GANTZ [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: LUBのおうち ~年中無休 おもてなしの心で~
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

GANTZ [Blu-ray]

5つ星のうち 3.2 102件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,320
価格: ¥ 2,868 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,452 (34%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 2,380より 中古品の出品:8¥ 1,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • GANTZ [Blu-ray]
  • +
  • GANTZ PERFECT ANSWER [Blu-ray]
  • +
  • into the「G」II ~映画『GANTZ PERFECT ANSWER』ナビゲートDVD~
総額: ¥7,709
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 二宮和也, 松山ケンイチ, 吉高由里子, 山田孝之, 本郷奏多
  • 監督: 佐藤信介
  • 形式: Limited Edition
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2011/07/13
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 102件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003YUBDO0
  • JAN: 4988021711678
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,142位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

興収ランキング 4週連続1位を獲得し観客動員も270万人を突破!
2011年公開作品ナンバー1大ヒット映画「GANTZ」が早くもパッケージ化!!
「GANTZ」DVD&Blu-ray
2011年7月13日(水)発売!
残された最後のカリスマ漫画。ついに禁断の実写映画化!
いよいよDVD&Blu-rayで登場!貴重映像を収めた特典ディスク付!

◆商品概要◆
本編BDディスク+特典DVDディスク2枚組

★音声特典
佐藤信介監督×佐藤貴博プロデューサー×田中正プロデューサーによるオーディオコメンタリー(※本編ディスクに収録)
★特典映像
●メイキング映像●イベント映像集●監督インタビュー●カウントダウンGANTZ(2011年1月25日~28日O.A)
●特報・予告編・TVスポット●「GANTZ PERFECT ANSWER」予告編
★封入特典
20ページブックレット
*特典DVDディスクはDVD版と共通。
◆本編ディスク仕様◆
本編130分、片面二層、COLOR、16:9 ビスタサイズ、1080p High-Definition、Dolby-TrueHD5.1ch音声、MPEG-4/AVC、日本語字幕あり

発売元:株式会社バップ
(C)奥浩哉/集英社 (C)2011「GANTZ」FILM PARTNERS
※内容・仕様等は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

◆キャスト・スタッフ◆
二宮和也 松山ケンイチ
吉高由里子 本郷奏 夏菜
伊藤歩田口トモロヲ/山田孝之
 原作:「GANTZ」奥浩哉(集英社/週刊ヤングジャンプ連載) 脚本:渡辺雄介 音楽:川井憲次
企画製作:日本テレビ放送網   制作プロダクション:日活撮影所   配給:東宝
  製作:2011「GANTZ」FILM PARTNERS
監督:佐藤信介
◆STORY◆
幼馴染の玄野と加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとして電車に轢かれてしまう。
次の瞬間2人は見慣れぬマンションの一室にいた。そこには同じように“死んだはずの人々”が集められ、リビングの中央には“ガンツ”と呼ばれる謎の大きな黒い球が異様な存在感を誇っていた。
出ることの許されないその部屋で、生き残るためのミッションを“ガンツ”から与えられる。それは“星人と戦い、殺すこと”。
戦いの場へと転送された彼らは、何者かも分からぬ異形の星人と対峙する。戦いを終え部屋に戻ると“ガンツ”による採点が行われ、星人を倒し得点を重ね“100てん”になると、この世界から解放されるか、好きな人を生き返らせることができると知らされ元の世界に一時的に戻される。
“100てん”を取るまで終わらない戦いの連鎖。いつ呼び戻されるのか分からないまま元の世界での生活を続ける“死んだはずの人々”。
戦いに目覚め、生き抜くことを選択する玄野と、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤。生と死を実感しながら、その不条理な世界での戦いは苛烈を極めていく―。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

奥浩哉の人気漫画を二宮和也と松山ケンイチ主演で映画化。地下鉄のホームに居合わせた玄野計と加藤勝は、転落した酔っ払いを助けようとして電車に轢かれてしまう。次の瞬間、ふたりは見知らぬマンションの一室にいた。特典ディスク付きの2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
漫画を読むという事をずいぶん前に卒業したもので当然原作は知りませんでした、この作品を知ったのは劇場の予告編を見てからです、
あと吉高由里子さんには多少興味があり劇場で鑑賞することとしました。
何せGANTZに関する予備知識がゼロに近いもので、ガンツって何?と思いながら最初から見ていくと見事にはまります、原作との違いを書いている
レビューも多いですが知らない人は知らないなりに楽しめます。ストーリーも後半はっきりとし最後まで楽しめました、ラスト近くにはおやっ?
と思わせて次に繋げる仕掛けもあります。続編の「パーフェクト・アンサー」に関してはここでは何もいわない事とします。 また本作が気にいった方にはテレビではすでにオンエアーされていますが「アナザー・ガンツ」も推しておきましょう。これはこの作品ではあまりスポットが当たらなかった脇役を主役にして本編では語りきれなかった裏の物語が披露されてより深く楽しめる作品となっており続編の「パーフェクト〜」が2倍楽しめる形となります。 私のようなオジサンだから気づいたことがあります、ガンツって石の森章太郎原作の漫画「ロボコン」のガンツ先生に由来しているのでは? ガンツ先生は物語の最後に生徒のロボット達に採点するのが恒例で主役のロボコンはいつも0点なのです。 これって若い
人たちはみんな知ってるのかなあ。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
謎の黒い球体「ガンツ」が事故や事件で死んだ人間を再生し、パラレルワールドで未来的な兵器を駆使して「星人」と戦わせる。
ガンツは戦士たちの戦果によって点数をつけ、100点貯まれば解放か希望の死んだ人間を生き返らせることができる。
玄野(二宮和也)と加藤(松山ケンイチ)は共に電車に轢かれた直後、ガンツによって再生され星人と戦うことになるが…

原作は好きで読んでます。邦画は嫌いなので原作を知らなければ観なかった(苦笑)
スケール、エロ、グロ、全ての要素において、原作と比較すると縮小されているのが残念。
登場人物は削減してキャラ掘り下げも浅く、人体破壊描写も最低限。それに乳首は出さない(笑)、
おこりんぼう星人戦において、見せ場である千手観音との攻防は顕著に作り易い方向で縮小・改悪されておりガッガリしました。
キャスティング、玄野が二宮和也は許せるにしても加藤が松山ケンイチというのは違うだろうと。
クオリティ重視でオーディションにより原作イメージに沿ったキャスティングなど行うことはなく、小さな日本芸能コミュニティ
の利害関係だけの密室で決まるというのが見え見えで嫌になりますね。 こんなことだから、アニメや漫画の実写化は尽く駄作で
終わるのでしょう。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ネギ星人や田中星人の時は、ガンツの仕組みや武力、スーツの性能などわからず、戸惑うシーンがあっても良いが、
三戦目?のおこりんぼう星人の時は少なくとも玄野、加藤はそれらを理解していたはず。
なのに逃げ惑う彼らをみてバカかと思っちゃいました。
さっさと撃ちまくれ!

千手観音相手じゃ刀では敵わないと判断出来るだろ加藤くん。銃を取なさい!
原作の緊迫感ゼロ、全体的にテンポ悪すぎ!
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作ファンですが、それとは関係なく、単純に映画がつまらなかったです。

テンポ悪いしアクションがチープ。

キャラクターが全然生かされてない。

皆さんのレビューの高さに正直驚いてます。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
酷評されてる方の評価に「原作ファンからすると〜」 っていうコメントが多々見られるんですが、あれ、やめてもらえませんかね?あと監督は原作立ち読み程度とか言ってる人も勘弁してください。パンフレット読みましたか?物作りってのはそんな簡単な気持ちで出来るものじゃありません。 私は原作ファンですが映画もかなり楽しめました。というかむしろ感動です。邦画もようやくここまできたのだなと。奥先生の創るあの世界に近づこう近づこうと努力してる。Xガンの威力とか、個人的にはネギ星人の忠実ぶりが良かった。…ワイヤーはやっぱり、制作技術のレベルが少し足りないなとは思ったけど。 グロがどうこうエロがどうこう言ってる“原作ファン”の方、原作で見られるのだからいいじゃないですか。それよりもGANTZのメッセージ性がグロ、エロ等で原作読めない人にも伝えられることを喜びませんか。 で、“原作ファンだからとりあえず酷評しまーす”なノリをなんとかして。原作ファンがバカに見える。上辺ばっかり否定してるからただイチャもんつけてるようにしか見えない人が多々いる。同じ“原作ファン”として恥ずかしい…。
4 コメント 200人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー