかじゃなく、ただただ「魅力的」だったのです。
所作、喋り方、言葉遣い、髪型、ファッション、全てがカッコ良かった。
当時の窪塚洋介は「演技の上手さ」という次元では片付けられない、
人を惹き付けるオーラが凄まじかったのです。

この映画から左翼思想のミスリードを感じ取る方もいらっしゃるかと思い
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
「これは、僕の恋愛に関する物語だ。」

観始めてすぐから話に引き込まれていきました。
在日韓国人の杉原は中学までを民族学校で過ごし、高校からはふつうの日本の学校に進学します。

でも高校の人からは「在日」と差別、イジメられ民族学校時代の友人からは裏切り者扱い。

そんな中、高校で喧嘩の後に友達になった加藤からパーティーに誘われ、桜井という女の子に出会います。

付き合うようになった二人だけど杉原は自分が在日韓国人であることを言えずにいた。
そして自分がそうであると言えたとき、桜井から帰って来た反応は嫌悪と拒否反応だった…。

半年後、桜井から会いたいと電話があり再び会うことに。
桜井に思いのたけをぶちまけるこのシーンが本当に好きだ。

「どうしてなんの疑問もなく俺のこと在日って呼べるんだよ!
在日って呼ぶことはな、俺がいつかこの国から消えるよそ者だって言ってるような者なんだよ!」

「おまえら俺が怖いんだろ!名前つけなきゃ不安でしょうがねぇんだろ!」

と怒鳴るシーンに初めて在日朝鮮韓国人の人の気持ちがわかった気がしました。

ここで言いたいことは、ここに出てくる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 案山子 トップ500レビュアー 投稿日 2017/7/28
形式: DVD
 結局男は女に、“気まぐれで暖かい”足枷をかけられる。

 警官やタクシーの運ちゃんとのエピソードは気持ちが暖かくなります。差別と本質的に無関係な精神は、多分こうした人たちの中に在るのかもしれません。
 そういえば自分も若い頃は、いつもなにかに怒りを感じながら生きていた気がします。テーマは重い部分もありますが、前向きで元気にもしてくれます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。アイホン6

関連商品を探す