通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GIANT KILLING(1) (モーニング K... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GIANT KILLING(1) (モーニング KC) コミックス – 2007/4/23

5つ星のうち 4.8 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GIANT KILLING(1) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(2) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(3) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第34回(2010年) 講談社漫画賞受賞

内容紹介

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!達海猛、35歳。イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 206ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063725936
  • ISBN-13: 978-4063725933
  • 発売日: 2007/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)!! 東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる! 『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
金字塔です。
前世では、サッカーアニメはキャプテン翼でしたが、今はジャイキリこと、ジャイアントキリングでしょうね。
これは揺るぎもない事実です。と前置きはここまでで、その第1巻、読んだら良いじゃんってなるわけですね!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
必殺技ではなく、戦術でサッカーをする、頭脳プレー漫画で読んでいてワクワクします(飽きません)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今まで読んできたサッカーマンガとは違うところ、それは私がこの作品を読んで初めてサッカー観戦をしたいと思ったことだ。
というのも今まで読んだサッカーマンガではわからなかった「サッカーの楽しみ方」を
この作品で教えられたような気がするからだ。
正直今までサッカーには全く興味がなく、テレビ観戦さえほとんどしたことがなかったが、
今年は地元チームの試合を是非とも観に行こうと思った。
そういう気持ちが湧くのはやはり、今まで読んできたサッカーマンガはあくまで
選手にばかり主点が置かれ、その選手以外の人とかその人の働き・効果とかはほとんど
描写されていなかったと思うが、このマンガはそうではない。主人公である監督しかり、経営陣しかり、サポーターしかり、
子供しかり、いろんな人の思いが同時進行しながら進んでいっている。
もちろん、サッカーの描写も非常に魅せられる。視覚効果がうまい。読んでいて気持ちが沸きあがる。
個人的に特に椿くんに惹かれてます。頑張れ椿くん!
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
初回からイングランドFAカップのシーンからスタートの

この話。

昔、弱小チームを天皇杯準決勝まで導いた伝説の男・達海が、

海外移籍⇒海外チーム(と言ってもイングランド5部)⇒古巣の監督へと

帰ってくる所から話はスタート。

J2落ちを経験し、J1でも常に残留争いをするような弱小チームに

新たな息吹と戦術を運ぼうとしている。この巻は達海が帰って来るまでが

主だが、本当の活躍はこれから。

 非常に面白いストーリーであり、なんとか息長く続いて欲しい作品だ。

今後に期待!。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
監督が主人公という、スポーツ漫画ながら掲載誌に似合った、
大人の主人公による大人の読者ための作品。
と同時に、「弱小だったチームがある人物の加入をきっかけに変わりのし上がって行く」
という少年漫画の王道です。
主人公のタツミ監督はヒーローの魅力に溢れていて、読んでいて
「この人なら何とかできるんじゃないか」という期待を抱かせてくれます。
僕たちがスポーツを見るのは、この「ワクワク」を味わいたいからではないでしょうか。
実際の日本のサッカーにもこんな人物が現れてくれたらなと思わせてくれます。

タツミ監督の手腕が、普段ぼーっとしてるように見えながら
要所要所で打つ手になかなか説得力があって気持ちいい。
絵もスタイリッシュな魅力があってとても良いです。
長く読みたい。今後が楽しみです。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公の達海猛は元プロサッカー選手で怪我によって若くして引退。
その後引退の地イングランドにて、5部リーグの監督として新たなキャリアをスタートする。
FAカップ(日本でいうとこの天皇杯)で1部のチームを戦術と作戦で撃破するという偉業を達成し、日本時代に選手として在籍したチーム、ETUの監督オファーを受ける。
選手層や財政、施設劣るETUで強いチームを破っていく(ジャイアントキリング)していくストーカー

時代背景は日韓ワールドカップ前でしょうか。ボールやチームカラー(戦術的な意味で)から推測。
Jリーグファンなら「ニヤリ」とする選手や監督が出てきて「あの選手あの監督が下敷き」を探す楽しみもあります。

1〜12巻までは、文字道理強いチームを達海のアイデアやスカウティングによって撃破していきます。
しかし、テーマに限界があったのか13巻〜はクラブを取り巻く事情や椿大介を軸にした話にシフトしていきます。
椿大介はキャラクターとしても魅力的で無名の選手がその才能を開花しU-代表からA代表へと進んで行く話自体は悪くないのですが、初期の「ジャイアントキリング」が好きだったものとしては「それはそれこれはこれ」という感じです。
なので、初期の「ジャイアントキリング」が見れる12巻までを「ジャイアントキリング」としてオススメします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー