通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GENTE 1 (Fx COMICS) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GENTE 1 (Fx COMICS) 単行本 – 2007/8/28

5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GENTE  1 (Fx COMICS)
  • +
  • GENTE 2 (Fx COMICS)
  • +
  • GENTE 3 (Fx COMICS)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

◆老眼鏡紳士がおもてなしする、至福のリストランテへようこそ――。大好評『リストランテ・パラディーゾ』の外伝的シリーズ、待望の第1巻!
老紳士たちが織り成す、優しく心に染み入る、ハートフルストーリー。

◆イタリア、ローマ市街にあるリストランテ「カゼッタ・デッロルソ」は、マダムの趣味で、従業員はすべて老眼鏡紳士というちょっと風変わりなお店。老紳士たちのおもてなしが人気をを集め、日々女性たちのハートを虜にしています。このお店で働くのは、優しくて気弱なカメリエーレ長のクラウディオ、小言が多くめったに笑顔を見せないルチアーノ、陽気なムードメーカーのヴィート、もぐホッペが愛らしいソムリエのジジ、男らしく豪気なシェフのテオ……。
魅力と色気あふれるリストランテの住人たちと、そこで出会う客たちとの人間模様。優しくて切なくてあたたかい、絆の物語です。


登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 太田出版; 1版 (2007/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778320476
  • ISBN-13: 978-4778320478
  • 発売日: 2007/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,983位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 イタリアを舞台に、4人のメガネ老紳士を
描いた作品です。リストランテ・パラディーゾと
つながる短編集なので注目。

 本作では、メガネ老紳士達の日常が
中心でした。各エピソードで印象的なのは、
目線とセリフ。能弁ではなくても、選び抜かれた
セリフと目線が人間関係を物語っています。

 劇的な展開こそありませんが、じわじわ
心にしみること間違いなしです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
僕が初めて触れたオノナツメ先生の作品。筋があるけど物語上の月日が経つのが早い作品だな…と思っていた矢先、実はこれは外伝で、非常に短い本編が存在すると知り驚いた。

声優が好きな私だから、私なりの読み方をしてみる。読む度、登場人物に適当に声優の声をあててみるのだ。読む毎に担当声優を変えてみると、登場人物一人ひとりの台詞の中に、新たな発見がある。
一見おたく臭いが、登場人物一人ひとりの人間性(無愛想、穏やか、無口、達観性)は、「萌え」で言う所の「属性」に通じるものがあるから仕方ない。

僕は男性だが、作品の登場人物全員に恋をしている、といっても過言ではない。美形男性に女性ならともかく男性が惹かれる、というのはそうそうないだろうが、「おっさん」の魅力は万人を寄せ付けるに値する、と僕は言いたい。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大きな事件もなく、抑揚のないストーリー展開
陰影の深いお洒落な絵。
「リストランテ・パラディーゾ」で若い女性の主人公ニコレッタを描くのに割かれていた労力が
老紳士一人一人に分かれて注がれた結果、
より大人向けの、穏やかでかつ影のある雰囲気の本になったようです。

読後感は大変穏やかで安らかで暖かいのですが、
登場人物は必ずさまざまな色の孤独や葛藤に縁取られています。

その影があるからこそ、この本は優しい話をただ一遍やり過ごすのではなく
何度でも読み返したくなる魅力を放っているように感じました。

今回はロレンツォ、ルチアーノとヴィート、あと少しだけテオに焦点が当たっていますが
それぞれが魅力を増して見えるように描かれており、次巻も楽しみです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本を購入して頂く為、というよりは、本に少しでも興味を持って、お手にとって頂く為に以下のレビューを書かせて頂きます。

というのも本作の作者であるオノ・ナツメさんは、表紙を御覧の通りとても独特の画風をしていらっしゃいます。耽美系の画風や所謂ロリ、ショタ系等をご所望の方はこのモダンな画風でまず一歩退いてしまうかもしれませんが、何と言うか、そうじゃないんです、オノさんの漫画は、ストーリーは、この絵柄だからこそ二倍も三倍も面白くなるんです。
麗しい耽美系のタッチやロリショタの可愛らしい線筋も勿論素敵ですが、オノさんの漫画とは少し違う。あの絵柄で淡々と物語を綴って下さるからこそ、劇的ではないけど渋みのある日常や、姿の見えない何かが迫ってくるような、底知れない感覚が味わえるのだと思います。そしてそれこそがオノ・ナツメさんの魅力です。

本作は「リストランテ・パラディーゾ」と云う漫画の番外編、或いは続編という括りですが、よしんば本編未読のまま此方を先に読んだとしても、話の大筋自体は見えてくると思います。ただ矢張り『完全に話が繋がる』とまでは言い難いので、個人的な意見で申し訳有りませんが、どちらかというと「リストランテ・パラディーゾ」を読了後に読まれる事をおすすめ致します。
台詞よりも表情と雰囲気で場を魅せる描写は相変わらず絶品。舞台設定
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
リストランテ パラディーゾ の外伝的な話達
一言で言えば こんなリストランテがあったら 絶対常連だなってこと

どうやってこのリストランテができたのか とか
それぞれのキャラの立ち位置みたいのが描かれていて
非常にうれしいです。

リストランテ パラディーゾは 単発で終わるにはオシイキャラが満載でしたからね〜
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
書棚の整理中にふっと読みたくなって「リストランテ・パラディーゾ」から「GENTE」1〜3巻まで読み返しました。
購入時は(6年程前ですが・・・)「おっさん」「おばちゃん」カテゴリーだった人達がいまは自分と同世代になり(本の中の登場人物は齢をとらないですものね〜)また違う感覚で読みました。
穏やかな空気感の中で、心が締めつけられるような出来事に淡々と向き合っていく「大人」たちに共感と尊敬を覚えました。

それにしてもオノ・ナツメさんという方はすごいなあ〜。
登場人物はほとんど50歳前後の筈なのにそれぞれの心情について書けてしまう。
さすがです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック