中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

FKB ふたり怪談 参 (竹書房文庫) 文庫 – 2013/9/28

5つ星のうち 1.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2013/9/28
"もう一度試してください。"
¥ 2,928 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『ふたり怪談』シリーズ第3弾。絡み付く不気味と滲み出る闇を描く幽戸と、色合いを変えて恐怖を炙り出す松村が垣間見せる実話怪談!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

幽戸/玄太
平山夢明に怪談奇人と言わしめ、FKB『厭霊ノ書』でデビュー

松村/進吉
徳島県生まれ。2006年「超‐1/2006」に優勝しデビュー。2009年からは五代目編著者として『「超」怖い話』夏版を牽引する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 222ページ
  • 出版社: 竹書房 (2013/9/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812496675
  • ISBN-13: 978-4812496671
  • 発売日: 2013/9/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 794,845位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 まるい 投稿日 2014/10/19
松村進吉氏はこういう話を書きたいのならば他で書いてくれ
実話怪談を読みたくて買ってこれでは泣けてくる
このシリーズに紛れて自己満足されても困る
このシリーズ、筆者の実力がはっきり分かってそこだけがいいかな。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前回のふたり怪談では、怪談ではないと散々酷評された(私も酷評した一人だが)松村氏が、今回はどんな作品を発表するかを注目していたのだが、やはり今回も怪談ではなかった。月に行ったと主張する人や、十一日間の記憶を無くし、後にホームレスになった人の話を私は「怪談」とは思えない。 また今回の松村氏の作品は、話者自身が精神に異常を来たしてると思われる話が多いが、これもまた「怪談」ではない。
後書きで平山氏本人も「変な人」の話とコメントされてるが、読者は怪談が読みたいのであって、変な人の話ならよそでやってもらいたい。松村氏は作中で他の怪談作家と、将来自分たちの手で怪談実話シーンを牽引してやろうと話した事が紹介されているが、こんな変な人の話を懲りもせず発表しておきながら、はたして本当に牽引などできると思っているのだろうか? だとしたら余りにも読者をナメてるとしか思えない。前作であれほど酷評されても尚、変な人の話で読者を騙すような本を出版する松村氏と平山氏は確信犯的詐欺といえる、今後のふたり怪談に松村氏が参加した際には私は絶対買わない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 りんご 投稿日 2013/10/20
まずは 【誤字脱字】を無くせ!!!
あんたら二人、物書きの仕事してるんやろ?
見直ししてる?
してないやろ。あほちゃう。
誤字脱字があるとな、怖さが半減するんや。
そんな事くらい分からんかな?

星は三つや。内容は悪くない。
でもな、誤字脱字をそのままにして出版して、恥ずかしくないの?
イヤになるわ。
初心に戻って丁寧に仕事せーや。
まっちゃん、かすちゃん、部屋に霊が出るほどの怪談話を書いてみやがれ!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告