通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Facebookをビジネスに使う本 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Facebookをビジネスに使う本 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/6

5つ星のうち 3.2 52件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Facebookをビジネスに使う本
  • +
  • Facebookを集客に使う本
  • +
  • YouTubeをビジネスに使う本
総額: ¥4,706
ポイントの合計: 143pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「なぜ、ある日本のアパレルブランドは半年で13万人のファンを集めることができたのか」

先端15社の事例に学ぶフェイスブックのすごい活用法!5億人が参加する世界最大SNS「フェイスブック」の実践研究家が書いたビジネス活用するための本。


最新情報でわかる活用法!ケタ違いの集客力をもつフェイスブックを使いこなそう!

・年商を毎年20%アップさせる「好感アクセス収益モデル」
・ファンの関心をとらえて放さない「3つのC」
・ユーザーをピンポイントで狙い撃つ「ターゲティング広告」
・世界中で話題騒然となった「ソーシャルプラグイン」とは?
・人気のファンページはどのように作ればいいか?
・1人25円のコストでファンを集める方法とは?
・すごい集客を実現した企業の具体的な活用法は?
・ ファンの分析に役立つ「インサイト」とは?

フェイスブックの成功事例満載!こう使えば、集客できる!!

・キャンペーンガールを「いいね!」で投票
・新商品のアイデアを募集し、審査過程をリアルタイムで配信
・大がかりなジョークでファンの心をつかむ
・フェイスブックの友達に紹介してくれれば、特別割引
・写真機能を活用して新着物件情報をファン全員に知らせる
・「フェイスブックのファン限定グッズ」を販売する
・「いいね!」ボタンの真下に動画を配置してファン化を促進
・「掲示板」でファンを盛り上げて販売につなげる

内容(「BOOK」データベースより)

成功の事例満載、最強の集客ツール「フェイスブック」のすごい活用法15。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2010/11/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478015147
  • ISBN-13: 978-4478015148
  • 発売日: 2010/11/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
事例が紹介されているが、正直ググれば入手できるような内容ばかり。
レポート程度。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
たくさんの高評価があるので購入してみた。
外国の成功例は参考になった。
では具体的にどうやって、設定し、どのように構築していくのかはさっぱり分からなかった。
初心者向けではない。
初めての人はイロハから解説してある本の方が有用である。
買い直しが必要になった。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TT 投稿日 2011/6/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
どうしてここまで高評価が多いのかが分からない。
実践的な解説には、ほど遠い内容である。
終始、一般的な説明に止まっていて、期待されるほどの情報は得られない。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Facebookを全く知らない。けれど知りたいという方にはオススメです。
ただ,すべてを真に受けてはいけません。

例えば,あなたが経営者でこの本をもとにビジネスを展開したいのであれば,
真っ先に考えなくてはいけないのが,ファンを誰に設定するかです。
また,今の顧客をファンになってもらうのであれば,Facebookなどのメディアへの
関心度合いはどうかなどではないでしょうか。

この本には,確かに具体例が書かれていますが,果たして本でなくては取得できない
情報でしょうか?また,繰り返しが多いのと無駄に画面イメージが多すぎます。

繰り返しと画面イメージで200ページ弱であれば,内容を精査すると30ページにも満た
なくなるかもしれません。そこが非常に残念です。

せっかく,本にするのであれば数社の具体例だけではなく,今の現況や各企業サイトを
解析して,どのような方向にFacebookは発展していくのかなどを織り交ぜたほうがより
内容が充実したかと考えます。
※若干の記述は見られますが,弱く読者の印象に残るかどうかが心配です。

以上が感想です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
非常に内容の薄い本でした。ほとんどネットを調べれば出てくる内容です。

最近、Facebookやtwitterのブームに乗じて、その紹介をする出版やセミナーで
著者のブック・ブランディングを行い儲けようとする人が多いですが、この本もその類のもの。

昔は本を出版するというのは並大抵のことではなかったので、本の著者には相当な専門性と権威がありました。
ところが今は「ブームになっているものを人よりちょっと勉強しただけ」で誰でも出版できてしまう時代。

読者はただFacebookやTwitterに関心があるだけでこういう本を買ってしまうのですが、
出版までするのであれば相当の調査や考察を記した内容のものを出してほしいものです。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 ダイヤモンド社から、本書が刊行された直後、
週刊ダイヤモンド1月29日号はfacebook特集を組み60頁で、この著者と前書を大絶賛した結果、
無名のオバ3だった著者が、ネットで収集できる情報を集めただけの前書は大ブレークしてしまった。

『もしドラ』でも勝間本でも使った当手法、つまりダイヤモンド社から駄本を出して、
直後に週刊ダイヤモンドが自社刊行の駄本を売る特集を組む手法でダイヤモンド社はベストセラーを連発している。
 これだけでも許せないのに、今回は続編駄本まで出版したので、この悪行を指摘することにした。

 週刊ダイヤモンドさん、自社駄本を宣伝するのは構わないが、記事ではなく「広告で」やりなさい。
facebookの良書は巷に沢山あるのだから、記事にするなら、他社の良書を紹介しなさい。

 ダイヤモンドさん、前書と本書のように、ネットで収集できる程度の情報を出版するのは、もう
おやめなさい。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
期待していただけに残念です。
これで、爆発的にファンページにファンを増やすのは難しいのではないでしょうか。

基本的に、フェイスブックを使って成功した海外の事例を元に、何をやったのかが簡単に説明されている本です。

そもそもご自身の例ではないので、全然結局何をしていいかが分かりません。
他人の例の解説なので、一つ一つがとても薄いです。

色々な例を示して、色々な人が使える本にしたっかたのでしょうが、これでは誰も幸せになれないでしょう。

タイトルや告知文に内容がついてきていない本でした。

じゃあ結局どんな本なの?と問われれば、
『ツイッターの海外での成功事例を元にしたヒント集です』
という回答が一番正しいのではないでしょうか?

ツイッターでの集客のヒントを知りたいです!という方にはおすすめですが、
この本で、ガッシガシ集客したいです!という方にはおすすめできません。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック