中古品
¥ 2,254
中古品: 良い | 詳細
発売元 book-knock77
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。カバーにスレ、軽微な汚れあります。中は、書き込みなく本文綺麗です。宜しくお願いいたします。★十分な検品をして出品しておりますが、もし、商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、評価前にご連絡いただければ返金保証しておりますので、ご安心してお取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GE式ワークアウト 単行本 – 2003/4/28

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本, 2003/4/28
¥ 1,996
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ワークアウトは、GEの風土変革のために、80年代の終わりからジャック・ウェルチが導入した手法である。

   そのプロセスはきわめてシンプルで、まず少人数のグループが業務上の課題に取り組み、組織のプロセスに変化をもたらすアイデアをタウンミーティングで責任者に提示し、公開討論を経てその責任者が提案の採用不採用をその場で決定するというものである。その手法はかつて日本に広く普及したTQCにヒントを得ているが、解決案が直接トップに提示され、それをその場で判断するという点が特徴だ。そしてこのワークアウトが組織に浸透することによって、直接的な問題解決だけでなく、官僚制を打破し企業の風土を変革することまでが可能だという。

   著者はGEで実際にワークアウトの開発や定着に取り組んだメンバーであり、本書は、その直接間接の効用を紹介するだけでなく、どのようにワークアウトを計画し実行していくかを懇切丁寧に解説した「マニュアル」にもなっている。また、この活動を組織に定着させるための方法についても述べられており、本書1冊で入門から実践までを網羅しているといえる。

   現代の経営は、スピードが不可欠といわれている。ワークアウトはボトムアップを基本としながらも即断即決で実行していくため、日本の企業にも効果的な改革手法になり得るかもしれない。従来の改善活動に行き詰まったら、本書を手にとってワークアウトの導入を検討してみてはいかがだろうか。(戸田啓介)

内容紹介

「ワークアウト」とは、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のジャック・ウェルチ前会長らが作り上げた風土変革メソッド。「無駄な仕事(work)を追い出す(out)」ために、組織横断的な小チームを作って業務改善案を募り、現場主導で素早く具現化するというプロセスを繰り返すというものです。

 本書は、ウェルチと共にワークアウト理論の開発・普及を担ったメンバーが、勝ち残る組織作りの奥義を実践的なテキストに凝縮。多くの組織でのワークアウト導入事例を盛り込み、実践の手助けとなる分析資料のひな形や練習課題も収録しています。

 大企業だけでなく中堅企業やベンチャー、官公庁やNGO、NPOといった非営利団体まで、官僚的な組織に風穴を開けたいと願うリーダーにとって、すぐに実践に生かせるノウハウ満載の一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 365ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2003/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822243370
  • ISBN-13: 978-4822243371
  • 発売日: 2003/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,086位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 様々な面で企業経営のお手本とされるGE。ジャック・ウェルチのCEO就任をきっかけとして、クロトンビル、市場トップかNO2の事業以外は保有しない、6シグマ、最大級の社内監査部門とその陣容などなど。
 ワークアウトは、そんな超巨大企業が、市場の変化に即応し迅速・スピーディでシンプルな意思決定を目指して、試行錯誤のうえで形成されたひとつのシステムであり、情報のフローであり、なにより継続的な組織変革と組織学習のシステムと言える。
 本書では、それこそ仔細にワークアウトの内容が記述されている。GEやウェルチが導入を決定するに至った背景や狙い、導入から定着までの長い、実際のワークアウトの場面、導入のプロセス、フォーマットなど、それこそ多岐にわたって具体例が示されている。逆に言えば、(特にGEのような巨大企業では)組織変革のプロセスでは詳細な検討が欠かせないという実態を浮かび上がらせる。
 また、マネジメント・コントロールとしてのワークアウトとは、診断型(管理会計的)ではなく対話型(探索的)なもので、市場即応的な組織行動を引き出すために、従業員にどんな思考が求められるのかという示唆は有力。本書では、ひたすらストレッチする、システムシンキングを育てる、水平思考を促す、本当の権限委譲と説明責任を果たす、短サイクルでの変革とすばやい意思決定を掌中にする、という言葉でその
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. VINE メンバー 投稿日 2006/2/6
形式: 単行本
GEは人材育成に力を入れている企業として有名です。
その結果、ジャック・ウェルチの後継候補が多数出てくるようになり、
ジャック・ウェルチのとってきた方向を変革することができるような
優秀な人材がCEOに選ばれました。
新CEOがどれだけ優秀かは今後の成果を見るしかありませんが、
それにしても人材育成の効果は絶大だと思います。

その一つの手法がこのワークアウトです。
日本でも実践可能なものになっています。
これで、自己責任を果たせない管理職が炙り出されますし、
それに本人が気付いたうえで育成すれば育ちます。
ワークアウトを実践する事を経営者が意思決定できるかどうかで、
その企業のマネジメントレベルがわかると思います。
部下からの意見にさらされたくない、と思う経営者・管理職が多い企業は、
決してワークアウトをやろうとは思わないでしょう。
ということは経営者・管理職としての力量がないことを証明しているようなものです。
ワークアウトを決断する段階、実践する段階、実務に反映する段階で、
マネジメントレベルが炙り出されるでしょう。
人材育成のみならず、企業が生き残れるかどうかの良い判断材料になります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ワークアウト」=レイアウトではありません。
組織内改革を支援するコンサルタントには必要な一冊かも。
大企業病の処方箋のひとつ。しかし、権限委譲の進んでいない、また不慣れな日本の組織・大企業にこれができるのか?
(違う形式でも、このことを実行・継続しなければ、競争環境下の企業は生き延びられないと思いますが。)
「組織的なパフォーマンスを上げる!」
そのために、テーマ選定、意思決定、有限実行というサイクルを如何に効果的・効率的に、しかも組織的に行っていくかという普遍的な取り組みです。
これだけ大規模でなくとも、各組織で応用は必要だと思います。
タウンミーティングというやり方は、日本でいうと合宿に当ると思いますが、
この本では暗い印象を感じません!。むしろ、明るいビビットな記述になっています。
各組織のトップに意思決定を集中し、脳死状態にならない為のひとつの成功事例です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
そもそも企業が意識改革、風土改革を緊急の課題にせねばならない状況とは、M&Aで異なる組織を合併・買収した後などが特徴的な状況であろう。
GE社は、業界No1〜3位内に入っていない事業は、継続する意味ナシと厳格に事業のリストラクチャリングを進めてきた。その一方で、淘汰された事業とは対照的に、強化すべき事業については、「時間を金で買う」べく、他社を合併・買収してきた。

しかし、合併・買収契約に調印しても、すぐにシナジー効果が出るわけではない。異なる二つの企業をうまく調和させ、買収金額を上回る利益を生み出してこそ、そのM&Aは成功であったといえるのである。
ワークアウトは、意識改革・風土改革を通し、企業をさらなる成長へと導く処方箋だが、このワークアウトを編み出すきっかけは、GE社のM&Aによる成長戦略と切り離せないだろう。

この点、日本企業は、PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)に関し、欧米企業と比較し、その経験度が一歩も二歩も遅れているのが気がかりである。
GE社などの意識改革に熟練した経験を追体験することにより、少しでも、成長戦略を担保するための打ち手を身に付けたいものである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック