通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GIANT KILLING(5) (モーニング K... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

GIANT KILLING(5) (モーニング KC) コミックス – 2008/4/23

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GIANT KILLING(5) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(3) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

ETU・新旧監督のスタイルが激突!!チームもプレイヤーも、今はまだ結果が出ない。信じ続けるのが監督だ!!不調のETUに襲いかかるブラジル人トリオ! ゼウベルトが切り裂く。カルロスが上がる。ぺぺが食べる!! 防戦一方の中、達海は何を仕掛ける!?

著者について

ツジトモ
1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』でモーニング誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。
綱本 将也
1973年東京生まれ。『U-31』でモーニング誌デビュー。ほかの原作に『GOAL-DEN-AGE』等。


登録情報

  • コミック: 202ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063726827
  • ISBN-13: 978-4063726824
  • 発売日: 2008/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
実はモーニング誌でこの名古屋戦から読み出したのだが、途中からだったので誰が主人公でどのチームの話かも分からなかった。それでも面白い。名古屋の日本人FWを主人公と思って読んでいたのだが十分楽しめる。実にリアルだ。1巻から読み直すと面白さが倍増した。
代表だけがサッカーじゃない!!
必殺シュートがサッカー漫画じゃない!!
等身大、サポーター目線のサッカーがここにある。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
知り合いに勧められて読んでみましたが、面白いです。
著者及び作者ともに、サッカーが好きなんだろうなぁ、
というのがひしひしと伝わってきます。

サッカー漫画にありがちな、現実的にはありえない曲芸
テクニックや、スポーツ漫画にありがちなしらける
お涙頂戴シーンがなく、極めて現実的、リアルな視点で
クラブ、ファン、フロント、そしてサッカーそのものを
描いているところが好感度が高く、そして登場人物たちが、
現状を打破しよう、自分から変わっていこう、前を向いて
進んでいこう、という姿勢が、読んでいて気持ちいいです。

サッカーが好きな人はぜひ読んでほしい、スポーツが好きな
方も読んでもらいたい、おすすめです!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
監督が主役なサッカー漫画ですが、それだけではなく
自選手・ライバル・チームを愛する人々各々がほんといい味出してます
サッカーの面白さ、爽快感、物語の伏線に待つ感動に抜けがない・・・

これはサッカーに興味がない人にも伝わるんじゃないでしょうか?

やはり読んどかないと・・・
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
講談社から発売されている、Jリーグを舞台にした作品です。
低迷するチームに招かれた新監督によって変わっていくチームが、作者のあり余る熱意をもって描かれています。
本巻では、開幕から連敗を続けるチームと、強豪チームである名古屋との激闘が描かれます。個と個の対決でもあり、組織と組織との対決でもあるサッカーを、試合を熱くそして巧みに描ききった本巻は、全てのサッカー好きにお薦めすることができます。皆さまも、ぜひこの作品を手にとってみてください。

また、サッカーをプレイしたことのある人なら、きっと本巻の椿選手の感覚に大きく頷くことができるはずだと思います。試合に集中することによって入っていくことができるあの感覚。別に覚醒するわけじゃない、だから次の試合では訪れないかもしれない、けれどプレイヤーの心を捕らえて離さないあの感覚を、この作品は見事に書いています。3巻で村越選手も感じていたであろうあの感覚を見事に描くこの作品が、わたしは大好きです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
第4巻でイントロが描かれた続きの因縁の名古屋決戦。そして達海の日本における最初の
ジャイアントキリングが描かれる今巻は、全編を通して試合そのものが描かれている。

達海の試合の読み方、ETU選手達の対応、対する名古屋のブラジル人トリオを中心とした
果敢な攻めが臨場感を持って迫ってくる。特にETUを二部に落とした名古屋監督への
各選手・フロント・サポーターの対抗心がストーリーの底部に流れる中、試合は進む。

特にカルロスが上がった瞬間の達海の表情は、鳥肌が立つ程で、勝負師として、監督として
試合の流れが変わった瞬間を読み取り、選手を鼓舞するように立ち上がるその様は非常に
迫力があった。

この後のETUの成長が楽しみである♪。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告