Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 272
(税込)
ポイント : 126pt (46%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[太田垣康男, C.H.LINE]のFRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
Kindle App Ad

FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(デジタル版ヤングガンガンコミックス)の10の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 272
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,980 ¥ 1

紙の本の長さ: 216ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

それはおぞましく、惨たらしく、そして、あっけなく…。戦渦に転がる真実の欠片をあぶり出す戦場オムニバス第1巻。格好いい戦争など、ありはしない。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 60196 KB
  • 紙の本の長さ: 216 ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2007/10/25)
  • 販売: 株式会社スクウェア・エニックス
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00D8WWNDO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
だいぶ昔に、ゲームの方もやりました。面白かったという記憶はありますが、昔の分よく覚えていません。その為、第一話を読んだ時に、うろ覚えの世界観の中で、シリアスな話が始まって、素直に入れたのだと思います。

四巻まで、出る都度に、即購入していますが、それはやはり、第一話の衝撃が後を引いているのでしょう。いつもと違う、不穏な空気が重なり、ついに勃発する戦争。面白がって敵兵を殺す兵士。崩れる建物にあたって砕ける人体。それは本当の戦争であれば当たり前。実写の戦争映画、ドラマでは、演技者の体は、ズタズタにする訳には行きませんが、青年誌の漫画マンガというメディアで連載されていることから、結構突っ込んで書いています。
そんな非日常になだれ込んでいく状況から、必死に正気を保とうとする第一話の主人公たち。戦争状態に入った島から必死に脱出しようとするも、突然に訪れる結末・喪失感。読後、すぐに、二、三度読み返しました。

その時の衝撃の影響で、ついつい、その後のシリーズも読んでいます。どうしようもない状況の中、かすかな望みが残る話、更にドス黒くなっていく話と様々なストーリーがありますが、いつも共通するのは、こんな戦争に巻き込まれるのは絶対に御免だ。」という思いです。
カッコいい戦闘シーンばかりで、ボロボロになって死んでいく負けた者や、民間人の姿な
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まずゲームのフロントミッションをこの作品に求めている人にはお薦めはできないと思います。
かっこよくも苦悩するパイロットの姿はありません。
戦場を舞台にしてそこに望むと望まざると身を置くことになった人々の凄惨で現実的な姿が描かれています。
映画のプライベートライアンにロボットが登場する・・・そんな感じの作品です。
なんだか不評のような書き方になりましたが、ノンフィクションのようなフィクションの上に考えさせられるほど現実的な人間模様を描いている作品です。
「さすが太田垣先生!」と私としては大絶賛(していいのかすら考えさせられる)作品です。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きくま 投稿日 2007/11/10
形式: コミック
帯の「格好いい戦争などありはしない。」という文に惹かれ、購入に踏み切りました。
戦争が描かれているので色々えげつない表現も当然あり、全体的に大人向け。
フロントミッションシリーズは知らないのですがこの話は面白かったです。
簡単に目前の人が死んでいく異常な状況下での、主人公の独白が印象深い。

2巻も出るのなら期待です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アカサス 投稿日 2013/5/18
形式: コミック
ゲームを原作としていながら、ゲームやテレビでは決して描かれることがないだろう残虐表現が連発しており、読み手を選ぶ作品です。
例えばゲームだと生身の兵士に重火器をたたき込んでも、なかなか死なないどころか、ゲームから排除されるだけで普通に生きてたりする。
でも、このマンガでは容赦なく、グロく死ぬ。血の詰まったずだ袋が破れるように。
ま、当然ですよね。分厚い装甲を持った兵器が壊れるほどの火力を叩き付けられるんですから。

正直言って、この方面の世界観・生死の描写は原作ではいい加減で酷いもんなんで、この原作無視はよくやったと言いたい。そして、エピソードの質も非常に高い。
ゲーム画面を紙に書き写したようなマンガ版が多い中で、これは完全に原作を喰ってます。むしろゲームの方が、このマンガのためにあったと言える出来映えです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ゲームとは違う世界の話って感じですが、その世界の構築は切り離して正解だったと思います。
ロボット漫画と言うよりリアルでマニアックな戦争漫画として描かれています。
それでもバンツァーといわれるロボット同士の戦闘は迫力満点で文句のつけようがありません。
絶対的な画力と構成がこの作者にあります、他の人には絶対真似できない高みに位置する位なのです。
ストーリーも人間臭く生死の境目にある心情が上手く表現されています
犬塚が僕は透明人間だと言う件は鳥肌が立つほどです。
一点、9mm弾で装甲車のガラスを抜く場面だけは”?”でした、いくらガラス部分でも防弾はされているしましてや9mmパラで抜けるわけ無いですもんね
それでもこれほど高レベルの戦争漫画は他で見ませんし、僕の中では最高得点です
2 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover