FINAL FANTASY ― ファイナルファンタ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品につき、パッケージ・盤面等に多少の傷み・汚れ・日焼け等はありますが、状態は良好です。付属品等は記載が無い場合は欠品している可能性があります。付属品の有無につきましては、御連絡いただけましたら返信させていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,391
通常配送無料 詳細
発売元: ステップ-REIKODO_FBAサービス
カートに入れる
¥ 2,980
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: Cutting Edge Records
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社高木屋
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

FINAL FANTASY ― ファイナルファンタジー ― (スタンダード・エディション) [DVD]

5つ星のうち 2.8 88件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,185 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,919 (47%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Abo Co., Ltd.が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • FINAL FANTASY ― ファイナルファンタジー ― (スタンダード・エディション) [DVD]
  • +
  • ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様) [DVD]
総額: ¥7,835
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ミン・ナ, アレック・ボールドウィン, ヴィング・レイムス
  • 監督: 坂口博信
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Mono, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2002/02/22
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 88件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005UQFR
  • JAN: 4900950208302
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 85,423位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   2065年、人類は30数年前に始まる謎の怪物ファントムの襲来により、滅亡の瀬戸際にあった。科学者のアキは、ファントムの正体が生体反応エネルギーの波動そのものであることを知り、それを無力化する融和波動をもつ8つの生物を探していたが…。
   超人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのエッセンスをもとに、坂口博信監督をはじめとするゲーム・スタッフがハリウッドと手を組んで作り上げたフル3D-CGのSFスペクタクル超大作。皮膚の毛穴まで描きこむといった、実写と見まがうばかりのリアルな映像の連続に圧倒されるが、それ以上に生命の神秘や超自然的なるものへの畏怖などを巧みに織り込んだメッセージ性が際立ち、強烈な印象を与える。
   二進法の技術を徹底的に用いて、論理でわりきれない世界を描出することに腐心。そのため息苦しくもあるが、観終わって心地よい疲労感を残してくれる壮大な野心作である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズを全編CGにて映画化。監督は「ファイナルファンタジー」シリーズ生みの親の坂口博信。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
大好きなDVDのひとつ。持っていたのですが、保存版(宝)として今度は大事にします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
スクウェアの単体存続を危ぶんだ作品として有名な本作が中古で安かったため購入。
ネタバレを含んでおりますので注意してください。

ファイナルファンタジーの名を冠する意味があるのか
この作品をフルCGで作る意味があったのか、
作品の制作自体に非常に疑問の残る作品でした。

◆CG・映像
膨大な制作費をつぎ込んで制作したフルCG映画とはいえ、
10年以上前のCGがどれほど見れるものなのかと構えてみてみましたが、
2013年現在でも映像には違和感がなく素直に見れました。

現在のFFをはじめCGを前面に押し出すゲーム作品のCGと比較すると
同列もしくはやや劣る感もありますが、これはCG技術の進歩が目覚しいためで
本作がまだ一線級であることは費用対効果抜きで考えれば賞賛に値します。

◆設定
CGが優秀な一方でそれ以外がおざなりとよく言われておりますが、
そこに関しては否定できません。

・近未来の地球で隕石の落下後に地球に現れ侵略していく未知の敵
・主役女性のピンチを救った小隊長が恋人で思わず再開
・個性が強いが気さくで腕が立つ部隊員
・未知の敵との徹底抗戦を主張
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画について調べてみると、歴史的な赤字を記録したとありましたが、実際にみてみると最高とはいえませんが、決してつまらない作品ではなかったと思います。
他のハリウッド作品と比べても、とりたててこの作品が劣っているようには思えません。
お話は、ファントムと呼ばれる異星人に地球が侵略され、30年以上が経っているというところからはじまります。
ファントムを力ずくで殲滅したいと考える軍部と、スピリットと呼ばれるものを収集し、
事態の収束を図ろうとする主人公の女性科学者との攻防がメインストーリーで、
この手の映画ではお決まりの、軍人で主人公の元恋人が登場し、両陣営の間に入って話は展開してゆきます。
決して分かりにくい話ではなく、敵の名前がもろネタバレになっているという意外、破綻している所もなかった気がします。
今回、あることをきっかけに何年ぶりかで見直したのですが、SF映画で重要と思われる世界観と登場する兵器類や小道具のデザインにも手抜きがなく非常にしっかりしている印象で、
十年以上が経過した今観ても、また過去の名作SF作品と比較しても引けを取っていません。
お約束の戦闘シーンもエイリアン2を彷彿とさせるところがあり充分に楽しめます。
しかし観ている間、終止違和感が伴います。
わたし
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
~技術は申し分無い。
すばらしい映像表現だし、これが全編CGであるという断りを入れる必要も感じられない。
一見の価値がある。
ただ、シナリオが致命的に悪い。
脅威が何故脅威なのか、何故襲って来るのかがハッキリしない。
そして、全くカタルシスを得られないエンディング
常に売れていたゲームのつもりで作ったシナリオだからだろう。
~~
ゲームの場合、キャラクターを操作、育てるという目的がある為、シナリオが多少悪くても目立たないが、映画はそうはいかない。
2時間なら2時間、観客を椅子に縛り付けておかなければならないからだ。
そして、その縛り付ける鎖は作品の魅力しかない。
~~
エンドクレジットが出るまで、また出来ればスタッフクレジットが終わり場内が明るくなるまで観客を座らせておく為に、映像で、音響で、シナリオで魅了し続けなければならない。
これはそれを改めて再確認させられた作品である。~
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
FF色を出来るだけ引き抜いたFF映画。

 「アキの寝巻きの胸元、民間人のバッグにチョコボのワンポイント」とか「博士の名前がシド」とか、それくらいしか関連性が無い。ガイアという用語もメインに出てくるが、これはスタッフが思うほど世間に浸透しているFF用語ではないと思う(むしろ世間一般でも使われる事があるのでガイア=FFでは決して無い)。

 コメンタリーでは、「最後に地球が汚染されるときにガイアの怒りによって召還獣が空中を飛び回る」というシーンも考案されていたらしいが、結局没になった。制作費や時間の問題もあって、作れなかったのが正直なところだと思う。

 これなら何かデカイモンスターを一匹地球に出現させて、その名前をウェポンにして、そいつのせいで地球が破壊されてしまい、そのウェポンの浄化をどうするかという設定の方がFFらしい(ゼウス砲をメテオ、8つの精神力を注入して作られる浄化装置をホーリーとかにするともっといいし)。・・・ただ、これだとFF7のまんまな気もするけど・・・。

 登場人物はかなり凡人だ。キャラクター一人一人に魂が無く、まるで「やらされている」かのような一般的な性格設定だ。「ヒロイン」「それを守る男」「勝気な女」「力自慢の男」「ムードメーカー的存在の男」・・・この言葉だけで味方の性格を全て説
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー