アラバマ物語 [DVD] FRT-155 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アラバマ物語 [DVD] FRT-155

5つ星のうち 4.7 89件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 796 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、WEST onlineが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でアラバマ物語 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アラバマ物語 [DVD] FRT-155
  • +
  • アラバマ物語
  • +
  • To Kill a Mockingbird
総額: ¥3,370
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロバート・デュヴァル, ジョン・メグナ, グレゴリー・ペック, フィリップ・アルフォード, メアリー・バダム
  • 監督: ロバート・マリガン
  • 形式: Black & White, Subtitled
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ファーストトレーディング
  • 発売日 2006/12/14
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 89件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000M06G24
  • JAN: 4560285901554
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 173,764位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

1932年、アメリカは不況のドン底だった。アラバマ州メイコムという小さな町に、男やもめの弁護士アティカスは住んでいた。家族は彼と幼い子供たち、息子のジェム、娘のスカウト、それに家事全体を切りもりしている家政婦の4人だった。一家は静かな幸福な日々を送っていた。近所には狂ったブー・ラドレーが父に監禁されていた。ある日、農夫ボブが、娘が黒人の作男トムに強姦されたと保安官に訴えた。判事は罪を否認するトムの弁護人に、アティカスを指名した。町の人々は黒人を弁護したらただではすまぬと、アティカスに警告した。アティカスは不正と偏見を嫌い、何よりも正義を重んじる男だった。ジェムとスカウトは、気狂いのブーを見ようとラドレー家へ忍び込んだ。しかしブーに発見され逃げ帰った。そのうちにスカウトとジェム宛ての贈物が、ラドレー家の前の木の穴に置かれるようになった。このようにして月日は過ぎていったのだが…

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
原題は「TO KILL A MOCKINGBIRD」。子供の視点から見た父親の姿と差別や偏見など大人の社会の現実を、誰もが過ごした懐かしい子供の頃の思い出として描く秀逸な感動作である。観終わった後の余韻が素晴らしく、昔から大好きな映画の一つである。冒頭のシーンからとても良くて、懐かしい子供時代にふっと惹き込まれる。父親が大好きで伸び伸びといろんなことに興味を持って、些細な!大冒険をして毎日を当たり前のように過ごしていた子供の頃が懐かしく思い出される。スカウトのように私は活発な少女だったし、アティカスのように父は厳しくも優しい誠実な人柄だった。そして『人には苦労を負うよう生まれついた人もいる』、というような人でもあった。アティカスは苦労するとわかっていても、信念に従って闘うべき時に闘うことができる真の勇気を持った立派な人だ。この作品を観るとスカウトが私の子供の頃にそっくりだと母が笑う。自分でもそう思うし、アティカスもまた父にそっくりだと懐かしい。(もっとも幼い頃は、近所のイジメっ子によく泣かされて帰って、部屋の隅っこで独りおとなしく本を読んでいる、という引っ込み思案なところもあったが)

この作品で語られるアティカスの教えの数々はどれも深くて真っ当で素晴らしい。なかでも一番印象に残る教えはマネシツグミの話だろう。この映画の核心であり、謎の隣人、ブーと共に物語の重要
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
名作中の名作である。アメリカでも人種差別の強いdeep southの州であるアラバマ州を舞台にして二つの差別を描いている。一つは黒人に対する差別、もう一つは同じ白人でも少し知能の面で欠陥を持った人間への差別。本題は”物まね鳥を殺すには”となっており、他人の発言を鵜呑みにすることの危険性を警告したタイトルであり、その内容である。
弁護士の父は子供に決して他人の言うままに差別をしてはならないと教えている。この部分はグレゴリーペックの人格ならびに風格と相まって観る者の共感を得ている。そして父はまた相手に愛情を持って接すれば相手も愛情を持って答えてくれるという性善説を説くのである。
実際の世間は映画のとおりではないかもしれない。しかし少なくとも悪意を持って接すれば決していい結果を産まないことも事実である。それゆえ父親は性善説で接する事の重要性を子供達に教えるのである。その結果、精神に異常を来していると考えられたお化け屋敷の主からは彼の誠意が届くのである。
人を差別を持たずに付き合うことの重要性をこの映画は説いている。そしてその結果は決して絶望的では無いことも教えている。素晴らしい人間愛を歌った映画である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ナッツ 投稿日 2016/2/21
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
作家のハーパー・リーさんが亡くなったとのニュースを聞き、27年前に原文で読んだ「アラバマ物語 To Kill a Mockingbird」を見たくなり、初めて映画を見た。当時、よく理解できなかったことが、映画だと、簡潔でよく分かった。正義の味方のお父さん、人種差別があり、黒人を弁護することが、白い目で見られることを分かりながら、正義を貫き、ロビンソンを弁護。子供たちも父親の戦う姿、そして、正義を貫く姿を見て成長する。道徳的にも良い映画だ。相当昔の白黒映画にも関わらず、画面はクリアで臨場感も溢れていた。すばらしい映画だった。ありがとう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
Gregory Peckが演じたAtticus Finchは先日行われたアメリカ映画協会の歴代映画のヒーローの投票で1位に選ばれました(2位はIndiana Jones, 3位はJames Bond)。とても嬉しかったです。
初めてこの映画を見たときは涙が止まりませんでした。そして何回も見直した今では、思い出しただけで涙が出てきます。
子役がとても可愛いです。Scoutを演じたMary Badhamはその後もずっとGreg Peckと親しくしていたようで、前述のアメリカ映画協会のLifetime Achievement AwardがPeckに贈られた時の授与式に招かれていました(もう大人になっていた!)。スピーチの中で彼女は、『彼はいつまでも私のアティカスなのです』と語って、涙ぐんでいました。とても感動的でした。
日本では『ローマの休日』のGregory Peckが有名ですが、この映画ももっと知ってもらいたいと思います。人間のあるべき姿を体現したAtticusは実際のPeckに最も近い人物ではないでしょうか。
無実の黒人青年を助けようとするAtticusが法廷を去るとき、長い裁判に疲れ果てて座り込んでいたScoutに黒人の牧師さんが、ジーン・ルイーズ・フィンチ(Scoutの本名)、立ちなさい、お父様が退廷される、と諭すところは素晴らしい場面です。
映画史上、最も素晴らしい作品の一つだと思いますので、みんな見てね!
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す