新品の出品:3¥ 165,193より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

FULCRUM(フルクラム) RACING ZERO NITE レーシング ゼロ ナイト ホイールセット シマノ用 [並行輸入品]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
| 4人が質問に回答しました

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 165,193より
  • シマノ 10/11s
  • 重量 フロント:607g リア:813g(カンパ用)
  • リム:クリンチャー、アルミ製トリプル切削 プラズマ酸化電解処理
  • ハブ:カーボンボディ、アルミフランジ、USBベアリング
  • プラズマ電解酸化処理FWボディ(HGのみ)

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


商品の情報

詳細情報
ブランドfulcrum フルクラム
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB00VY5YN5S
おすすめ度 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 47,566位 (ベストセラーを見る)
発送重量4.1 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2015/4/11
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

FULCRUM RACING ZERO NITE

フルクラム レーシングゼロは、これ以上改良の余地がないほどの高い性能を持ち、 
長い間ロードレース用アルミ製ホィールのスタンダードとして存在してきました。 
しかし、フルクラム研究開発部門のエンジニアたちはこれに満足することなく、さらに進化させようとあくなき努力を続けています。 
現行のレーシングゼロは世界中の多くのライダーから賞賛され、信頼されてきました。 
そのような優れたホィールを進化させるのは非常に困難な作業でした。 
すでに獲得されている高い性能と耐久性をより高めていくことはほとんど不可能にも思えました。 
その中で見つけた、頑丈で信頼できる構造を維持しながら、先進のパフォーマンスを獲得するひとつの方法がブレーキ性能の向上です。 
数え切れないくらいの試作、テスト、研究が積み重ねられ、ついにレーシングゼロの優れたパフォーマンスを引き継ぐ、 
最新のソリューション「レーシング ゼロ Nite」が生み出されたのです。
・プラズマ電解酸化処理 
・新しいブレーキ面 
必ず付属している専用の青いブレーキパッドを使用してください。 
・前後で異なるリム・ハイト 
・USB™ベアリングを採用した、カーボン製ハブ



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

数多くのホイールを検討し、最終的にマビックのSLR、カンパのミレの3本に絞りましたが、評判のレーゼロナイトを選択し購入しました。
まずコスパですが、当然ノーマル版には敵いません。コスパ重視の方は迷わずノーマル版を買ってください。
NITEはリム全体が艶消しブラックリムです。マビック同様?の特殊加工により表面硬度が更に強化されているのですが、その加工によって外見が非常にカッコ良く、モチベーションをUPさせてくれます。タイヤと一体化し、まるでディープを履いてるかのよう。
自転車部品は性能を追い求めればキリがなく、必ず趣味の領域へと突入します。(オーバースペック)
私はこの外観だけでノーマルとの価格差の価値があると判断し、購入に踏み切りました。ノーマルとの価格差に正直悩みましたが、奮発して正解でした。
ブレーキの効きですが、ウェット場面で大きな効果を発揮します。通常の乾燥路では効きに違いはないと思います。シューが調整不足だと、坂道でフルブレーキした際、クワァ~っと鳴く時があります。付属の青シューが無くなったらシマノカーボン用に変更する予定です。

肝心の乗り心地ですが、入力に対する即応性があり、リム部も軽く、レスポンス良好。かといって、テンションはガチガチでないです。マビックSLRもそうですが、最近のトレンドなのでしょ
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
登りのアタック、平坦の伸びもかなり高くて性能面は最高なんだけど、良すぎて自分の限界まで脚を使ってしまう。ペースマネジメントを掴めばかなりいい武器になると思います。
デュラC25が乗り手を気遣いながら走るホイールだとすると、レーゼロは乗り手のスタミナをごりごり使って加速する攻撃的なホイールだと感じました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告