Facebook Twitter LINE
この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Esquire (エスクァイア) 日本版 2005年 07月号 雑誌 – 2005/5/24


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2005/5/24
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

“社会”や“状況”に対するリアルなメッセージを、オリジナルかつ鋭利なクリエイティビティで表現し続けるグラフィックデザイナーたちの仕事場を訪ねて、トロント、NY、ロンドンへ。
■グラフィックデザインが未来を変える。  社会を構成する目に見えないシステムや関係性をビジュアライズしたエキジビジョン『Massive Change』。このプロジェクトを手がけたブルース・マウに、グラフィックデザインが持つ可能性を聞いた。
■NY、この街でサヴァイブするために。  『9.11』の後遺症に未だ悩むNY。消えることのない閉塞感からブレイクスルーする方法をこの街に住むグラフィックデザイナーたちはどう考えているのか。  
■ロンドン、ソーシャルデザインの最前線を行く。  ソーシャルデザインに対する意識が高く、また、アートとの境界線が曖昧なことでも知られるイギリスのグラフィックデザイン界。この国のデザインシーンを、日本屈指のAD中島英樹が歩く。
■ファッションピープルたちに聞いた、マイベスト・グラフィックス。  エディ・スリマン、アニエスベー、マリオ・ソレンティ・・・。ファッション界で活躍するクリエイターたちのクリエイティビティを刺激したグラフィックデザインとは。
■闘うジャパニーズグラフィックデザインの系譜。  人気AD佐藤卓がナビゲーターとなり、日本のグラフィックデザインを“闘う”という視点から再構築


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: エスクアイア マガジン ジャパン; 月刊版 (2005/5/24)
  • ASIN: B0009MW8C2
  • 発売日: 2005/5/24
  • 梱包サイズ: 27.4 x 21 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう