新品の出品:1¥ 174,420より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

FULCRUM(フルクラム) RACING ZERO レーシング ゼロ ホイールセット シマノ用 [並行輸入品]

5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 174,420より
  • シマノ 10/11s
  • 重量 フロント:607g リア:830g
  • リム:クリンチャー、アルミ製トリプル切削
  • カーボン製ハブ・ボディー,USB™セラミック・ベアリング,新型のオーバーサイズフランジ
  • プラズマ電解酸化処理FWボディ(HGのみ)

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more



商品の情報

詳細情報
ブランドfulcrum フルクラム
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB00OZWJ51O
おすすめ度 5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 140,161位 (ベストセラーを見る)
発送重量3.3 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2015/6/2
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

FULCRUM RACING ZERO

アルミ製ホィールの最高峰として人気のレーシング ゼロもリニューアルされました。 
新しいフロントハブは、スリムで小型の形状になり、性能を維持しながら軽量化を実現しました。 
リアハブはオリジナル・バージョンとほぼ同等のものが使われています。 
フロント、リアともにオーバーサイズフランジを採用し、ねじれに対する剛性やパワー伝達の向上に大きく貢献しています。 
また、カーボン素材も軽量に一役買っています。 
USBセラミック・ベアリングが採用された回転性能も特筆されます。 
前に進もうとする貴重なエネルギーを無駄にすることなく、非常にスムーズに回転します。 フロント26mm、リア30mmと前後で異なるリムハイトは、繰り返し行われたテストでその優れた性能が証明されています。 
リムにはトリプル切削が施され、軽量化を実現しながら高い剛性を実現しています。 
まさに、最もレースに適したホィールといえるでしょう。

 


 
  • シマノ 10/11s
  • 重量 フロント:607g リア:830g
  • リム:クリンチャー、アルミ製トリプル切削
  • カーボン製ハブ・ボディー,USB™セラミック・ベアリング,新型のオーバーサイズフランジ
  • プラズマ電解酸化処理FWボディ(HGのみ)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

WH-9000-C24と使い分けて使用しています。
同じクラスのライバルな2本ですが、面白くも性格が全く違う2本だと思います。
軽さを武器にゼロ発進時・登りに強いWH-9000ですが、私個人としては比較的おとなしめの性格だと感じています。
対してフルクラムレーシング0は剛性の高さと良く回るハブから、大袈裟に表現すると地面を蹴り飛ばすようなダイレクト感ある加速・走りをしてくれます。
もう楽しくてしょうがありません。
実際、下り・平地はレーシング0の方が速いですし、何よりも楽しいのです。
剛性からくる疲労感がでやすいと批判される事も多いのですが、それすら凌駕する魅力を持っています。
一般的に1本しか持てないならWH-9000-C24がお勧めと良く聞きますが、私はフルクラムレーシング0です。
実際、私の場合、WH-9000はヒルクライム専用になっており、常用・オールラウンドがフルクラムレーシング0です・・・と言うよりほとんどレーシング0です。
重量や数値に現れずらい楽しさ・速さもありますので、購入の際は是非それらも加えていただけると良いかと思います。
ちなみにコンポは全てdura-ace9000なんですが・・・ホイールだけはレーシング0を譲れない(笑)
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
23Cタイヤを使用したかったので、2016年11月上旬にこのC15モデルを購入しました。在庫はあと少しのようでした。
25Cタイヤをお考えの方は2017年C17モデルのワイドリム版を購入されたほうが良いと思います。
2016年モデルはハブステッカーが白字でUSB、2017年モデルは黒字でUSBと記載されていることから見分けることができます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Bull 投稿日 2016/5/28
Amazonで購入
前後で1720gのホイールからの乗り換えです。
まず、登板性能が抜群です。坂を含むロングライドで疲労を軽減してくれます。ゆっくり登ればの話ですが。また、ヒルクライムでも活躍できます。
ダンシングが楽しくなります。
平地ですが、漕ぎ出しやスプリントをかけるときに効果を感じることができますが、平地を35km以上の速度維持という意味では1720gのホイールでもそんなに変わりません。
しかし、10万円以上払ってでも買う価値があるホイールだと感じています。このホイールを買ってからわざわざキツイ坂を登り達成感を味わう事が快感になってきました。今まで平地ばっかを走っていた自分では考えられないくらいの価値観の変化です。
良いホイールは人の価値観を変えてしまうのかもしれません。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
かなり高剛性でハブも良く回るホイールです。
そのため加速が素晴らしく、時速30キロまでがあっという間です。
ペダリングは高トルクでも高回転でも気持ち良く反応してくれます。
コーナーにおいても、ホイールでこんなに変わるのかと思うくらい車体をコントロールできます。
ヒルクライムも高剛性と回転の良さが貢献してくれるので、普段以上にラクに登れるようになりました。
ただ剛性が高いぶん振動をよく拾います。私の自転車が高剛性なカーボンフレームなせいか、時速40キロ以上で荒れた舗装路を走行すると突き上げがキツいことがあります。
そのため、リラックスしてツーリングをしたり、200キロを越えるようなロングライドをするのには向いていない可能性があります。
私は乗り心地よりスピード重視なのでこのホイールは本当に素晴らしく思います。
このホイールを購入したおかげで自転車に乗ることがさらに楽しくなりました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
WH-7900 DURA-ACE C24-CLから、RacingZeroに交換しました。
DURAとの比較(タイヤはVittoriaOpenCorsaCX3を付け替えて比較してます
縦剛性  ZERO > DURA
横剛性  ZERO > DURA
疲労度  ZERO > DURA(ZEROのが疲れる、という意味で)
平地巡航 ZERO > DURA
下り    ZERO > DURA(箱根からの下りでは、軽く10km/h変わります。剛性が高い証拠。
上り   ZERO = DURA(あまり変わりません)
旋回性 ZERO >> DURA(これが一番の驚き。横剛性って大切だと思った瞬間でした

とにかく踏んで気持ちよいホイールです。
コーナリングと下りは、恐ろしく速く走れます。
トップスピードこそディープホイールにはかないませんけど、コーナーだけならこれのが速いのでは?

疲労度については、ZEROの方が疲れるというのは事実だと思いますけど、それも慣れだと思います。
1000km走りこんだら、DURAと同じような疲労感で走れるようになりました。

はじめは縦剛性の高さに「筋肉負荷が。。。」と思いましたけど、走りこん
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー