通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
FRONT MISSION DOG LIFE & ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(6) (ヤングガンガンコミックス) コミック – 2010/9/25

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(6) (ヤングガンガンコミックス)
  • +
  • FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(7) (ヤングガンガンコミックス)
  • +
  • FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(8) (ヤングガンガンコミックス)
総額: ¥1,707
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

出撃、狂気の女王。

巨大な“人形”が天空より放つ、死の接吻。地獄の業火が、地を這う羊の群れを飲み込んでゆく。…クイーン・オブ・マッドネス――死を誘う者の名。生き残った羊どもに、活路はあるのか――。


登録情報

  • コミック: 220ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2010/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757530064
  • ISBN-13: 978-4757530065
  • 発売日: 2010/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
相変わらず、原作と乖離してますが・・・敵ヴァンツァーの性能が異常ですがな。

ともかく本題に。
羊飼いですが艦砲射撃を利用して敵陣に潜り込んだのはいいのですが何やらきな臭い感じ。
作中でも指摘されてますが捕虜救出だけなら極力隠密行動で戦闘を避ける筈なのですが・・・

オマケに敵のワンマン・アーミーなヴァンツァーにはコックピットには弟の新らしき人物が・・・羊飼いにとって本当に救いようがないです。
しかもその新が「恐怖を感じない体質」で戦場に出向いている描写が・・・羊飼いに待ち受ける運命が苛烈極まりない事が想像できます。
関わりのないと思われたタミラ中尉も弟と関わりがあるとは・・・この物語の着地点が読めない。
小暮少佐も蒸発してしまったし。

あと羊飼いの帰還は次の巻に続くので楽園の果実を抜いて最長の物語になりました。
次の巻が待ち遠しいです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
戦争の犬共の話6巻目。
戦争の話なのでどう転んでもハッピーエンドは無いんで逆に安心して読める。
本編の主人公常木さん、羊飼いさん非常にさえない感じの天パーのっぽ。
弟がストパーでややイケメン。この兄弟の再会がキーポイントなんですが。
弟さんのヴァンツァー強すぎ。サーモバリック燃料気化爆弾(戦術核の次に強力)を撃ってきます。
ジャングルにキノコ雲が上がる場面は見応え有り。地獄の黙示録の様だ。
で、さえない兄貴は羊の群れと共に電磁ナイフ一本で立ち向かいます。どうなんねん。

師匠?太田垣氏ゆずりの絵柄で非常に読みやすいです。
本家のゲームの方が残念無念ぽいのでこっちがオススメです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック