通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
For Everest ちょっと世界のてっぺんまで がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】ページ側面にヨゴレがあります。カバーにヨゴレ・キズ・イタミがあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

For Everest ちょっと世界のてっぺんまで 単行本(ソフトカバー) – 2011/8/20

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 96

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • For Everest ちょっと世界のてっぺんまで
  • +
  • 全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)
  • +
  • 最後の冒険家 (集英社文庫)
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 52pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「2011年5月20日午前6時12分、10年ぶりにエベレストに登頂しました。頂上は快晴無風。」

石川直樹、10年ぶりのエベレスト登山日誌。

10年前にエベレストの頂上で湧き上がった小さなひとつの思いを実現させるために……。
写真家・石川直樹が、ふたたび世界の頂に立つまでの、約半年間の克明な記録。

内容(「BOOK」データベースより)

2011年5月20日午前6時12分、10年ぶりにエベレストに登頂しました。頂上は快晴無風。―1月、高所順応のためエベレスト街道へ。2月、南極へ。3月、震災直後の被災地へ。そして5月、10年ぶりに世界一の頂へ。写真家・石川直樹は、歩き続けた。半年間の足取り、その克明なドキュメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 148ページ
  • 出版社: リトル・モア (2011/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898153178
  • ISBN-13: 978-4898153178
  • 発売日: 2011/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98,659位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
彼が、写真家、冒険家として「この地球を受け継ぐ者へ」を上梓してから10年が経ち、
あの頃の若さという原石な輝きが、時の経過とともに研磨されていったものが
本書に繋がったのだろう。

誰にでも初めての山が旅があるように、
2度目に訪れるべき山や出会いもある。
経験した分だけより客観的に捉えることができるし、
それが本書にも現れている。

出会った人々の再会、訪れたかの地への憧憬、
シェルパの成長と栄光と堕落を時の変化に合わせて綴っている。

また、2011.3.11の東日本大震災の当日に彼が過ごした出来事や
その後、すぐに被災地に向かった現地での状況なども書かれているので、
ただの山日記では終わらない内容でもある。

若干、玄人向けの内容にもなっているけれど、
丘の上でネットワークを探す姿など、
あの頃と変わらない空気感は随所に残っているので、
石川ファンはもちろん、山好き、旅好きにも楽しめる。

なによりエベレストの現実が描かれているので、
遠い存在なエベレストが、実はとても近く、そして脆いものだと知るだろう。
そんな世界のてっぺんにちょっと立ち寄ってみませんか?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
石川さんにとっては10年ぶり二度目となるエベレスト登山の記録。
ブログをまとめたものですが、道具の紹介やQ&Aをはじめ、楽しい要素が付加されて読みやすかったです。

登山に向かう前の心境や日本にいるあいだの出来事を含め、2011年前半の石川さんの日々の動きがわかります。
わたしも新しい出会いに向かって前向きに生きたいと思える読後感でした。
日記ならではの、毎日の些細な出来事や感情の起伏などリアルで良かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
石川さんの本はちょこちょこ読んでいるのですが、
今回は見た目も内容も読みやすい内容になっていました。

登頂までの行程や準備の詳しい内容はもちろんのこと、
現地の食生活まで細かく書いてあり、世界観が広がります。
エベレストはそうそう登れるものではないですが、登山してみよ、という気分になります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック