中古品
¥ 3,758
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。少し、カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

The Future of Bioethics: International Dialogues (英語) ハードカバー – 2014/3/9


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 5,741 ¥ 3,758
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

商品の説明

内容紹介

Akira Akabayashi presents the first book to explore the conversation on bioethics that is taking place between scholars and practitioners from the East and West: the first book in the discipline of bioethics for the globalized world of the future. An international team of experts address emerging issues in bioethics, focus on new developments and their potential for change, and set the agenda for the future.

Most studies in bioethics advocating East-West dialogue have either attempted cross-cultural comparisons or have proposed Eastern philosophical paradigms to counter Western ideas. The tacit premise of previous work on the East-West dialogue is therefore a strain of relativism. Simply maintaining a respectful distance from other cultures is no longer sufficient in this era of globalization. The time has come for active engagement among different cultural perspectives. The Future of Bioethics initiates discussion on bioethical issues that arise from new medical technologies such as regenerative medicine, enhancement, research ethics, and synthetic biology, and goes on to address challenging dilemmas that result from the globalization of social change, such as transplantation tourism, public health ethics, care in the aging society, and professionalism. The volume presents original work by leading researchers in the field, alongside that of promising new scholars; as such, it establishes not only a cross-cultural dialogue, but dialogue between researchers of different generations.

The book is divided into two parts―the first on the progress of biomedical technologies and ethics, and the second on globalization and bioethics. Each part contains four sections on different topics, which feature a lead essay followed by a set of commentaries and further discussion.

著者について

Akira Akabayashi is Professor in the Department of Biomedical Ethics, Faculty of Medicine, at the University of Tokyo.


登録情報

  • ハードカバー: 786ページ
  • 出版社: Oxford Univ Pr (Txt); 1版 (2014/3/9)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0199682674
  • ISBN-13: 978-0199682676
  • 発売日: 2014/3/9
  • 商品パッケージの寸法: 23.6 x 5.3 x 16.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 172,607位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。memory