通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GIANT KILLING(11) (モーニング ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GIANT KILLING(11) (モーニング KC) コミックス – 2009/7/23

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GIANT KILLING(11) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(12) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(13) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

雨の激闘、川崎戦。押し込まれながらも粘るETU。 “クラブ”をよく知るベテラン陣が、底力を発揮する! ドッシリと動かない達海の信頼に、選手が応える番だ!!

著者について

ツジトモ
1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』でモーニング誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。
綱本 将也
1973年東京生まれ。『U-31』でモーニング誌デビュー。ほかの原作に『GOAL-DEN-AGE』等。


登録情報

  • コミック: 207ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063728188
  • ISBN-13: 978-4063728187
  • 発売日: 2009/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
椿や赤崎を中心に、若手主体で伸びてきたETU。

でも長いシーズンケガ、累積警告、代表選抜…様々な要素で選手達が抜けていく。

そんな時に1巻でおいていかれたベテランがサポートしていく様子が、今巻描かれている。

貧乏で補強もままならないETUが層を厚くしレベルアップしていくためには、スタメン
やベンチ入りしている選手以外も含めて、全てが成長して初めて達成される領域でもある。
他方で、チームとしてのコンセプトの徹底、スタメン以外の選手のモチベーション維持
は実際の現場に置いて、なかなか達成できないのが現実。

但し、ETUは若手がレベルアップし、ジャイアントキリングを見せつけていく中で、
スタメン以外のベテラン達にも変化を実感させ、そしてそれに付いていこうとするどん欲さ
を引き出している。

また、負け試合をも糧とする達海のチーム育成方法は、どこぞのJリーグの監督にもぜひ
見習わせたいモノである。

次節はいよいよ東京ダービー。また盛り上がる展開が期待される。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぐら 投稿日 2009/7/31
形式: コミック
若手,ベテラン,移籍選手,GK,ベンチ・・・

川崎戦でのそれぞれの心理描写,本当に素晴らしかった.

頑張れ堀田!!

それにしても,「漫画らしいディフォルメ」と「サッカーの魅力」がここまで巧妙にバランスされた作品はこれまで無かったと思います.

サッカーに興味がない人にもお薦めしたいです.
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
チームに大切なのは、優秀な選手をかき集めることではない。
ドリームチームを作っても、監督(プロジェクトマネージャー)が無能ならば失敗するし
フロント(経営陣)が無能ならば、強くすることは難しい。

この漫画のベースは、経営論、組織論に通じるものがある。
そうしたベースに試合の躍動感がミックスされ
魅力的な癖のある登場人物が、試合中、様々な駆け引きを繰り広げる。

主人公側だけではない、相手チームにも、様々な考えがあり、思惑がある。
それをきちんと描ききっているのは見事である。

今まで、フロントも含め、サポーターも含め、組織全体を描いたスポーツマンガがどれほどあっただろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
スポーツはモチベーションでパフォーマンスが左右するもの。
だから、いかにして選手たちのモチベーションを高めさせるか、それが監督の大きな仕事である。
東京Vとの試合前、選手たちに話しかける達海。その言葉を聞いて気分の上がらない者などいない。

達海は最高のモチベーターであるとこがわかる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告