中古品:
¥ 6,480
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 三沢商店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご覧戴き誠にありがとうございます。希少品のためプレミア価格となっておりますがご了承下さい。中古品の範囲でございますが全体的に状態は良好です。商品の保管・梱包・発送等はアマゾンの配送センターが行いますので最速でお手元に届きます。お急ぎ便も利用可能です。お支払いには代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング・ Edy払い等利用できます。この機会にぜひ御利用ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

GHOST IN THE SHELL~攻殻機動隊~ [DVD]

5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 5,597より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 玄田哲章, 川井憲次, 大木民夫, 黄瀬和哉, 押井守
  • 監督: 田中敦子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 講談社
  • 発売日 1999/08/25
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005EDM8
  • JAN: 4934569602466
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,176位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ネットが世界を覆い、人間の可能性は大きく広がった近未来。 草薙素子は公安9課に所属するサイボーグ。ある時、公安9課に1人のサイボーグが拘束された。しかし外事6課が強引にも彼を連れ去ってしまう。激しい攻防の末、彼を取り返した素子は、彼から思いもかけない申し出を受け…。
   士郎正宗原作の人気マンガを、『うる星やつら2』や『パトレイバー(theMovie)』などを手がけた押井守監督が映画化。美しい背景、空間の質感まで丁寧に描写し、奥行きを出してアニメの弱点をかなりの点で克服したCGは、押井監督のアニメーション技術の集大成ともいえる。世界各国で上映され、ビデオリリース時にはアメリカのビルボードでビデオ・セールス第1位を記録した。今日のアニメを語るうえで欠かすことのできない作品である。(ビーンズおがわ)

内容(「Oricon」データベースより)

CGを駆使し迫力の映像世界で贈る押井守監督のサイバーアクションアニメ。声の出演には田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
かなり以前に『イノセンス』を見た記憶があり、今回その原点である本作品をじっくり鑑賞してみたいと思い購入しました。
とても18年近く前の作品とは思えませんでした。
これを鑑賞した後に、士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を購入してしまいました。押井守監督がどのようにシナリオ化し、動画化したかに興味があったためです。製作されてかなりの時間が経っていますが、錆びないです。
一つ疑問な点は、全身義体で電脳化されていても、生身の脳と脳幹が残っているのであれば、如何にチタン製の脳核の中にそれらが収められて板としても、高所ダイブの着地時の衝撃は受けてしまい、生体組織(即ち脳組織)の破壊につながるのではないかという点です。
全体的に非常によくできた作品と思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
知り合いに貸したらなくなって帰ってきたのでしょうがなく買いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
すとーりーや映像はとても好き。あと音楽も。素子の声がちょっとあってないかな?とも思うけど、
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今更、「攻殻機動隊」というのもというのもありますが、なにしろ僕は攻殻機動隊の原作漫画を観た(読んだ?)こともなかったですし、この映画を観ることなく、この作品を引き継ぐ作品である「イノセンス」を観て、それほど違和感や疑問なく見終えることが出来ました。ただ、「イノセンス」のバトーが最初に登場するこの「攻殻機動隊」を観ないといけないなあとも思っていました。でも、「イノセンス」自体自体も、それほどの感動を得たものではなかったので、「攻殻機動隊」はついぞ観る機会がありませんでした。
 ところが、最近になって今敏監督の「パプリカ」を観る機会(昔、映画館で観た記憶がよみがえって、再び見たくなったのです)があって、そういえば、「イノセンス」の前ってどうなんだろうって思い、この「攻殻機動隊」を観たいとおもいDVDを購入しました。
 なるほど、「攻殻機動隊」にもバトーがいました。少佐がいました。「イノセンス」のバトーはここから来たんですね。
 それにしても、この「攻殻機動隊」はストーリーが簡単に読めてしまう点で刺激が少ないものでした。また、映像でも、当然のように「イノセンス」に比べて(技術的な進歩を考えれば先行作品が単純に、映像技術としては劣るのは当たり前なのですが、それにしても)今ひとつ洗練味が足りませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
サイバーパンクというのだったか、こういう作風を。
押井守が監督すると、思わせぶりで重たくなりすぎる。よくよく考えると、原作をなぞっているに過ぎないのだが。
ページをめくらずに見られる分、楽だともいえるが、原作のコミカルな雰囲気は望めない。嫌いではないが。
レビュアーが多いので、内容は任せて、思うところを書き残しておこう。

コンピュータシステムは、命令通りの演算をする装置である。
入力装置、出力装置、中央演算部など足し算を中心に四則演算を行うわけだが、これら装置をハードという。
ソフトは命令のことであり、入力装置を通して演算部に送られる。
語られないのはファームウェアである。電源入力時に演算可能な状態を作り出し入力の刺激を入力であると認識し、
演算する順番を整理する約束であり、ふつう、ハードの一部である不揮発性メモリーに書き込まれている。

ソフト、ハードの話を知っている人は多いが、ファームの存在を理解していない人が多い。
本作にいうゴーストとは人間の人間たる理由であり根幹である。これを除いてしまうと単なる有機物になってしまう。
手足をもいで人口内臓、人口脳に入れ替え、記憶を載せ替えると、それはやはり人というものなのか?という問いかけである。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
近い未来、実際これに近いような事が起こるだろうなと思う。
2004年現在、すでに“電脳”に近いものは出来始めている。
筋肉の電気インパルスを受け取って作動する義手、全盲の人の脳に直接電気信号を送る事で視力を再生する義眼。
現在の技術ですでに出来始めているこれらの装置は、まさしく“義体”と言えるようなものだと思う。
こうなってくると人間の殆ど全ての部分を義体にしてしまう事が可能になってくるわけで、そうなってしまったのが“少佐”だ。
じゃあ義体だけを使って人間を造れるか? いや、それはやっぱり不可能であって、人間が人間たるための条件として“GHOST”という要素が必要なんだ、というのがこの世界の主張だ。ゴースト、と聞くと幽霊を連想してしまい、“存在しないもの”という印象があったが、この世界では人間が人間たるための最終的な根拠として使われている。そこはなんだか新鮮であり面白く感じた。
でもでも、そもそも“GHOST”って何なの? 義体はGHOSTを持てないの? コンピュータは最終的に意識を持てるのか? というのが、この作品のテーマなのかなと思った。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す