GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,500
通常配送無料 詳細
発売元: グローバルヴィレッジ
カートに入れる
¥ 8,500
通常配送無料 詳細
発売元: truei
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 167件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 10,290
価格: ¥ 8,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,790 (17%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ドットコム家電&ホビーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 8,500より 中古品の出品:4¥ 2,613より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]
  • +
  • イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
  • +
  • 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society [Blu-ray]
総額: ¥18,486
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 田中敦子.大塚明夫.山寺宏一.仲野 裕.大木民夫, 押井守, 士郎正宗
  • 監督: 押井 守
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen, Import
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/08/24
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 167件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000OPP8KI
  • JAN: 4934569350053
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 28,435位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

毎回封入特典 特製ブックレット

他、仕様 次世代ディスクとDVDをそれぞれトールサイズケースでボックスに収納した豪華仕様!!

他、仕様
音声は日本語音声:リニアPCM(ドルビーサラウンド)と英語音声:ドルビーデジタル(ドルビーサラウンド)を収録。

音声は日本語音声と英語音声を収録。

超高度ネットワーク社会の中で、より高度・凶悪化していく犯罪に対抗するために政府は、隊長・草薙素子少佐を始めとする精鋭サイボーグによる非公認の超法規特殊部隊を結成。公安9課「攻殻機動隊」の誕生である。
ある日某国情報筋から攻殻機動隊に警告が発せられる。EC圏を中心に出没し、株価操作・情報操作・政治工作・テロなどで国際手配中の”通称:人形使い”が日本に現れるという。素子は犯罪の中に見え隠れする”人形使い”の影を追う。

Amazonレビュー

   ネットが世界を覆い、人間の可能性は大きく広がった近未来。 草薙素子は公安9課に所属するサイボーグ。ある時、公安9課に1人のサイボーグが拘束された。しかし外事6課が強引にも彼を連れ去ってしまう。激しい攻防の末、彼を取り返した素子は、彼から思いもかけない申し出を受け…。
   士郎正宗原作の人気マンガを、『うる星やつら2』や『パトレイバー(theMovie)』などを手がけた押井守監督が映画化。美しい背景、空間の質感まで丁寧に描写し、奥行きを出してアニメの弱点をかなりの点で克服したCGは、押井監督のアニメーション技術の集大成ともいえる。世界各国で上映され、ビデオリリース時にはアメリカのビルボードでビデオ・セールス第1位を記録した。今日のアニメを語るうえで欠かすことのできない作品である。(ビーンズおがわ)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
「科学はヒトに何をもたらすのか」。これが本作品の最重要テーマであろう。超高度な技術が発達し、全身義体化(サイボーグ化)も珍しくない近未来、情報技術の革新は、人類を新たな段階に投げ込んだ。ボディも義体に交換可能、そして記憶さえ、外部記憶装置に「情報」として保存可能、複製まで自由になった時、ヒト(生命)と機械(モノ)を別けるものとは、一体何なのか。そして自分を証明するものとは?科学の高度な発達の末、<かけがえのない自己>、アイデンティティを失った人間、その一人として、ヒロイン・草薙素子は苦悩する。

「それが可能であればどんな技術でも実現せずにはいられない、人間の本能みたいなものよ」

そして、そうした事態を予見できなかった、しようともしなかった人類を嘲笑う<人形使い>。

「コンピューターの普及が記憶の外部化を可能にした時、あなたたちはその意味をもっと真剣に考えるべきだった」

しかし、この作品はこうした問題に関して、早急な倫理的判断を下しているわけではない。素子は言う。

「(前略)自分が自分であるためには、驚くほど多くのものが必要なのよ。(中略)それらすべてが“私”の一部であり、“私”という意識そのものを生み出し・・・そして同時に、“私”をある限界に制約し続ける―」
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
1995年公開 押井守監督の近未来SFアニメです。
作品の内容は↑にあるので言わずもがな…
当初の興行は振るわなかったものの、当時もっともネット社会化していたアメリカでは
異例の大ヒットを記録。全米ビルボードチャートで100万枚の超セールスを叩き出し
世界中の映像クリエイターに影響をもたらしたといっても過言ではない作品。だそうです。
映画「マトリックス」がこの作品から多大な影響を受けているというのは有名な話。

隙のない構築された演出や、SFモノに敢えて民謡調の音楽を採用したセンスには脱帽。
アナログ作画ならではの超ハイクオリティーな作画や、現実的なメカデザインなども、
この作品により一層リアリティーを与えていると思います。

物語の根幹に、「自分とは何か」といった哲学的な要素を多分に含みます。
ハリウッド的ド派手ガンアクション!みたいなのを期待すると見事に裏切られるので注意。

現代になって、ようやく時代が追い付いてきたようにすら感じる作品です。
今まで様々な映像を見てきましたが、素人目でも間違いなく見て損はないと言えます。

アニメだから、と敬遠すると損しますよ
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画を見て、何かもの悲しい気分になるのは何故でしょうか?
自分という人間の存在そのものを疑い、常に自分自身に問いかける。
どんな危険な場所にも顔色1つ変えずに飛び込んでいく。
押井守監督は、どんな人間像を見てきたのでしょうか?
最後はああいう感じでしたが、個人的にはもっと素子自身の救い
みたいなものを語って欲しかった。

バトーが唯一の心の拠り所のような感じもしましたが、
素子自身の安らぎのある所をどこかに見つけて欲しかった
気もします。映画としては最後の盛り上がりがすかした感じでしたが、
その他の点では文句の無い出来でした。
攻殻機動隊、シリーズ化されていますが、そちらの素子はまだ
このような危うさが薄れているような気がして、少しホッとして
見ることができています。(それでもはらはらしますが)
このシリーズはお気に入りのシリーズです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
『GHOST IN THE SHELL』―アーサー・ケストラーの『機械の中の幽霊』を彷彿させるタイトルである。作品のテーマはやはり「真実と虚構」。ネットが世界を覆い、人体のサイボーグ(義体)化もありふれる近未来。ヒロイン・素子は自分が自分であることを証明する確かな<真実>を見出すことができず懊悩していた。そんな時起こる不可解な事件。事件の黒幕である、外務省の秘密プロジェクトの予期しない結果としてネットの海に誕生した、<ゴースト>を宿したプログラム<人形使い>は自らを「生命体」だと宣言し、より完全な生命体となるために行動を開始する。全身サイボーグ化も珍しくない世界で、人間と機械を別けるものとは一体何なのか、生命体と非生命体の境界は何なのか―<人形使い>の存在はわれわれにそう問い続ける。
別にこの種のテーマは決して珍しいものではないし、この作品の魅力の全てでもない。本作の魅力はこの哲学的テーマとディテールにまで凝りに凝った映像美・アンニュイかつ詩的でどこか儚さを感じさせる表現美が一体となって織り出す怪しいまでの作品世界の美しさである。雅楽的旋律を背景に大和言葉で綴られる主題歌も、近未来世界との良い意味でのギャップを形成し、はまっている。
この作品が万人向けではないことは事実である。しかし、好きな人には堪らない作品だろう。
『イノセンス』を観る前に必ず観ておくことをお勧める。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す