数量:1
GARMIN(ガーミン) ランニングGPS For... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■こちらの商品はAmazon倉庫からAmazonが発送いたします。■液晶画面に目立たない細かい擦れがございます。その他ダメージやリスト裏の汚れ等もなく美品です。■付属品完備:元箱、本体、ハートレートセンサー、チャージングクレードル、取扱説明書、保証書★もう一つ同じ商品を安価で中古出品しておりますので、よろしければそちらもご覧下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 38,316
+ 関東への配送料無料
発売元: ムラウチドットコム
カートに入れる
¥ 42,573
4,257pt  (10%)
通常配送無料 詳細
発売元: 銀座紗古夢堂
カートに入れる
¥ 42,573
+ 関東への配送料無料
発売元: ビジョンカメラ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 620J 心拍ベルト付きセット カラータッチパネル Wi-Fi Bluetooth対応 【日本正規品】 112853

5つ星のうち 4.2 31件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 47,304
価格: ¥ 38,698 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 8,606 (18%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 38,316より 中古品の出品:3¥ 21,800より
  • 原産国:台湾
  • 本体サイズ:45×45×12.5mm(ディスプレイ:直径25.4mm/180×180ピクセル)、重量:43.6g1
  • 稼働時間:約10時間(時計モード時は約6週間)、記録可能データ:約200時間分の走行軌跡ログデータ、操作インターフェース:4ボタン&タッチパネルオペレーション、GPSチップ:みちびき対応高感度GPSチップ(捕捉時間短縮化)
  • 表示可能データ:タイム、距離、ペース・スピード、ピッチ/(標準付属品のHRM-Run仕様時:トレーニング効果、VO2max、上下運動、地面接地時間、心拍、カロリー等42種類以上)
  • その他機能:自動ラップ、自動ポーズ、アラート通知、リカバリーアドバイザー、RacePredictor(予想タイム推定)、バーチャルパートナー、タッチパネルオペレーション、Gセンサー、自動スクロール、BlueTooth、Wi-Fi、時計機能、50m完・
  • 対応アクセサリー:FA620J用チャージングクレードル(標準付属品)、ハートレートセンサーHRM-Run、プレミアムハートレートセンサー、フットポッド
  • 操作マニュアル:日本語操作マニュアル付き


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 620J 心拍ベルト付きセット カラータッチパネル Wi-Fi Bluetooth対応 【日本正規品】 112853
  • +
  • - TRAN(R) トラン -液晶保護フィルム2枚セット ガーミン 225J 220J 620J フォアアスリート対応 液晶保護フィルム2枚セット 高硬度アクリルコート 気泡が入りにくい 透明クリアタイプ for Garmin ForeAthlete
総額: ¥39,678
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
カラーブラックブルー
サイズF M Free 1サイズ
ディスプレイサイズ1 インチ
素材構成Mesh
素材ラバー ゴム
商品入り数3
電源AC & Battery
付属品ガーミン620J本体、充電器、ハートレートセンサー、使いたおしブック
電池付属あり
ブランドGARMIN(ガーミン)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB00JPTJREC
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 31件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 65,594位 (ベストセラーを見る)
発送重量376 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2014/4/13
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

業界初のVO2max(最大酸素摂取量)、リカバリーアドバイザー、ランニングダイナミクスという次世代機能がスリムボディを維持したまま搭載されたランナー待望のモデルが登場。最大酸素摂取量を認識することで、運動レベルの変動を把握する事ができ、よりトレーニングのコントロールに役立てる事が出来ます。また、リカバリーアドバイザーは効率的なトレーニングを行う手助けをしてくれる[回復に必要な時間]を教えてくれます。付属のハートレートセンサーHRM-Runを装着する事で、ランニング時の自分の身体の上下運動や、1分あたりのピッチ(歩数)、足が地面に接地している時間の計測などが行えるようになります。


メーカーより



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
【見た目】
1.カラー液晶でタッチパネル。タッチパネルのせいか、液晶は少し淡い色調。
  タッチパネルじゃない廉価モデルの220Jの方が液晶はキレイだと聞きます。
  ただ普段使いする分には問題なし。

【操作感】
1.最近流行りのスマホなどの静電式パネルではなく、タッチパネルは感圧式。
  スマホなどの操作に慣れていると「反応がニブイ?」と思うところもあるが、
  慣れればOK。感圧式なので、手袋をしていても大丈夫です。

2.ボタンは4つ。
  ハードボタンは基本機能のみに絞っていて混乱しません。
  左上:長押しで電源ON・OFF、短押しでバックライトON
  左下:時計表示モード/トレーニングモードの切り替え
  右上:START/STOP
  右下:トレーニング中…手動ラップ
      通常時     …トレーニングデータのWi-Fiアップロード

3.トレーニング時は、待ち受け状態からGPS受信で自動的にトレーニングモードに切り替わり、
  あとは右上ボタンで計測開始。1km毎に自動ラップ取得。走り終わったら右上ボタンで
  計測終了、と、複雑なことをしなければこれだけ。
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
このモデルを使う以前は、GARMINのFR610を使用していた。それに比べると、以下の点が改善されている:
・本体の素材が改善(FR610本体裏の金属部分が3年ほどで完全に錆びてしまって充電用アタッチメントとの接触不良が発生し充電不可能となったが、本モデルは錆びとは無縁だ)
・衛星の捕捉スピードが劇的に進化、"みちびき"にも対応
・付属のチェストバンド型心拍数モニターを装着した場合に、ランニングダイナミクスの情報量(ケイデンス (spm; steps per minute)、平均上下動 (cm)、平均ピッチ (m))が増加する(データマニアにはたまらないだろう)
・Bluetooth搭載(スマホとリアルタイムで同期可能、GARMIN Connectへも即時データアップロード可;このことはSTRAVAへの即時データアップロードが可能であることも意味する)
・VO2 Maxの自動算出(使用開始当初の値は信用できないが、数か月ほど使用し続けていると現実的な値が出てくる)と、そこから導出される5km・10km・ハーフマラソン・フルマラソンの推定ベストタイムの提示
・十分な軽量化の達成

総合すると、本モデルは第1世代GPSランニングウォッチの完成形と言っても過言ではない。この手のGPSランニング
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
エプソンSS-500Rに続き2つ目のGPS時計です。SS-500Rと21回同時使用した結果を報告します。
まず基本機能です。
1.ペースデータ(瞬時値)の振れ
SS-500Rに比し格段に振れが少ないです。SS-500Rはキロ当たり40秒くらいの振れがあり参考にならないのに対し620Jはランのペースぶれこみで4秒です。これなら使えます。
グラフは
[・・・]
を参照してください。
2.距離の振れ
私の約10kmのランニングコースでの平均と標準偏差は
620J 10,348 ±32 m SS-500R 10,513±51 m
です。常に「620J の表示距離」<「SS-500Rの表示距離」 でした。
コースの一部の浜寺漕艇場に沿った2000mの直線路では
620J 2000 ±6 m SS-500R 2,022±11 m
です。SS-500Rは樹の多いところでは誤差が大きくなるのではないでしょうか。真上は開けていますが5m幅のコースの左右は林です。
620Jをトンネルなどでは使用していないのでわかりません。
3.ピッチ、ストライド
ピッチ、歩数を記録するランニング時計Asics AP01と併用してみました。
詳細は省き
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
GPSと通信する度、補正されるので時刻は正確、50m防水で、重さも44gと軽いため充分日常使用できます。
靴を履く前にGPSスイッチを入れれば、履き終る頃には走行可能になるほどGPSの掴みも早く、軌跡も安定しています。

620JとHRM-Runの組み合わせで実現される
・最大酸素摂取量(VO2max)
・リカバリーアドバイザー
・ランニングダイナミクス
については、数回走ると適切な値になります。

特にアドバイザーによるリカバリー時間は、ハードなトレーニングの後は数十時間、
疲労抜きの後は殆ど増加せずといった感じで故障を避けるのに大変役立っています。
他の最大酸素摂取量に基づく予想タイムもペース配分を決めるときの目安に、
ランニングダイナミクスの上下動も腰高のフォームを意識するガイドにと活躍し
620Jを買って良かったと思っています。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー