通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GIANT KILLING(7) (モーニング K... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GIANT KILLING(7) (モーニング KC) コミックス – 2008/10/23

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GIANT KILLING(7) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(8) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(6) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

ダルファー監督の目指す美しいフットボールで、今季負けなし大阪ガンナーズ。4人が狙う! 4人が打つ!! 華麗で勇敢な4トップで、勝ちに見放されたETUを圧倒だ!?

著者について

ツジトモ
1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』でモーニング誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。
綱本 将也
1973年東京生まれ。『U-31』でモーニング誌デビュー。ほかの原作に『GOAL-DEN-AGE』等。


登録情報

  • コミック: 206ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063727408
  • ISBN-13: 978-4063727401
  • 発売日: 2008/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この巻ではダルファー監督率いる大阪ガンナーズとの試合の前半が描かれています。

やっぱこの漫画は最高ですね。とにかく試合シーンがアツいです。大阪の選手も個性的ですごく楽しめます。

サッカー好きな人は勿論。そうでない人も楽しめる漫画なんで是非読んでみることオススメします。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 猫だるま VINE メンバー 投稿日 2008/10/23
形式: コミック
こういうタイプのサッカーマンガって少なかったと思う。
こういうタイプとはつまり、「リアルに感じる。」ってこと。
サッカー戦術についてはあまり詳しくありませんが、野球の野村監督でいう弱者の戦い方(ゲリラ戦)を展開して強豪チームを苦しめます。
実際あってもおかしくなさそうなエピソードは、決して完璧ではないチームの選手たちが悩み苦しみながら成長していく過程を描くことで、こころに迫ってきます。

絵柄も読みやすく、五つ星です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
サッカー漫画にはホント縁遠かった人間だったのですが、ジャイキリだけは違います。
そして、私は単行本派なので大阪ガンナーズ戦の行方もとても楽しみにしています。
7巻は対ガンナーズ戦の序章に過ぎませんが、相手チームに窪田という才能ある選手が登場します。しかも7番だし・・・
でもETUにもいざとなったら頼れる7番椿がいます。
ガンナーズ戦では椿の活躍は観られるのか今の所分かりませんが、きっと勝ってくれるでしょう。最近ETUと言うチームが現実にあるかのように応援している自分が少し微笑ましくも滑稽にも思えてきてます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告