FINAL FANTASY XIII-2 オリジナ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 本体、使用感・小キズあり。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,500
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 4,522
通常配送無料 詳細
発売元: アルファバリュー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

FINAL FANTASY XIII-2 オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

5つ星のうち 4.0 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,937
価格: ¥ 4,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 437 (9%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、中日本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 3,455より 中古品の出品:11¥ 1,749より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • FINAL FANTASY XIII-2 オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)
  • +
  • ファイナルファンタジーXIII オリジナル・サウンドトラック
  • +
  • LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII オリジナル・サウンドトラック
総額: ¥10,926
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD-ROM (2011/12/14)
  • ディスク枚数: 4
  • フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
  • レーベル: SMD itaku (music)
  • ASIN: B005OCSUR4
  • JAN: 4988601462624
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 41,477位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

2011年12月に発売予定の人気RPG「FINAL FANTASY」の最新作「FINAL FANTASY XIII-2」のサウンドトラックがゲームに先駆けて登場。作曲は前作から引き続きの担当となる浜渦正志、人気MMORPG「FINAL FANTASY XI」の楽曲を担当する水田直志、さらに「The 3rd Birthday」などを手掛ける鈴木光人の3名が担当。

【初回生産限定盤】CD+DVD

※初回限定盤をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。
※在庫がなくなり次第終了となります。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
今回の音楽はボイス曲が多く、正直好き・嫌いが分かれると思います。
けれど、私はこんなFFも“あり”だと思います。
一つのジャンルにこだわることなく、様々な音楽が楽しめますし、音はやっぱり最高です。
ゲーム中気になっていた歌詞も、プレイした後なら感慨深いものがあります。

ただやはり気になるのは、この箱の造りでしょうか。
もちろん、絵は素敵ですし、ボックスはそれなりにしっかりとした造りです。
けれどCDが入っているケースは、そんなに頑丈そうでないので、すぐに折れが付きそうです。
そして一番のネックは取り出しにくい=聞きにくい。
限定版の冊子はメイン3名の作曲家のコメントが読めて良かったですが、DVDは正直ゲームを
プレイしている身としては目新しいものは無かったです。
そもそも、DVDなので、HDMIの高解像度映像と比べると、やはり見劣りします。
音楽だけを純粋に聞きたいのなら、通常版で十分だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作のサントラよりこちらのほうが好みです。
ゲームをプレイしていない方でも楽しめるのでは、と思います。
このサントラ集は三人のコンポーサーによる合作なので
美しくのびやかな曲、エッヂのきいたカッコいい曲など様々。
バラエティに富んでいて、三者三様の表現でゲームの世界観を創り出しています。
お勧めは"女神の騎士"ですかね。
前作の"閃光"のリメイクともいえる曲ですが、こちらのほうが暖かみがあります。
作曲家である浜渦さんは、製作で悩んでいたときに
日本のみんなが元気になれる曲を、と言われてふとこの曲が頭に浮かんできたらしいです。
そういった側面からもこの曲を聴くのもいいかと思います。

低い評価をされている方もいらっしゃいますが、本当にちゃんと聴いたのか疑いたくなりました。
まあ百聞は一見にしかずといいますから、ご自身で確かめるのがいちばん良いかと思います。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作から浜渦正志氏、鈴木光人氏が続投、それに加えFF11の水田直志氏が参加した13-2のサントラですが
今回ボーカル曲が非常に多いです。そのジャンルも様々なので
ここで好みこそ分かれるのかもしれませんが、出来は文句無しの良曲揃いです。
水田氏担当曲が少し多目ですが、FF11の印象とはだいぶ違う書き方をしています。
FF11が割と落ち着いた曲調だった水田氏ですが、今回は「疾走」をはじめとしてかなり激しかったり
非常にジンとくる書き方をしていたりと感情豊かな書き方をしてると思います。

他の方のレビューに手抜きと書かれていたりしますが、どこに手を抜いた跡があるというのか。
FF13の続編の音楽として何も劣るところは無く、非常に素晴らしい仕上がりに感じました。
ゲーム中でボーカル曲が気に入った方ならマストバイ、それ以外でも気に入った曲があればオススメです。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今回のFF13−2本作をやった方ならわかると思いますが、BGMにおいては以前の作品とは格が違う出来になっています。
たしかに、かつての7や8のようなFFを代表する代名詞的な曲が新しく生まれたというわけではありませんが、
PS3とブルーレイを使って最大に綺麗になったクオリティーを一番引き立てているのはBGMだといって過言ではないでしょう。
BGMのおかげでラスボス戦などで気持ちがとても高まった方も多いと思います。

何かとシナリオや演出などに批判が多いFF、スク○○アエニックスですが今回のFF13-2のBGMは大成功と言っていい出来だと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
13に関してはメロディアスで叙情的な曲が多かったのですが13-2はノリの良いアグレッシブな曲、ヴォーカル曲が多く個人的には気に入りました。
曲のスタイルはロック、POP、オーケストラ、ハードコア等多岐に渡ります。
しかし音量にバラツキがあるのが気になりました
が、内容的には非常に満足しています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
FF13-2は未プレイですが、試聴で気に入ったのでこのアルバムを購入しました。
(FF13のアルバムも未プレイで限定版を購入しています。)

試聴の時点で気に入った曲は「ユールのテーマ」と「疾走」と「ノエルのテーマ 〜最後の旅〜」でした。
たぶんこれらは同じ旋律を違うアレンジにしたものなのだと思いますが、
恥ずかしながら言われるまで気付きませんでした。それぐらい個々の曲として成り立っているのです。

CD4枚を聴いてみると、視聴の時点で私が気に入った系統の曲よりも、
ハウス・ミュージックみたいな曲が多かったですね。
(具体的に言えばFF13の「サンレス水郷」みたいな曲です。)

なのでFFっぽくないと言えばその通りです。
“昔ながらのFFっぽさ”を期待するのであれば、がっかりするでしょうし、
“植松さんが退いてからのFFっぽさ”を想像するのであれば、満足するのではないでしょうか。

近作は「終盤までは楽しいがシナリオの結末がひどい」とか言われてますが、
音楽は本当に良いものばかりですので、是非このCDを聴いてみてほしいです。

限定版を買いましたが、保存に困っている状況です。
紙のケースで、出し
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー