FAKIN' POP がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯無し。特に問題なく概ね良好な状態です。中古品とご理解の上ご注文お願いします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,268
通常配送無料 詳細
発売元: 仙石オンラインショップ
カートに入れる
¥ 2,273
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

FAKIN' POP

5つ星のうち 4.7 39件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,205 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 941 (30%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、media pandaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の 平井堅 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • FAKIN' POP
  • +
  • 【特典応募ハガキ無し】JAPANESE SINGER
  • +
  • SENTIMENTALovers
総額: ¥7,065
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/3/12)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: DefSTAR RECORDS(SME)(M)
  • 収録時間: 63 分
  • ASIN: B00127ISPE
  • EAN: 4562104044718
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 2,716位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
2
30
3:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
3
30
5:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
4
30
5:54
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
5
30
4:23
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
6
30
3:41
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
7
30
3:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
8
30
5:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
9
30
5:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
10
30
4:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
11
30
5:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
12
30
6:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
13
30
4:47
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 

商品の説明

内容紹介

大ヒットを記録したベスト盤『Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 "歌バカ"』から約2年4ヶ月ぶり、前作のオリジナルアルバムからは3年4ヶ月ぶりとなる通算7枚目のアルバム。
シングル「バイマイメロディー」「哀歌(エレジー)」「君の好きなとこ」
「fake star」をリリース、そして2008年にはドラマ『ハチミツとクローバー』
の主題歌を担当。今回の作品はヒットシングル・タイアップ楽曲はもちろんですが
今回のアルバムに初収録の楽曲もあり、多彩な平井堅の魅力を伝える
充実したアルバムとなります。

メディア掲載レビューほか

平井堅の約3年半ぶり、通算7枚目となるオリジナル・アルバムが完成しました!シングル「バイマイメロディー」「哀歌(エレジー)」「君の好きなとこ」「fake star」や、ドラマ『ハチミツとクローバー』の主題歌として記憶に新しい「キャンバス」他を収録。アルバム初収録の楽曲を含む、充実のラインナップです! (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2008/3/12
形式: CD
平井堅、実に3年3ヶ月ぶりとなるニュー・アルバム。そんなに経っていたのか!と思ったのだが
よくよく考えればベストも出してたし、シングルのリリースもコンスタントに切っていたので
そこまで待った、という気もしないというのが個人的な印象。
そんなわけで日本が誇る純度の高いポップ・メイカーの期待の新作はいかに。

かなりベスト度は高い。というのも05年の「POP STAR」から全てのシングル、またはカップリングがはいっているので
当然といえば当然なのだが、それでもアルバムの流れがキチンと出来ているのは流石である。
前述の「POP STAR」から一気に広がるキラキラした世界観と小気味の良いビートが鳴り響き
そのままアップとバラードを重ねて一気に親への感謝を歌った「写真」へ辿り着く。
或る意味、コンサートを意識した楽曲構成ともいえる気持ちのよいアルバムである。

基本的に自分は平井堅はアルバム・アーティストだと思っている。
シングル単体では伝わりきらない情報や感情などがアルバムで聴くと鮮明になる感じがして。
それと同時に、彼の音楽を軽視している人たちもアルバムで聴いてもらえば余裕で引き込めると思う。
 あと、このアルバムでは同じ曲調が2曲続く事が多い。アッ
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
友人に引きずられるようにライブに行き、「アルバム聴いてくれてない人は呪いますよ〜」の平井氏の言葉に怯えて・・・というのは嘘ですが、生歌に感動して、その日に発注しました。MCも言葉を選んで、選んで・・・お話になる方ですが、やっぱり楽曲も言葉とメロディーを選んで、選んで・・・誠実に作られている方ですよね。アルバムの盛りだくさんの楽曲に対して、皆さん、感動から辛口まで様々なコメントですが、実験的な曲もあり、切ない曲もあり(「キャンパス」はご自身の学生時代を思い起こしながら、「写真」は亡きお父様を想いながら、の作だそうですね)・・一曲一曲これだけいろいろ感じさせてくれるアーティストに対しては、やっぱり「ステキ」としか言いようがありません。ありがとう、平井堅!
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
メロディアスで切なくポップな名曲がベスト盤の様にカラフルに散りばめられていて、「こんな恋愛してみたい!」と、様々な青春シーンを聞く側にイメージさせてくれる、キラキラと爽やかで美しい、ポピュラー系音楽の名作品集に仕上がっていると感じます。・・・と、本当のところ賛辞ばかりで占めさせて頂きたい思いなのですが、個人的には、R&Bや2STEP・ハウス等、ブラック〜クラブミュージック趣向のあるクールな平井堅さんが好きになりファンになった人間でもあるので、本アルバム全体を通して聴くのには少し難しさも感じてしまっております。
「楽園」や「KISS OF LIFE」など、3rd〜5thアルバムにかけて主要なR&B系楽曲を手掛けていた中野雅仁さんが離脱されてからというもの、松田聖子さんやサザンオールスターズ、KANさんなど、80〜90年代の純粋で胸がキュンとしめつけられるメロディアスな楽曲が傾向・割合的に増えたのだと感じております。前作は、そういった楽曲とR&Bのグルーヴ・ビート感が見事に調和されていて、バランス・バリエイションに満ちた傑作であると個人的には感じたのですが、本作はメロディーに重点が置かれ過ぎてしまっているせいか、スロウ〜ミディアム系バラードなど、近い雰囲気の楽曲が多く存在してしまっている様にも感じられます。
アルバム発売前にCMやドラマ等、諸々のタイアップで収録曲が
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 コサキン 投稿日 2008/2/20
形式: CD
今回収録曲の1曲である、KAN作詞・作曲・プロデュースの『Twenty!Twenty!Twenty!』

もうかなりの方は知っているとおり、KANと言えば平井堅がもっとも尊敬するアーティストである訳で…
この曲は平井堅自身が長年待ち望んでいて、ようやく実現した神業的ソングである訳で…
なんて言うか、お互いのアドレナリンがドバドバ出てくる感じが、すごく伝わってきます。

渾身の1曲であるとともに、どこか懐かしく、かつキャッチーなダンスポップに仕上がっています。(まさにKen&Kan!!)

もちろんメガヒット級の曲ばかり収録される今回のアルバムですが、多分なんだかんだ言って一番印象に残る曲だと思いますよ。(発売前の個人的予想ですけど…)

ちなみにJ-WAVEの“20th Anniversary Song”第1弾ソングとしてオンエア中です。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック