Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 3,218
ポイント : 675pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大村あつし]のExcel VBA 本格入門 ~日常業務の自動化からアプリケーション開発まで~
Kindle App Ad

Excel VBA 本格入門 ~日常業務の自動化からアプリケーション開発まで~ Kindle版

5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 3,218
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,218 ¥ 4,500

紙の本の長さ: 560ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

(概要)
※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。

Excel VBAの経験がほとんどないけれど,しっかり取り組んでみたい方向けの入門書。VBAをマスターするうえで必須の「繰り返し」や「条件分岐」など基礎的なテーマから,配列やユーザー定義型変数などの応用文法,実用的なアプリケーションを作るうえで欠かせないコマンドボタンやテキストボックスなどのコントロールまで網羅しているので,この一冊ですぐに開発が始められます。学習したことをすぐに確認できる200のサンプル付き!

(こんな方におすすめ)
・VBAで実用的なものが作りたい方
・本気でVBAに取り組みたい初級者

(目次)

Part1 基礎編

Chapter 1 マクロの記録とVisual Basic Editor

1-1 マクロとは? VBAとは?
1-2 マクロを含むブックを保存する/開く
1-3 マクロの記録でマクロを作成する
1-4 マクロを編集・実行・登録する
1-5 マクロの構成と基本用語
1-6 Visual Basic Editorの基礎知識
1-7 エラーへの対処とイミディエイトウィンドウ

Chapter 2 VBAの基本構文を理解する

2-1 マクロの記録の限界
2-2 VBAの基本用語と基本構文
2-3 オブジェクトの親子関係
2-4 コレクションを操作する(すべてのブックを閉じる)

Chapter 3 ブックとシートをVBAで操作する

3-1 ブックを開く/閉じる
3-2 ワークシートの印刷プレビューを実行する
3-3 ワークシートを削除する
3-4 ワークシートを表示/非表示にする
3-5 シートを扱うときの注意点

Chapter 4 セルをVBAで操作する

Chapter 5 変数を理解する

Chapter 6 条件分岐を理解する

Chapter 7 繰り返し処理(ループ)を理解する

Chapter 8 対話型のマクロを作る

Part2 実践編

Chapter 9 変数の上級テクニックとユーザー定義定数

Chapter 10 ユーザーフォーム

Chapter 11 基本的な入力や表示を行うコントロール

Chapter 12 選択を行うコントロール

Chapter 13 その他の便利なコントロール

Chapter 14 文字列を操作する関数

Chapter 15 日付や時刻を操作する関数

Chapter 16 その他の便利な関数

Chapter 17 マクロの連携とユーザー定義関数

Chapter 18 イベントマクロ

Chapter 19 エラー処理

Chapter 20 画面表示と組み込みダイアログボックス

Chapter 21 グラフをVBAで操作する

Chapter 22 ファイルの操作

内容(「BOOK」データベースより)

マクロとVBAの違いといった基本的なことから、ユーザーフォームや関数など実用的な内容まで幅広く解説。日常業務にあふれるExcelを使った作業の自動化から販売管理や顧客管理といった業務アプリの開発までExcel VBAを使うあらゆる場面にこの一冊で対応できます。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 116416 KB
  • 出版社: 技術評論社 (2015/5/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00YUCB80U
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 12,773位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
VBAの基本的な操作が網羅されているので、ネットなどで調べても今一ピンと来ない情報を本書で確認する、アプリ作る系の本でさらっと紹介された項目を確認するのに使えるし、パラパラ見ているだけでも、新たな発見があると思われる。
基本と言ってもこの本の知識があればVBAでやりたいことは概ね出来る。
…が、例えば以下のことは載っていない

・ユーザ定義型変数(いわゆる構造体)
・変数の初期値(例えばdate型)

本当に「入門」という感じであるし、しかも職場で事務作業に使うための解説しか載っていない(例えばWaitとか載ってないです)
あと、この本だけではプログラミング能力は向上しないので、他に何かアプリ作る系の本をやるなり、アルゴリズムを勉強する必要がある。

変にカラーでなくて二色刷なのもよい。
3 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
目的は会社の事務作業の効率化。そのためにマクロを学ぼうと決意。

以下の3冊の後に、本書を読んだコメントである。
  1冊目 「Excel VBAの神様」
  2冊目 「完全自動のExcel術」
  3冊目 「エクセルのマクロとVBAがみるみるわかる本」
2冊目、あるいは、3冊目を読んだだけでも、主にマクロ記録で十分効率的なものを作れたが、よりVBAを理解し精度を上げ、
さらにできる幅を広げるために、当初、書店で見た時から気になっていた本書「Excel VBA 本格入門」の購入に至る。

素直に、冒頭にある効果的な学習法に準じ、ダウンロードサンプル利用、また、とりあえず完成させていた
会社の自動作成データ分析の再構築作業をしながら読み進めた。
作業しながら夏季休暇中朝から晩まで丸6日かけて読み終わり、このコメント書き込む。

Part 1は、先に読んだ3冊で得た知識の補完のみならず、Select Caseステートメントなど
役立つ新しい知見の記載も数箇所あった。
Part 2は、Chapter 9~13までを順序通りに読み、その後は、現時点で使う可能性が高そうなChapterからバラバラに読む。
正直、Part 2は、一度読
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
業務(仕事)でテキストファイルからキーワード抽出してExcel集計するを手作業で行っていたいのですが、自動(マクロ)化したいと思いこの本を購入しました。
やりたかったことが一通り網羅されていて役に立ちました。これでコツをつかんだ後はWeb上にある情報でレベルUP
何かしらの言語でプログラミング経験のある方でVBAを使ってみたいという方に適した本だと思います。
(要点、ポイントが適度なボリューム、レベルで書かれている)
※例題はネットからダウンロードできます。(URLは本に記載されています。一通り読み終えてから気が付いた・・・)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
大村あつしさんの本は、「VBAの教科書」に次いで二冊目です。
奇をてらった本ばかり読んでなかなかVBAが理解できなかった私がそれなりにマクロが作れるようになったのは「VBAの教科書」のおかげなので、迷わずに購入しました。
というか、目的は「VBAの教科書」には載っていなかったコントロールの学習だったので、大村さんの「コントロール編」という本とどちらにするか迷ったのですが、Excelのバージョンを考えてこちらにしました。

早速、コントロールの解説を読み始めてまだ12時間ですが、とにかく解説がわかりやすくてていねいで、サンプルも充実していて(200個もあります!)この本を選んで大正解だったと確信しています。
配列とかテキストファイルとの連携とかは、今の私には必要なさそうですが、読んでみてとても興味が湧きました。
恐らく、この本が私にとって最後のVBAの本になると思います。
あとは実践を積むだけですね。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
初級の本や試験対策本を読んでいて物足りないというか、このコマンドはどういう意味なの?って疑問を持たれる方は、この本で突っ込んだ学習をすれば解決すると思います。
何の知識もないのにいきなり読み始めると挫折する方も出るかもしれません。
サンプルファイルには、プログラムがすでに組まれているので、別ファイルにしてプログラムを消去して一から自分で入力して動作を確かめる方法をとった方が簡単な間違いでコンパイルできないケースによく直面するので、お勧めです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover