通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GIANT KILLING(9) (モーニング K... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GIANT KILLING(9) (モーニング KC) コミックス – 2009/1/23

5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GIANT KILLING(9) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(8) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(10) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

戦術を超える選手こそ、監督の喜びだ!! 追い上げるETUの勢いが、ダルファーの信念を揺るがせる! 達海の見据える“先”に向けて、ETUが走り出す!! 試合後は、椿くんのド田舎すぎる故郷が舞台ですよ。

著者について

ツジトモ
1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』でモーニング誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。
綱本 将也
1973年東京生まれ。『U-31』でモーニング誌デビュー。ほかの原作に『GOAL-DEN-AGE』等。


登録情報

  • コミック: 221ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063727696
  • ISBN-13: 978-4063727692
  • 発売日: 2009/1/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
達海の緻密な戦術が開花する大阪ガンナーズ完結編です。
悩み苦しみながらもチームが軌道に乗ってきた感がありますね。

マンU7番伝説のように、ETU7番の系譜の今後に期待が出来ます!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ジャイアントキリングの九巻目です。
遂に大阪ガンナーズ戦が終わります。
作戦がここで明らかになります。
そして、椿の過去の話が出てきます。
次の巻も期待!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
劇的な結果で幕を閉じたガンナーズ戦、椿君のルーツもダイジェスト的ではありましたがそれなりに理解し、面白い9巻だったと思います。
9巻の最後、相手チーム監督の言葉が10巻以降の課題ともとれる発言ですね。
必ずしも常にベストメンバーで闘える訳ではない、久しぶりにスタメンに出た選手に対してもどかしさを感じることもあるでしょう。
でも達海監督ならではの先見の眼で状況を打破し、ピンチをチャンスに替え、人々を魅了するゲームメイクを10巻以降も期待します。
GIANTKILLINGはガンナーズ戦で一旦一息つき、今後は赤崎の五輪代表入りや椿のトップリーグからの誘いの経路などその他もろもろ面白く書けるか書けないかの分岐点に差し掛かっていると思いますので、いよいよ作者の本領発揮を見たい所です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
白熱のETU対大阪ガンナーズ戦が遂に決着。
「ボールってのはしぶとく諦めない奴の前に必ず転がってくるもんなんだよ」
「チームのボールか? お前のボールか?」
「たまにいるんだ。エゴイストになれるFWってのが」
「このチームに足りない最後の粘り強さ…それを変えてくれるって期待」

テクニックのあるFWばかりが注目されがちですが、
この一戦を通じFWとは何なのか考えさせられます。

勿論、ストーリーだけでなく絵の方も相変わらずのクオリティーで
グイグイ引き込まれてしまいます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前の巻から、世良がもがき悩んでいる様子を描いていて
それがなぜだろう?と思っていたのですが
この巻で達海監督が評価をしているところを読み、
感動して泣いてしまいました。

なぜなら、自分も才能がないと悩んでいたときに
この世良のエピソードを読んだとき、
自分を信じて良いんだな、自分を信じないといけないんだな
と思わせてくれて、この9巻は特別な本に変わりました。

1巻から読んで欲しいですが、9巻は自分に自信を
無くしたときに読むと勇気づけられるため、オススメします!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 「この漫画がすごい」をみて大人買いしました。同時に宇宙兄弟や聖おにいさんも購入した中で、一番期待してなかったのですが、それがそれが!!

 はじめの一歩など、シリアスな中にもギャグが光るものが好きですが、これは読んでて本当に鳥肌がたつほどに、ゾクゾクとした感動があります。 展開も遅くなく、早くなく、とてもちょうど良いキレのある作品だと思います。

 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告