¥ 1,899
  • 参考価格: ¥ 2,029
  • OFF: ¥ 130 (6%)
通常配送無料 詳細
通常1~3か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Eternal Curse on the Reader of These Pages (英語) ペーパーバック – 1999/8/2


その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,899
¥ 1,533 ¥ 2,048

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

In his first novel in English, Manuel Puig strikes a balance between irony and sympathy as he tells of the dealings of two men whose deceptive reminiscences recall those of the characters in his better-known Kiss of the Spider Woman. Larry, a down-and-out writer, is paid to push a wheelchair-bound Argentine political exile, Ramirez, around Greenwich Village. Through their journeys and their conversations about sex and politics, we witness the collision of two "solitary fantasy systems, " revealing the men to be enmeshed in the lies that make up their bitter, shadowy symbiosis.

著者について

Manuel Puig is the acclaimed author of many novels, including Betrayed by Rita Hayworth, Kiss of the Spider Woman, and The Buenos Aires Affair. He was born in Argentina in 1932 and died in Mexico in 1990.


登録情報

  • ペーパーバック: 240ページ
  • 出版社: Univ of Minnesota Pr (1999/8/2)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0816635366
  • ISBN-13: 978-0816635368
  • 発売日: 1999/8/2
  • 商品パッケージの寸法: 14 x 1.8 x 21 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 1,243,931位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

Amazon.co.jp にはまだカスタマーレビューはありません
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta) (「Early Reviewer Program」のレビューが含まれている場合があります)

Amazon.com: 5つ星のうち 4.0 1件のカスタマーレビュー
17 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 An inspiration on the reader of this novel 2000/7/5
投稿者 AH-SAN WONG - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
Don't be scared of the title. You won't be cursed.
Almost the entire book consists of conversations betweent two men, Ramirez and Larry, taken place in New York City. Ramirez is a 74-year old man from Argentina who has lost most of his memory and is now in a wheelchair. Larry is a 36-year old guy (with a Ph.D. in history but now is jobless) who is paid to push Ramirez around three times a week. Following their conversation, the readers will figure out the identities of these two people, their personalities, their past, their dreams, their regrets, their views on life, work, politics, love, sex, etc., as well as what is happening to/around them at that time.
This is my first Puig's book. I picked it because of the sinister title. This book shows that Puig has a creative way to construct the plot and a deep understanding of human minds. Very often I stop and smile at the dialogue, because I am reminded of the real way that people talk: sometimes inefficient and frustrating.
My friend recommends all his other books, incudling Kiss of the Spider Woman and The Buenos Aries Affair. This book is good enough for me to go on reading his other ones. That's all I have to say about this book.
このレビューはお役に立ちましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。

関連商品を探す