Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


F.S-ゾンネンシュターン 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7) 大型本 – 2006/9/29


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥ 21,027 ¥ 1,097
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

偏奇な来歴の持主。社会からも歴史からも超然とし、自己の内部の道徳のみに依拠し、月や精霊、或は母胎的・大地的な寓話世界を丹念に色鉛筆で描く——月の精の画家。

著者からのコメント

「骰子の7の目」日本語版刊行に寄せて

画家の明証——瀧口修造 

人は絶えず何ものかに賭ける。しかも、6の目の骰子を振りながら、その実は7の目をもとめているのではなかろうか。画家もまた例外ではない。
 絵画は人間のもっとも古い発見のひとつとして、その平らな面の表現の世界は、人に寄り添う影のように消えることを知らない。それは無重力の宇宙を遊泳しながらも、必死に地上へ帰着、ふたたび二次元の床の上に身をよこたえるようなものか。だが、夢はふたたびあらぬ彼方の次元を飛ぶだろう。
 絵画とは、いまや表現の伝統というよりも、慾望回帰のしるしだとさえ言ってよいかも知れない。そのように、絵画は執拗にも、眼あるかぎりの影像の生活とともにある。
 人が絵画を眺めるとき、絵画もまた人を視ている。そして、この地上の眼差しのなかに、もうひとつの次元からの眼差しに出会うのだ。
 これら、伴侶としての画家たちは、おそらくつねに現実の曇り、矛盾、禁忌を越えて、ひとびとの許へ戻ってくるだろう。こうして絵画は鏡の向うのn次元の明証となるだろう。

増補新版刊行に寄せて

32年後に——巖谷國士

「骰子の7の目」というこの詩的な言葉を、不可能のたとえととることもできる。その不可能を可能にするべく、30年前にはじめてシュルレアリスム画家たちの本格的な個別紹介をめざしたこの叢書は、予想をこえて広く支持されるところとなった。
 なによりも瀧口修造による監修の意味と成果が大きい。日本の唯一のシュルレアリストとして生き、当時ジャーナリズムから手を引いていたこの詩人は、だが本叢書のためにいわゆる監修以上のことをした。挿入小冊子の執筆とデザイン、原書にない巻の企画編集、画家の近況紹介、訳者の選定から訳文校閲まで、その仕事の総体はまさに、晩年(1979年没)のもっとも重要なシュルレアリスム活動のひとつに数えられる。
 選ばれた画家たち—そして訳者のうち幾人かもまた没したが、「骰子の7の目」はいまもなお、実現された不可能、未知、驚異のシンボルにとどまっていることだろう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 96ページ
  • 出版社: 河出書房新社; 増補新版 (2006/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309715664
  • ISBN-13: 978-4309715667
  • 発売日: 2006/9/29
  • 梱包サイズ: 31.2 x 25.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 579,335位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう