中古品
¥ 1,014
中古品: 良い | 詳細
発売元 joyphoto
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。■amazon専用在庫ですので売れ切れなどの心配はございません。【発送】365日24時間体制で注文後迅速に防水梱包しAmazon配送センターより指定のご住所宛に発送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

THE FinePix X100 BOOK (インプレスムック) 単行本(ソフトカバー) – 2011/6/29

5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2011/6/29
"もう一度試してください。"
¥ 757

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者について

内田ユキオ(うちだ ゆきお)
新潟県両津市(現在の佐渡市)出身。公務員を経てフリーに。タレントなどの
撮影のかたわら、モノクロでのスナップに定評があり、ニコンサロン、
富士フォトサロンなどで個展を開催。執筆も手がけ、カメラ雑誌や新聞に寄稿。
主な著書は「ライカとモノクロの日々」「いつもカメラが」。
現在は写真教室の講師も務める、自称「最後の文系写真家」。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2011/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844330454
  • ISBN-13: 978-4844330455
  • 発売日: 2011/6/29
  • 商品パッケージの寸法: 25 x 18.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 230,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

発売日に買いました。
35mmを使って町のスナップを撮るのが好きな人には、この本を通してX100がスナップで十分に使えるカメラというのが判るでしょう。自分も買う前に読んで、X100を買ってしまいました。

星5つでないのは、昔に比べて文章自体のきれいさに比べて、伝えたいことを感じられないことです。ライカに対する熱意がひしひしと感じるライカ本を読んで内田ユキオさんのファンになった人でしたら、がっかりすると思います。
たとえば「35mmは話すように歌う」や「X100もアンセルアダムスの夢を見るのか?」など、ことばの上っ面だけで、何を言いたいのかわかりませんでした。「最後の文系写真家」という割には日本語も含め、言葉を見てくれだけで選びすぎるきらいがあります。
(文章の端々にでてくる英語は曲名が多いようです。なぜ、曲名を使う必要があったのか、ただ自分を格好良く見せたいとしか思えません。)

写真が大きくて素敵だし、装丁も立派で透明のカバーをかけて読んでいます。B5サイズくらいで厚みがあったらもっと良かったですね。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この本を購入したのは、X100リミテッドブラックを購入して、今までとは違うハイブリットファインダー等の使い方を、ライカ関連の書籍を出されているカメラマンが著者ということで購入を決めました。そう、ライカと似た風貌ではあるのだけれど、全く違うX100の評価や使い方などを知りたかったからです。

購入して良かった点は、残念ながら皆無でした。私はX100を普段でも主力機として使いたかったのですが、著者の方が書いておられるには『ライカやローライ、ハッセルブラッドといった古いカメラと併用するときに、それらをカバーしてくれる意味合いもある』と書かれている通り、コノ方にとっては、X100はメイン機材にはならないし、カメラの基本は21世紀現在においても『機械式のカメラで、フィルムで撮影するのが王道』と言われているようで、時代錯誤的な気がしました。

この本の中でも、『50mmの距離でモノを見る習慣がついてしまっている』等と語っていますし、仕事で持ち歩いているカメラはライカM3〜50mm、M2〜35mmで、完全モノクロ撮影をしていると書かれていました。そんな方にX100の本を出されても、X100ユーザの私は嬉しくもなんともありませんでした。もう少しこのカメラの特性や使用上のアイディア等を見られるかと期待していましたが、参考写真やアドバイスなど見るべきところはありませんでした。

1,800円は、決して安い金額の書籍ではありません、がっかりでした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
使い方を説明したノウハウ本ではなく
x100で撮影した写真を集めたフォトブックという所かと。

なるほど、こんな写真も撮れるのか。
こんな場面でも使えるのか。
こんな切り取り方があるのか。。。

などなど、写真を撮る上での発見などはあるものの
この写真はどの設定(ISO感度,F値等)で撮ったのか等の
細かい情報が掲載されていないので
x100の使い方や性能を細かく知ることのできる本では
ないように思います。

まずは書店でパラパラとめくってみて
(写真集として)気に入ったら購入するというのが
良いかと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分は素人に毛がはえたぐらいのカメラ好きですが、そんな自分には少しレベルが高い本だと思いました。

もう少し機能の説明や、シチュエーション別の上手な設定なんかを詳しく知りたかったです。

このカメラ初の本なので期待しましたが、ちょっと残念です。

しかしもう少し自分のレベルが上がれば書いてある内容を理解できるようになるかとおもいます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 月影丸 投稿日 2011/6/30
正直、ムック本に期待することなんて何も無かったのだが、
みごとにしてやられた気がしました。
店頭でちょっと読んで、すぐ購入してしまった。

単なる機能を紹介する本ではなく、
写真を撮りたい気持ちにさせてくれる本。

X100に興味がある方なら、X100を持っていなくても
読んでみて良いと思います。

きっと他のムック本とは全然違った発見があると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック