通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2013/8/19

5つ星のうち 2.8 85件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 360
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • GANTZ 36 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • GANTZ 35 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥2,007
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人類を襲った未曾有の危機はガンツチームの活躍によりその勝利を目前としていた。だがしかし、敵の英雄イヴァは最期の戦いを欲し、玄野を名指しして決闘を挑む。応じなければ人類もろとも自爆するとの宣言に玄野はただ一人、再び敵母艦へと向かうのだった…。長き戦いに遂に打たれる最期の終止符。極限スペクタクルで贈る人類の命運をかけた戦いの行方は…!?



登録情報

  • コミック: 226ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/8/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088796276
  • ISBN-13: 978-4088796277
  • 発売日: 2013/8/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「鬼星人編」ラスト、玄野と和泉のWガンツソード・・・
「大阪編」ラスト、ぬらりひょん戦でのホストざむらいの助太刀・・・
こういうシーンを最終決戦でも見たかったです。それまでの話の積み重ねの上にある「見せ場」。最終章になってからそういったカタルシス、盛り上がりがほとんど無かったのが残念でなりません。雰囲気はアダルトながら、少年漫画のような熱い展開が要所要所にある漫画だったはずなのですが・・・

せっかく再登場したメガネくんは活躍せず、風はさっさと退場、加藤と玄野の共闘も一瞬(そもそも共闘と呼べるのか…)、吸血鬼達はただのカカシ、母船の自爆のおかげでフラの願いも台無し・・・うーんもっと面白く出来そうなのになぁ〜と、素人ながら思います。

期待していたエピローグ等の加筆はありません。連載と全く同じラストです。作者の中では本当にアレで完結のようですね。もうこの時点でかなりがっかりなのですが…笑 「あとがき」でさらにがっかりです。
本巻あとがきで「ラストの展開(及び最終章全体)はザンボット3のオマージュ」と作者は語ります(まぁ知ってる人なら誰がどう見てもそうなんですが)。そもそも最終章まるまる使ってオマージュを捧げるという意味が理解不能です。
作者は以前(単行本17巻)、自分の執筆活動を自慰行為に例えました。「自
...続きを読む ›
コメント 343人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
色々投げっぱなしだが、完結した事に賛辞を送りたい。 この巻は単純にラスボス倒して終了。 吸血鬼、玄野の弟、もう一人の玄野、本物の岸本、西等、なんで出したのか理解に苦しむキャラや謎がかなり残っていますが、終わって良かった。 全ての伏線を回収してたら、さらに駄作になっていたと思われる。 20巻くらいで終わっていればかなり良作になっていたと思います。 名作になり損ねた漫画です。
最後に黒い球を地球人が作ったのなら、いくらでも人間の再生が出来ると思うんだが、そこはツッコミ禁止ですかね
コメント 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
残念ながら御都合の存在以外なにも感じられませんでした

ぬらりひょんからセバスチャンへのこの流れがとても好きでしたが、
この作者にとってはそれもゴルゴや貞子と同じ単なる「マイブーム」だったんでしょう
飽きたらポイです
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
可能なら星0個ですわ。
せっかく期待もたせて展開してきたのに終わりがこれ。
期待はずれ以外のなにものでもない。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ようやく終わってほっとはしたが、内容的には特に面白味がなく、バトルも最後だからクロノが戦うという無理やりな展開で、
ラストに至っては何の後日談もなく唐突に終わるのは中途半端すぎてひどすぎると感じた。
初期の頃はかなり面白かっただけに、10巻ぐらいで終わっていれば名作になっていたと思った。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 らいでん 投稿日 2013/8/19
形式: コミック
後1話描くことは出来なかったのでしょうか?
駆け足過ぎて見てる側としては開いた口が塞がらない状態でした。

帯に書いてある「GANTZは終わる。されどGANTZは終わらない。」
これの意味するものは何なのでしょうか・・・
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最近読み返しました。32巻までしか家になかったため、最終巻まで買い一気読みしました。
ガンツは映画化が騒がれ始めているころに当時の最新巻まで(27巻位かな?)一気に読みあげたもののカストロフィ辺りからヤンジャンで載ってる方を立ち読みするようになりあまりにも展開が遅く、長くて途中で挫折。
単行本も前述通り、32巻移行は買う気になれず何年か後ガンツがようやく終わったと聞いたのですが、ネットの評判があまりにも悪く、やっぱり続きを買う気になれずにいました。

で、最終巻まで読んでみて、期待していなかっただけにまぁまぁ楽しめたので改めて奥 先生お疲れ様でした。と、言いたいです。

いや、他のレビューの方々の言う通りこの結末に満足しちゃいけないのは重々承知です。
かなり投げやり出した感があるし、結局いろいろな謎が残してあの最終回を向かえてしまっています。また、伏線投げ出して最終回まで突っ走るならそれはそれでまだ許せるのですが、テンポが遅すぎるよ!!CGを駆使した絵で細分までたっぷりリアリティーのある絵であるから一話一話があまりにも重い、目がチカチカするよ!(すみません、これは個人的な感覚ですね)そのくせ話はあまりにも進まない、これは当時のファンは残念だったろうなと思いました。

ただ、読みおわって最初に感
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー