通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫) 文庫 – 2009/9/4

5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,646 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572
¥ 572 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)
  • +
  • 非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク〈8〉 (文春文庫)
  • +
  • 灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (文春文庫)
総額: ¥1,781
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「八咫烏」シリーズ特集
阿部智里の「八咫烏」シリーズほか関連作品をご紹介。  特集ページを今すぐチェック。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

鉄の結束を誇るGボーイズに異変が生じた。ナンバー2・ヒロトの胸の内に渦巻く、キング・タカシに対するどす黒い疑念。Gボーイズが揺らげば、池袋のパワーバランスも破綻しかねない…。タカシの危機にマコトはどう動くか?史上空前の熱き闘いを描く表題作はじめ4篇を収録した、IWGP第7弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石田/衣良
1960年、東京生まれ。成蹊大学経済学部卒業。広告制作会社を経てフリーランスのコピーライターに。97年、「池袋ウエストゲートパーク」で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。生き生きとした語り口と現在を映しだすエッジの鋭さが高い評価を受けた。受賞作に続篇3篇を加えた『池袋ウエストゲートパーク』(文春文庫)でデビュー。03年、『4TEEN』(新潮文庫)で第129回直木賞を受賞。06年、『眠れぬ真珠』(新潮文庫)で第13回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 301ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/9/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167174146
  • ISBN-13: 978-4167174149
  • 発売日: 2009/9/4
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
もはや水戸黄門的安定感となっている。

今、半分の2話読み終わったところだけど…。

主人公マコトに寄せられるトラブル。
これを友人の協力を得て解決していく。
色々あるけど無事解決。御代は要らない。
マコトの母を含めキャラが立っていて、わかりやすくて。
パターン化されているな、水戸黄門のような。

野球で言えば、コンスタントに2割8分20ホーマー打つ打者、
または、毎年10勝上げる投手。そんなところ。

2話3話くらいでポケットに入る文庫サイズにして、
地下鉄の売店で売ってくれれば、目的地に着く間に読めて、
そんな感じの読み方をしたいこのシリーズ。

ハードカバーなので仕方なく風呂でリラックスして読んでいるけどね。
おれ詐欺などの時事ネタのスパイスも存分に効いています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
12月の乾いた池袋。Gボーイズ有数の武闘派:ヤマト疾風が黒い目出し帽の集団に襲撃された。ゆきがけ上,自費制作の映画に出演することのなったおれ(:真島誠)はGボーイズと池袋全体をも巻き込んだ争い事の中心へと放り投げられる・・・

池袋ウエストゲートパークシリーズの7巻。今までと同様に短編3編+中編1編で構成される。前巻を読んだ時感じた『いつまで続くのだろう?』との思いが,なんだか物語の中にまで出てきている気がする・・・相手からマコトやタカシ(Gボーイズのボス)が「いい年」呼ばわりされたり,タカシがぼそっと「ああいう生き方もあったのかも・・・」と寄った会社員を見てつぶやいたり・・・いつもの通り面白い作品なのであるが,少々寂しい気分になった。個人的には『バーンダウンザハウス』が良かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
若さだけで突っ走ってた最初の頃の作品と比べ、マコトには落ち着きが

出てきたと思う。その分人柄の魅力が増している。持ち込まれるどの

事件にもマコトのよさが存分に発揮されていると思った。力だけの

解決は後に遺恨を残す・・・。そのことを充分承知しての行動は

頼もしさも感じさせる。どの話もよくまとまっていてよかったと思うが、

その中でも表題作の「Gボーイズ冬戦争」が印象的だった。タカシと

マコトの熱い友情も垣間見ることができた。作品の中で成長を続ける彼ら。

今後どうなるのか、不安と期待が入り混じる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
無償で池袋界隈の平和に努めるマコトの活躍4話集○電話を通してしか人と係われないヨウジは振り込め詐欺師。ゲームの如く年寄りから虎の子を巻き上げ、『箪笥預金を吐き出させ経済を活性化させているんだ』と嘯いていたが、ある事から『やめたい!』とマコトを頼って来る○ナイスバディの詐欺師エリーから3枚のリトグラフを買い借金苦の季節労働者キヨヒコ。が、彼は自身の借金よりエリーの気持ちを知りたいとマコトの所へ。抜け出せない格差社会の底辺で加害者になる者、被害者になる者。その違いは?○ユウキは自分の家に火をつけ、大好きな祖母に大火傷を負わせた。減刑の嘆願書と少年法に守られ6ヶ月で社会に戻ってきたが自分の居場所を見つけられず・・・連続する放火事件は彼?○Gボーイズキングタカシが登場!池袋の力関係を揺さぶり潰し合いをさせて取って代わろうとする者の放った刺客 “影”と共に囮となって復讐鬼を誘き出そうとするマコト。それを守るタカシ。絆を強めた事件です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
待っていました!!IWGPの待望の続編が出版されました。

今回は、要町テレフォンマン、詐欺師のヴィーナス、バーン・ダウン・ザ・ハウス、Gボーイズ冬戦争の4話からの構成になっています。

池袋ナンバーワンのトラブルシューターの真島マコトが家業の果物屋の仕事の傍ら事件を解決していくのだが、毎回のことながらIWGPの世界に引き込まれてしまう。

まだ読んだことの無い方は、一度読んでみることをお薦めします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 もうドキドキする物語ではなくなった。マコトの語り口と池袋の描写を楽しむための小説だと思えばいい。振り込め詐欺のみ、少しシャープな切り口か。キャッチセールスや少年放火犯の話題は、なにも池袋で話題にしなくたっていいことだ。
 Gボーイズ冬戦争の章も、影とかタカシの超人的な強さを、カンフー映画みたいに誇張しすぎだと思う。
 でも面白いから読んじゃうけどね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー