Facebook Twitter LINE
¥ 2,376
通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Explore Intel Edison (英語) ペーパーバック – 2016/7/27


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ペーパーバック
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 4,368
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

The Intel(R) Edison is a remarkable device. It is as small as an embedded processor, but has enough power to allow it to be used as a tiny server. With its built-in support for WiFi, GPIO, I2C and SPI it is a capable IoT device. However, to make use of its unique qualities you have to take a step beyond its simple Arduino emulation and make use of it as itself, in its native mode. This means using the mini-breakout board and dealing with the fact that it is a 1.8V logic device and programming it using C to bring out its full power. Once you know how, this isn't as difficult as it seems at first. The rewards are well worth the effort. Exploring Intel(R) Edison starts with setting it up for the mini-breakout board. Then it looks at the advantages of choosing C as the language in which to program it, showing how to set up the Intel(R) System Studio IoT Edition IDE. Now we are ready to get building circuits and coding. Using the mraa library is the direct way to work with the GPIO lines and we need to master it before looking at ways of making things faster with memory-mapped I/O, achieving realtime facilities with Linux and using pulse width modulation. From here we are able to start connecting sensors - the HTU21D (I2C), DHT11/22 (custom) and the DS18B20 (1-wire). There are problems to overcome along the way - how to convert from 1.8V to work with higher voltages and how to support a 1-wire bus. The final circuit, to add AtoD, uses the SPI bus and implements a software emulation. Finally we look beyond mraa with a Linux-based approach to working with GPIO lines and how to set the GPIO mode.

著者について

Harry Fairhead has been working with microprocessors, and electronics in general, for many years. This is his first book since the best selling The 386/486 Personal Computer: A Power User's Guide. Harry is Editor of IoT-Programmer.com and a regular contributor to I-Programmer.info, where he covers all aspects of hardware.


登録情報

  • ペーパーバック: 202ページ
  • 出版社: I/O Press (2016/7/27)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1871962447
  • ISBN-13: 978-1871962444
  • 発売日: 2016/7/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 1.2 x 23.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 448,439位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち4.0 1 件のカスタマーレビュー
Ludger Suarez-Burgoa
5つ星のうち4.0This book is not for freshmen, but it explains ...
2017年7月31日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています.