First Impressions of Eart... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 951
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

First Impressions of Earth Content/Copy-Protected CD, Import

5つ星のうち 4.4 35件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 954 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 518より 中古品の出品:5¥ 430より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ストロークス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • First Impressions of Earth
  • +
  • ルーム・オン・ファイア
  • +
  • COMEDOWN MACHINE
総額: ¥4,179
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/1/3)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Content/Copy-Protected CD, Import
  • レーベル: RCA
  • ASIN: B000BVQ9JO
  • JAN: 8287673177242
  • その他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 45,393位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
2
30
3:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
3
30
3:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
4
30
3:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
5
30
4:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
6
30
4:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
7
30
3:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
8
30
3:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
9
30
3:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
10
30
4:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
11
30
4:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
12
30
4:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
13
30
3:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
14
30
3:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 

商品の説明

Amazonレビュー

Their prospects dangerously over-inflated by pundits who often hailed their debut as nothing short of rock-messianic, New York City's Strokes got a lesson in cynical rock-press dynamics when their biz-troubled, if similarly toned, '03 follow-up was dutifully dismissed as the proverbial sophomore slump. A lesser band might have been chastened by the experience; this one responds with a third album that positively bristles with energetic challenges. Revolving around a loose concept that allows songwriter/frontman Julian Casablancas to adopt a viewpoint that's as detached as it is world-weary and bemused, it's a record that quickly trades the often precious production conceits of its forebears for a muscular confidence that's notable from the infectious, back-to-the-'80s opener "You Only Live Once" to its perfect bookend "Red Light."

That often inviting sonic remodeling may come in part from Bangles/Sublime/Sugar Ray producer David Kahne (who replaces previous collaborator Gordon Raphael on all but a handful of cuts), but the band clearly has expansiveness on its mind, from a running length nearly twice its predecessors to such stylistic excursions as the cinematic, back-to-the-future riffing of the single "Juicebox," the spare, electro-baroque moodiness of "Ask Me Anything," and the dense, surprising prog flirtations of "Electrocityscape." "On the Other Side" finds Casablancas convincingly casting himself as the anti-Bono while crooning "I hate them, I hate them all, I hate myself for hating them" before chiding humanity as "seven billion people who've got nothing to say" on the otherwise upbeat closer, "Red Light." Wrapping such cynicism in more populist musical trappings is no mean feat, and the sheer reach of the Strokes' ambitions here insure they occasionally fall short. But it's a consistently intriguing effort, one that seems calculated as much to challenge the faithful as expand the band's own considerable horizons. --Jerry McCulley


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
1stであれだけのものを作ってしまうと、今後どれだけ素晴らしいものを作ろうと、
決して最高傑作誕生!なんてことは言われないんだろう。
そんな宿命の元なお新たな作品を生み出すStrokesというバンドには敬意を表したい。
1stはジュリアンがほぼ主導し、全体のサウンドを組み上げていったが、
このバンドは各メンバーがソロ活動できるほどのクリエイター揃いだということは知られるところだろう。
このアルバムにおいて、ようやくその「メンバー全員の個々の力」というものが、Strokesサウンドに消化された気がする。
Ask me anythingのような完全な新機軸もあるが、やはりこのバンドはリズムのバンド。
ギターもそのメロディだけでなく、リズム楽器となって彩りを添える。
それはどれだけギターサウンドが派手になろうとも変わらないStrokesらしさだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムの第一印象は、

とにかくギターアレンジが素晴らしいということだった。

全体を通してかなりアグレッシブなギターフレーズが聴けるが、

決して歌を邪魔することが無い辺りに、非常に高いセンスを感じる。

昨今のロックシーンにありがちな、

上手くまとまってはいるがフレーズそのものが退屈、といったバンドが多い中、

ギターのみに限らず、彼らのシンプルながらアグレッシヴなアレンジは、

本当に素晴らしいと思う。

度々リズムキープが怪しくなるギターもまた味というか、

彼ら独特のグルーヴ感を生み出しているような気がする。

アルバム全体を通してみても、

シンプルながら起伏に富んだ内容となっており、中だるみなどは一切無い。

曲単位で見てみても、

疾走している中でも、どこか焦らした感じがあったり、

メロウな中にも情熱的な雰囲気があったり、

曲の持つテンションを上手く扱っていると感じた。

余分なものを削ぎ落としたシンプルなロックンロール。

とにかくカッコいいです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1曲目いいです、コレコレという期待通りの軽快さ。そしてこのアルバムの特徴的なのは今までよりギターのサウンドが前面に出てアピールしてるトコではと思うのです。音も分厚くダークなカッコ良さが伝わり、ハードロックな印象も伝わります。でもいつものようにメロウでウダウダなら#5『on the other side』こういうサウンドが彼ららしくて私は好きですね。ダイナミックさ増しで楽しいアルバムです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジュースボックスを聴いたときは、これがストロークス!?かとおもいましたが、アルバム全部を聴いたらなるほどと安心しました。

セカンドのメロウな感じに、ファーストのち密な音作りがうまく混じったような曲や、今までにない分厚い音の曲がちりばめられた傑作。

個人的には捨て曲もわずかながらありますが、ジュリアンのヴォーカルも力強くなってて、新しい可能性を予感させる作品。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るーあ 投稿日 2009/5/6
形式: CD
曲のネタが尽きてハイプバンドが3rdあたりで消えていくのはお約束の流れである。
日本の音楽業界と違って、あっちは基本的に「最初持ち上げてやるからあとは一人で歩けよ」という方式でエルヴィス〜ビートルズ〜から50年続けてきたわけで、才能尽きたゴミをゾンビみたいには使わない。

で、ストロークスの3rdのこれなんだが、ネタが尽きたとは全く逆。
むしろこれまでで一番色んな方向にタコ足伸ばして作った作品である。
だが、1stと2ndと比べるとというか、アートロック的な見地から見るとというか、1stの高評価の評価軸をこれにそのままあてはめた場合、残念だが見劣りする。

2ndは、1stの変に密室的なプロダクション(そのプロダクションのミニマルさが、ルー・リードなど数多のロックレジェンドの霊をジュリアンの声に憑依させた最大の理由であることは間違いない)を捨て去っていたが、ソングライティング自体は平行棒だったので、多くの人間には1stの延長のように聴かせることができた。
この3rdは、言うなればさらに俗っぽいマスタリングが施されていて、もはや1stの奇跡的なスケープはどこにもない。エレクトロニカ風構造主義思考でロックンロールをやりました的な、あのオリジナル感は消え去っている。ジャンクフードばっか喰わせられているバキバキ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー