¥2,420
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
FPGAマガジンNo.18 Googleも推す新オ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

FPGAマガジンNo.18 Googleも推す新オープンソースCPU RISC-Vづくり (日本語) 単行本 – 2018/2/2


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/2/2
¥2,420
¥2,420 ¥3,451
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • FPGAマガジンNo.18 Googleも推す新オープンソースCPU RISC-Vづくり
  • +
  • RISC-V原典  オープンアーキテクチャのススメ
  • +
  • Interface(インターフェース) 2019年 12 月号
総額: ¥6,740
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

最近注目されている新オープンソースCPU“RISC-V"について,
ARMなどのCPUと比較しながらアーキテクチャについて解説します.
後半ではMAX10とArtix-7の2つのFPGAに実装して
サンプル・プログラムを走らせたり,カスタム命令を追加してその性能を評価します.

★目次

◎仕様の検討からFPGAへの実装,サンプル・プログラムの動作確認まで
☆特集 Googleも推す新オープンソースCPU RISC-Vづくり

[IoTの世界を制するか?]
◎懸念材料もあれど,今後の可能性を期待させるアーキテクチャ
●プロローグ なぜRISC-Vが注目されるのか

[全体像を整理する]
◎登場の背景からRISC-V対応ソフトウェアの状況,FPGA向け実装例まで
●第1章 これでスッキリ! RISC-Vを取り巻く現状

[MIPSそっくり?]
◎ARMやMIPSと比較すると見えてくる設計思想
●第2章 初めてのRISC-Vアーキテクチャ

[CPU設計入門]
◎拡張命令にはどれを組み込むか,ハードウェアをどう構築するか…
●第3章 俺々RISC-Vの仕様検討

[Verilog HDLでのCPU記述例]
◎5ステージ動作でベーシックなCPU設計の勉強にもなる
●Appendix1RISC-VコアのHDL記述の実際

[安価な評価ボードで誰でも試せる! ]
◎評価ボードMAX10-FB基板&Artyで動かす
●第4章 俺々RISC-VのFPGAへの実装

[仕様書どおりに動作するか?]
◎このテストパターンをパスしないとRISC-Vとは言えない?!
●Appendix2 RISC-V検証用テスト・プログラムによる動作確認

[まずはLチカから始めよう]
◎「Hello World !」表示から乗除算命令を使う演算テストまで
●第5章 俺々RISC-Vのプログラム作成

[どんな命令を追加しようか]
◎3×3行列積演算を高速化するオリジナル積和演算命令
●第6章 俺々RISC-Vへのカスタム命令の追加

[Ubuntu上に環境構築]
◎FPGA開発ツールやRISC-V用コンパイラのインストール手順
●Appendix3 ハードウェア&ソフトウェア開発環境の構築

☆特集関連

[創ろう,拡げよう,設計者ネットワーク]
◎本邦初! RISC-Vトラックで5つの講演に注目
●Design Solution Forumへのお誘い

☆高位合成ツールVivado HLS特設記事

[CPUが無くても楽々シーケンス制御]
◎高位合成ツールVivado HLSをI/Oデバイス制御回路の作成に活用する
●ソフトウェアとして記述したCをハードウェアとして動かすには

☆最新技術

[HDMI表示にも対応! ]
◎サンプル・デザインの入手先から開発環境の構築手順まで
●Cyclone V SoC搭載 最新ボード“DE10-Nano"登場! (セットアップ編)

[無線帯域もワンチップで]
◎FPGAにRFクラスのアナログ・テクノロジを統合
●ソフトウェア無線を実現するXilinx社のRFSoC登場

[Enpirion電源ソリューション]
◎低電圧化/大電流化に対応し,より高度な柔軟性を求められる最先端FPGA向け電源
●高性能FPGA用電源の課題とディジタル制御電源のメリット

☆技術解説

[カメラ/LCDモジュールの接続で使われる]
◎スマートフォン内部で使われる高速インターフェースの定番!
●MIPI PHY規格の概要

[Tバイトオーダの領域が使える]
◎Zynq搭載ZedBoard+Spartan-6搭載SATA接続FMC拡張ボードで試す
●Linux上から大容量SATAストレージにダイレクト・アクセス!

[Altera社製デバイス活用編]
◎デジカメとしてもフォトフレームとしても使える
●MAX10-FB基板対応拡張ボードで試すLCD&カメラ

[本家お墨付きのCPUコア! ]
◎Linuxも起動できる本物MIPSコアの無償評価版が自由にFPGAに実装できる!
●MIPS本家から登場 FPGA実装向けコア“MIPSfpga"を動かす

☆コラム

[参加型のFPGA勉強会]
◎FPGAコミュニティ探索記
●FPGAディープラーニング実践懇親会

[いつでもどこでも読める]
●“PDF版"FPGAマガジンのご案内
●読者プレゼント


登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: CQ出版 (2018/2/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789846288
  • ISBN-13: 978-4789846288
  • 発売日: 2018/2/2
  • 梱包サイズ: 25.2 x 17.6 x 1 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 275,333位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう