通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GIANT KILLING 4 (4) (モーニン... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC) (モーニング KC) コミックス – 2008/1/23

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(5) (モーニング KC)
  • +
  • GIANT KILLING(3) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

達海新体制まさかの5連敗! 本当に怖いのは、負けることじゃない!いい監督は負け方を知っている!!連敗街道に、選手はグッタリ。サポーターはイライラ。それでも達海の目は、前だけを見て光を失わない!!

著者について

ツジトモ
1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』でモーニング誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。
綱本 将也
1973年東京生まれ。『U-31』でモーニング誌デビュー。ほかの原作に『GOAL-DEN-AGE』等。


登録情報

  • コミック: 213ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063726606
  • ISBN-13: 978-4063726602
  • 発売日: 2008/1/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ETUの改革が進む課程の中で、一度は経験することになる試練の時が描かれている本巻。
前巻で描かれたプレシーズンマッチで昨年優勝チームに引き分けた余勢を駆ったてシーズンに
突入したものの連敗に次ぐ連敗・・・。

フロントの動揺、ファンの怒り、そしてチーム不和・・・弱いチームが常に抱える危機の中に
ETUは叩き込まれている。そんな中でも飄々とそして粛々とチーム改革を進める達海の仕掛け
がいつ起動するのか、そして監督はその過程をどのように見ているのかがみれて非常に楽しい。

本巻でもっとも気になった言葉は「俺、解任まであと何連敗できる?」の一言。目先の一勝
だけではなく、長い視点でチームを強化しようとする達海のこれからに目が離せません!。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「人が動く」それがサッカーであることが痛感させられる。
最近はゲームばかりになってしまって実際に体を動かせていないが、
改めてサッカーの面白さを感じることができた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
名古屋を倒す秘策
それが、次第に明かされる

藤澤桂が書いた記事
 達海監督の顔がイキイキしている

その記事を読んだ久堂カメラマン
 試合の流れはどっちかを知らないとゴールの写真は撮れない

このマンガは1コマ1コマに布石あるので
眼がはなせない
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告