通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Fランク化する大学 (小学館新書 お 17-1) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Fランク化する大学 (小学館新書 お 17-1) 単行本 – 2016/10/3

5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 87

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Fランク化する大学 (小学館新書 お 17-1)
  • +
  • 消えゆく「限界大学」:私立大学定員割れの構造
  • +
  • アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 119pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

学生、教員、経営者、すべてが劣化!

教員は見た! 学生、講師、大学経営者、全てが劣化(=Fランク化)する大学の裏側!
「ヨーロッパ」を国の名前だと勘違いする学生、授業中に友人とハイタッチしまくる女子学生、うるさすぎる教室…。学生の質の低下が叫ばれて久しい。しかし、劣化しているのは学生だけではない。
「プロジェクトX」のDVDを流すだけの授業をする講師、学生同士の名ばかりディスカッションでサボる教員。大学経営者は、低賃金で非常勤講師を雇い、浮いたカネで有名人を教授にしたり、有名アスリートを運動部監督に迎えたりする。
2016年3月まで3つの大学で教鞭を執っていた著者が、大学が抱える問題を浮きぼりに。 さらに、よい大学の見分け方も掲載。大学のパンフレットやウェブサイトの見方まで紹介する。

※「Fランク」…元々、大手予備校がつくった言葉で「ほぼ無試験で入学できるランク」を意味する(現在、この予備校では使われていない)。本書では、「Fランク化」を「劣化」の意味で使っている。


【編集担当からのおすすめ情報】
著者の音真司氏は2016年3月まで3つの大学で5年間教鞭を執っていましたが、その前は普通の会社員でした。会社員の目線で見ると、大学は一般企業に比べても、問題だらけだったといいます。劣化した大学がなかなか退場しないからです。本書を読んで、大学選びの参考にしていただけたら幸いです。


登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/10/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098252813
  • ISBN-13: 978-4098252817
  • 発売日: 2016/10/3
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 228,714位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者がされていたのと同じ、複数校で非常勤講師をしているものです。
他人事ではないので、興味深く拝読しました。

同意できるところが多く、ウンウンとうなづきながら読んだ部分もあります。
著者が大学教育に対して真摯に取り組み、その中で問題意識を持たれたこともよく理解できます。
しかし、以下の点は同意できませんでした。

■「一部の大学の一部の状況」を一般化しすぎている
確かに、本当にひどい教育をする先生はいます。しかし、熱心な先生もたくさんいらっしゃいます。
一部の極端にひどい例を多く出している反面、いい例は少ないです。また教育面のいい例は著者の例であることがほとんどです。

そのため、内情を知らない方からは多くの講師がひどい講義をしているようミスリードされるのではと危惧します。
何度も言いますが、現在の大学では教育熱心な先生も多いです。
その中には、著者の方針とは異なる哲学で、異なるタイプの講義をしている先生も見られます。

余談ですが、著者のいい例についても、大学教育に熱心であろう先生であるなら、当たり前にやっていることのように感じます。
さもすごいことのように書かれているのは残念でした。

■Fランクと
...続きを読む ›
1 コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ぱっと見た感じ、Fランク大学批判の本かと思いましたが、読んでみると全く違いました。
「大学に行けばなんとかなる」という程度の低い意識で大学に行く学生、そしてその親御さんに、「大学で学ぶこと」に対する心構えをしっかり持って欲しくて書いた本なのだなと、著者の親心的な人柄が感じられました。元々一般企業で働いていた方なので、感覚も一般の人と近く、共感できる部分がたくさんありました。もちろん、大学のもつ特性は様々で一様には語れませんが、この本のような状況も実際にあるということを、学生、親御さんが知ることが大学のFランク化を防ぐ第一歩になるのかもしれません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者と同じく3大学で非常勤講師をしている。
この本に書いてあるようなことはほとんどない。
モップも飛んでこないし、私語も割と少ない。それ以外でも著者が経験したことの多くを私は経験していない。
確かに私の教えている大学の方が「いい」のだろう。が、私の教えている大学にもいわゆるFランはある。Fランじゃなくてもそんなにレベルの高くない大学ばかり。
著者の経験した大学と私の大学を比べてみると、違いは明らかだ。著者の経験した大学の方が授業が荒れる要素が多いと感じる。
著者は大学、教員の悪いところを指摘していて、それはそのとおりなのだが、その背景には高卒の就職が激減していて大学に行くしかないこと、文科省のやることが現場をどんどんだめにしていることといった大学外部の問題があることにはほとんど触れていない。
よい大学の選び方が最後に書いてあるが、これを見ると、結局、国立大か私立ならマーチ以上じゃないとだめだよね、と思ってしまう。
そういう意味では、保護者や受験生よりも、大学をたたきたい人を喜ばせる本。
3 コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、大学で非常勤講師を5年間務めた著者が、そのご経験に基づき、現在の大学
の様子(主に惨状)と、そのような現状の中で、どのように大学を選べばいいのか
について、ご自身の考えをまとめた本である。

著者のご経歴を見ると、大学卒業後は大手商社に就職し、そこで約15年のキャリア
を積み、在職しながら大学院に通い、最後は博士論文執筆のために商社を辞して、
その後、大学で非常勤の職を得た大変な努力家でいらっしゃる。そのためか、やや
「大学はこうでなければならない」と規範的に捉えているようにも感じられる本で
もある。

書かれていることは、大学の惨状といってもいい内容である。出欠管理を求められる
ようになり、講義に関心のない学生も多く出席しているため、私語がひどく講義が成
り立たないことがあること、教員も手抜き講義を行っていることが散見されること、
その原因として非常勤講師の薄給もあること、専任教員の選考が杜撰であること、保
護者への対応も求められるようになっていること等々が書かれている。さらに、いい
大学選びとしてゼミが重要なポイントであることも書かれている。

少子化で大学の数が増えているため、いわゆる偏差値の低い大学
...続きを読む ›
1 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す