Ergo Proxy 5 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,470
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 4,334
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Ergo Proxy 5 [DVD]

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 1,200 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,064 (81%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サイタマーSが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,120より 中古品の出品:2¥ 180より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル アニメ】 - NBCユニバーサルの新作アニメ情報や、初ブルーレイ化アニメ、セール情報などはこちらからチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • Ergo Proxy 5 [DVD]
  • +
  • Ergo Proxy 8 [DVD]
総額: ¥3,200
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 斉藤梨絵, 矢島晶子, 遊佐浩二
  • 監督: 村瀬修功
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/09/22
  • 時間: 78 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000F5GS4W
  • JAN: 4988102442026
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 204,997位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『サムライチャンプルー』のmanglobeが制作を手掛けるSFアニメの第5巻。濃い霧に包まれ道に迷ってしまったビンセントは、一軒の古本屋に辿り着く。省察十一「白い闇の中/anamunesis」から省察十三「構想の死角/wrong way home」までを収録。

内容(「Oricon」データベースより)

『サムライチャンプルー』のmanglobeが贈るSFサイコサスペンス・アニメーション。人とロボットが共存する理想の楽園都市“ロムド”を舞台に、謎の殺人事件を追う市民情報局の女性キャリア、リル・メイヤーの物語を描く。第11話「白い闇の中/anamnesis」、第12話「君微笑めば/hideout」、第13話「構想の死角/wrong way home」を収録。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

このエピソードは良い
自我を持ってしまった機械の苦しみ
感情を持って得たものと失ったもの
そして失ったことで得たもの
これは理屈ではない
解ける方程式は在りはしない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「11.白い闇の中」はぐれたピノを霧の中に探しに出たヴィンセントは一軒家の本屋に行きあたり、
そこで二人の謎の人物と出会う。一人がヴィンセントに自分が何者であるのか思い出させる。
最も動きの少ない回だが、物語の大きな展開点でもある。そこへリルが追いつく。
「12.君微笑めば」ヴィンセントはリルに自分がProxyであることを明かし、また好意を持っている
ことも告白する。そこに巨漢のProxyが出現するとヴィンセントもProxyに変身して戦いを始める。
リルはデダルスにもらっていたProxy必殺弾で巨漢Proxyを殺し、ヴィンセントと共にこの世の真実を
探索する旅を続けようとする。
「13.構想の死角」コギトウィルスに感染し自我を持ってしまいながらもリルを守ることを存在理由
とし続けるイギーは、ロムドに帰れとのリルの命に反し、ヴィンセントからリルを奪い返そうとする
が、巨漢Proxyのアントラージュの自爆からリルを守ろうと大破してしまう。
イギーの愛憎半ばするリルへの深い思いとリルの涙は、これまでの静かな展開と対照的にエモーショ
ナルの極み、一つの山場である。
この巻は外せない。
物語の半ばで、登場人物たちの心が大きく動きだし、ドラマが始まる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 少し面白くなってきた印象。リルの傲慢、だめっぷりが徐々に明らかになっていくのはわりとうまい。

 キャラの独り言がおおいのがあいかわらず気にかかるが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す