通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GIANT KILLING(40) (モーニング ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GIANT KILLING(40) (モーニング KC) コミックス – 2016/5/23

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 220
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GIANT KILLING(40) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(41) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(42) (モーニング KC)
総額: ¥1,821
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今季のリーグ戦も残り8節! タイトルも射程範囲のETUに、新たなA代表選出のニュース!! 浮かれるクラブの中で一人、指揮官は浮かない表情…。チームが勢いづいている時こそ、落とし穴に気をつけろ!? そして迎える甲府戦。かつての仲間・石浜との対決がついに訪れる――!


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406388595X
  • ISBN-13: 978-4063885958
  • 発売日: 2016/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 至誠 投稿日 2016/5/27
形式: コミック Amazonで購入
弱小であったETUが達海の導きもあり苦労しながらも進化続けてきたわけですが、
代表に選ばれる椿や赤崎、夏木などが出てくることで進化も目に見えた形となります。

しかしながら、上昇中のETUも選手たちの心持ちの問題もあり、
格下といえる甲府に苦戦してしまう展開に・・・

微妙な描写が巧みに書かれていており色々な選手が光るのがいい味出していますね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
そろそろ終わりを迎えてほしいです。何をどう言い訳しても、間延び、惰性を感じずにはいられない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
椿のA代表での大活躍を描いた39巻を経て、物語は再びタイトル獲得を目指すETUに。

まさかのあの選手も代表に選出されてお祭りムードのクラブ。
でも、そこに微妙な暗雲も立ちこめ、そのなかでSB清川の親友だった石浜が所属する甲府との戦いに臨む。

追われる立場となってきたクラブの変化や、それによって生じる若干の甘えやおごり。
それが見えている人、見えてない人。
この作者は、本当に組織の機微を描くのがうまい。
わかりやすい勧善懲悪的な価値観でしか描けない企業小説を完全に越えている。

愛すべきキャラクター達を、その自在な表現力で描きながら、表現力のある作者が陥りがちな
「1試合描くのに半年かかりました」
「サブキャラ増やしすぎて、収拾つきません」という事は全くない。
まさにピッチを俯瞰する冷静さで、大きな物語を過不足無いスピードで進めていく。

物語は持田の復活→東京ダービーへと向かっていく。
五輪代表の戦いや、A代表の戦いも絡まってくるだろう。
おそらくは、クライマックスは天宮杯の大阪との対決なのか?どうなのか?

同日発売の「オールラウンダー廻」が最短距離で完結してしまった今、
できるかぎり長く、この1シーズンの物語(!)を楽しんでいたいと思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yass VINE メンバー 投稿日 2016/5/24
形式: コミック
ようやくリーグ戦の終盤へ。
プロの試合の面白さはリーグ戦での駆け引きが必要。
その点ではこれからの展開がとても楽しみです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告