中古品:
¥ 648
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ローチケHMV
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 盤面の状態は「良好」です。稀にケース交換をさせて頂いている商品がございますのでご了承ください。ご注文を頂き次第、HMV倉庫より速やかに発送させて頂きます。 ▼▼一般的な注意事項: 国内盤の帯や元々新品に付いていた付属物などは広告物の扱いとさせて頂いておりますので、特段付属する旨の記載がない場合はお付けできる保証はございません。また、こちらの商品は店頭及び、他のサイトでも販売しておりますので、品切れの場合は速やかにキャンセルさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Exile on Main St. Import

5つ星のうち 4.5 93件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ローリング・ストーンズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1994/7/26)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Virgin Records Us
  • ASIN: B000000W5L
  • JAN: 0724383952427
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  DVD Audio  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 93件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 210,515位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
2:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
2:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
2:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
2:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
2:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
5:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
15
30
3:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
16
30
4:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
17
30
4:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
18
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

ROLLING STONES Exile On Main St. (1994 UK Dutch-pressed 18-track CD album originally released in 1972 the album innovatively wove varying musical genres instruments and even artists into a compelling rhythmic masterpiece with guest appearances from an electric array of talent such as Dr. John the late Billy Preston pianist Nicky Hopkins and guitarist Mick Taylor. Includes the singles Tumbling Dice and Happy picture sleeve booklet CDV2731)

Amazonレビュー

   1972年発表、清濁あわせ呑む屈指の大傑作アルバム。アメリカのルーツ的な音楽に取り組む、というザ・バンドと同様のアプローチながら、雰囲気は彼ららしく猥雑でルーズ。全体的にリラックスしたムードながらも荒々しくテンションの高いストーンズ流ブルーズ・ロックが展開される。<7><12>など、聴くごとに味わいが増すような曲ばかりだが、特に<15>から<18>のラスト4曲の起承転結が形容しがたいくらいに素晴らしく、それを思い出すとまた聴きたくなってしまう、という魔性のアルバム。(麻路 稔)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
超有名ナンバーより、これとか、ブラックアンドブルーとか、好きです、ストーンズのコーラス女の声いいです、もちろんストーンズもコーラスいい、ミディアムテンポのダイスを…いいですわ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
このデラックスエディションCDも聞きましたがアナログの感想を。この「ならず者」ならアナログの音圧、素晴らしいです。キースは「史上初のグランジだ」とコメントしていました。 Torn and Frayedが何故か私には一番です。これはミック・ジャガー作曲でしょうか?なんとなく感じたことですが。 ボーナスディスクのGood time womenは「ダイス」のプロトタイプですが、これも含めてボーナストラックもアナログで(贅沢ですが)味わいたいなあ。 といろいろ書きましたが好きな方はぜひ聴いて頂きたい。なお国内盤にはボーナストラックの歌詞もあります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ストーンズといえば、ジミーミラーの4部作(ベガーズ〜本作)が最黄金期というのが現在のデフォルトみたいになっているが、この作品はその集大成というか、ごちゃまぜというか、とにかくグランジィで、アディクトな作品になっている。
この作品をあまり肯定すると、ある意味 (当時彼らがハマってた ~チャーリーは違うかもしれないが)ドラッグ使用を正当化することになるのだが、それでもリスナーも一種バーチャルな幻覚の世界に引き込まれるようなトリップ体験ができる(主観)。
まあ、そのごちゃまぜ感から、ビートルズでいえば、ホワイトに比するという向きもあるし、ジャガーは一貫性に欠けるというが、ある意味、リチャーズのいう "グランジ" という一貫性=コンセプトからすれば、サージェントに対する(超駄作と悪名高い) マジェスティックでなく、本作を対比するという観方をするのもアリかと思う(共に最高傑作とされるし)。
シングルヒットはサイコロ転がし程度しかないけど、その実 少なからずのファンにとっては、超ヒット作が Tumbling Diceほどある。
この作品はストーンズという6decades をトップで君臨し続けている6つの峰があるとすれば、確実にそのなかの一つだと個人的に感じる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: LP Record Amazonで購入
予定日よりかなり早く届きました
盤面も梱包も完璧です。音も良い
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
タイトルが全てですが、正直このアルバムは凄い。
初めて買ったのは10年以上前で、ストーンズと言えば「satisfaction」「paint it black」だった僕にははっきり言って期待外れでした。
それが今回久しぶりに買って聞いてみるとあら不思議!
なんだこの凄いバンドは!味付けが濃いだけのロックバンドなんかもう聞けませんね。この奔放さ、雑多な感じ、それでいて決して外さない本物の実力とブルースへの造詣の深さ。
ただ凄いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ギュッと煮詰まったごった煮濃厚スープって感じです。渋いです。
LET IT BLEEDやBEGGARS BANQUETも大好きんだけど、このアルバムはなんだかスルメのように聴けば聴くほど癖になっていくんですよね。
他のアルバムに比べて黒人ブルース色が濃いアルバムだからかな。
こう、気を張らないでフラットに構えて聴けるのに、いつの間にかのめり込んでしまってるんです。

ストーンズ聴くの初めての方は地味なアルバムだなと思うかもですが、他の名盤聴いた後で聴くとどんどん良さがわかってきます。自分もそうでした。

ストーンズ聴いてると、音楽ってやっぱりテクニックでなくセンスなんだなと感じます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
自分はロン・ウッド時期のストーンズに親しみがある。あのライブ盤「ラヴ・ユー・ライヴ」にやられ、「刺青の男」「ダーティー・ワーク」といった「ダッチ・ロール」時期の彼らのCDを聞いて、今も聞いています。この「ならず者」のミック・テイラー期のストーンズも好きですが、若造としては今のストーンズ(殆どが70代)を支持したいですね。

年配の方からは「わかってない」と批判されるでしょう。ブライアン・ジョーンズ期のストーンズが一番だ、とおっしゃるのでしょうけど、自分は「ヴードゥー・ラウンジ」も気に入っているので。

で、この「ならず者」はやっぱり若いころ聞いて、「スウィート・ヴァージニア」「トーン・アンド・フレイド」「ハッピー」といった曲を気に入りました。MDに焼いてウォークマンで繰り返し聞きました。何がいいというと単純に音楽の質が素晴らしい。「スティッキー・フィンガーズ」もそうですが、黒人音楽が明らかにベースにある。それをもとに独自の世界観を生んでいる。それが素敵に思え、今も聞いています。ミック・テイラー(今、彼は太ってしまいましたが)の演奏も音楽もいい。2010年に「プランダード・マイ・ソウル」等がプラスされ、デラックス盤になりましたが、やはりそれも発売されたころ(そのころ自分は無職だった)買いました。ミック・ジャガーのダビングには賛否あると思いますが
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー