通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Facebookマーケティング戦略 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古書として特に大きなイタミなし。帯なし。アマゾン専用在庫につき品切れはありません。丁寧に美化加工の上、迅速な発送を心掛けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Facebookマーケティング戦略 単行本(ソフトカバー) – 2011/7/16

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Facebookマーケティング戦略
  • +
  • ソーシャルメディアマーケター美咲 新人担当者 美咲の仕事帳
  • +
  • ソーシャルメディアマーケター美咲 2年目
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

リクルート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、コカ・コーラ、トヨタなどの事例をもとに、
現実的なプランニングから効果測定までを網羅!

Twitterの次のソーシャルメディアとして、Facebookが注目されています。しかし、Facebookに
関する解説書は、その多くが設定系のマニュアルや海外の事例であり、日本企業が戦略的な
マーケティング活用のために参考となる情報が不足しているのが現状です。そこで、本書では、
ソーシャルメディア後進国の日本企業が無駄な失敗をなくし、Facebookをマーケティングに
戦略的に活用する方法を詳しく解説します。

●企業のマーケティング的観点からFacebookの魅力がわかる!
●どのようなケースでFacebookを使うべきか、またどのように使えばいいのか、プランニングから
効果測定までの流れがわかる!
●日本企業のFacebookへの取り組みによって何が変わったのか、現場担当者の本音がわかる!

内容(「BOOK」データベースより)

Facebookを活用する際のベースとなる考え方、日本のメディア環境、戦略策定法、効果測定法、先進企業の取り組みまでを完全網羅。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 280ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2011/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479812365X
  • ISBN-13: 978-4798123653
  • 発売日: 2011/7/16
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127,081位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
”ネタ”としてfacebookを取り上げる輩が大半の中、珍しく本物っぽい匂いのする会社。海外事例をペロッと紹介してオーソ'リティを気取るのでなく、日本での活用についてちゃんとフォローしている良書。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroshi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
ようやくFacebookマーケティング実務書の登場である。これまでのFacebook本の多くが概念的に流れ、日本での事例紹介も少なくて、マーケティング&広告宣伝担当者にとってはFacebookを使いこなすための情報が不足していた。Facebookへの過剰な期待とは逆に実践的なノウハウは欠乏していたのである。しかし、本書には実務者の疑問への答えが具体的に記されている。マーティングコンサルタントである池田紀行氏の執筆・監修だけあって、マーケティングの流れに沿ってFacebook活用の方法が紹介されている。

マーケティング目標を達成するための「手段」として広い視野からFacebookを位置づけているところが優れている。ソーシャルメディア全体が俯瞰できるのもありがたい。日本の現状におけるFacebookのメディアとしての強みと弱みを指摘している。Facebookの特徴である、ユーザー属性がわかるのでターゲットごとに訴求できる、中長期的なファンづくりに適している、効果データが詳細に入手できるのでPDCAが実施できる、等の強みを生かしたマーケティング手法が具体的に述べられている。また広告目標を明確に設定しKGIとKPIを測定しながらPDCAを回すことの重要性が強調されている。あくまで「広告目標を達成するためにFacebookを活用すべし」との著者のマーケッターとしての姿勢
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Facebookマーケティングの概要や効果測定について具体的に触れており、Facebookの基本的な情報やマーケティングの概要を理解するには十分な本です。Facebookを企業で活用する場合に、運用部門やウェブ管理部門、広報部門。制作会社のディレクターやプロデューサーが読むべき基本書にうってつけだと思います。

特に第4章〜第5章のマーケティングの実践・効果測定は、Facebookの基本情報が大体分かっているのならここだけ先に読んでもいいと思います。
第6章の企業活用事例は日本企業に特化していますが、もとよりウェブサイトをフル活用している大手ばかりです。これらの企業はウェブサイトやSNS運用にかけているコストの桁も本気度も違います。だからこそFacebook活用において実感できる“効果”が得られるという側面も否定できません。

しかし、成功例をまとめて読むことで「どういう目的や意図をもって取り組んでいるのか」「何をもって成功としているのか」「どのような体制や対応が必要なのか」といったエッセンスは得られるかと思います。共通しているのは、どの企業も必ず目的を持って、必要な運用体制を作り、きちんとマーケティングと効果測定をしているということではないでしょうか。これは企業の規模を問わず、成果を得るために必要かつ不可欠のファクターだと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告