中古品:
¥ 360
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★輸入盤。輸入盤は商品の性質上ブックレットに歌詞が記載されていなかったり、封入されていなされていないものもございます。内容確認はご購入前にお願い致します。PP袋付(定型外除く)。送料を含む【金額を表示】した納品書兼領収書を発行し、同封いたします。発送通知以後の手書き領収書発行ご依頼には画像データでのメール送付となります。ご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Ep 7 Import

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 8,547より 中古品の出品:16¥ 360より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の オウテカ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1999/6/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Nothing Records
  • ASIN: B00000J8C1
  • JAN: 0666489099920
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 239,467位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Untitled
  2. Untitled
  3. Untitled
  4. Untitled
  5. Untitled
  6. Untitled
  7. Untitled
  8. Untitled
  9. Untitled
  10. Untitled
  11. Untitled

商品の説明

Amazonレビュー

   エレクトロニカ・シーンの盛り上がりを決定的なものにしたオウテカの通算6枚目にあたるアルバム。マンチェスター出身のショーン・ブースとロブ・ブラウンによる、緻密で斬新(ざんしん)なエレクトロニック・サウンドは、多くのフォロワーを生み続けている。
   波打つ独特のシンセ音に重いリズムトラックがからむオープニング<1>、以前シングルをリミックスしたイースト・フラットブッシュ・プロジェクトのラップを細かく切り刻んだ不穏な雰囲気の<2>、インダストリアルでヘビーなリズムが現れては消える<4><10>はオウテカ流ドリルン・ベース。エンディングは、水面を叩く音からビートを構成したメランコリックなトラック<11>だ。
   徹底してアヴァンギャルドで、挑戦的なつくりだが、決して聴き手を限定するものではないこのアルバム。レディオ・ヘッドのトム・ヨークが本作にインスパイアされ『KID A』を制作したというのは有名なエピソード。このクリエイティビティに富んだサウンドを一度は体感してみることをすすめたい。(山田次郎)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
ジャケットのイメージや皆さんのレビューみて聞いてみましたが
意外と普通
もっとヒリヒリするもの期待してた
すんなりさらっと聞けてしまう
トータスなんかもそうだったんだけど、90年代以降の先鋭だなと思ってしまう
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この手の音楽が好きな人にはかなりオススメします。

(メロディが好きというより音そのものを好きになっていしまうような方など)

逆にダンス系が好きな方にはオススメしません、

全然踊れませんし、

(無理やり踊ろうと思えば踊れますがそれはもはや痙攣といえます)

ビートは大半がブレイクビーツです、かなり崩してきますが。

この人たちはHIPHOP好きらしいので。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
持続しながら変化していくノイズ、奇怪な電子音、複雑に絡み合うリズムが渾然一体となって感じさせる、硬質な手触りの中の大きな『うねり』。電子音やノイズは時にメロディさえ浮かび上がらせる。その緻密でモノクロームな世界に一度のめりこんでしまうと、なかなか抜けだせない。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
いやぁ色褪せねぇ。
それというのも、ここでは一つ一つの音に「これはリズム」「これはメロ」みたいな、
先入観混じりの線引きがハナから無いのであって、
だから自ずと純粋な「音そのもの」の勝負になり、
それが研ぎすまされているが故、軽々と時間の経過に逆らってしまえるのだな。
デジタル世代のポストパンクかってくらいの切れ味。

一つの音を作り上げるのにももの凄い精査を重ねている気がするが、
その配置も尋常じゃないこだわりっぷりで、未だに聴き返すと意表をつかれることしきり。
たぬきとしては、その配置にこそ彼らのアシッドなB-BOY魂を感じるのであって、
自分らしくいる、その姿勢をここまで極端に貫きまくっている人間も少ないな〜、と。
踊れるか否かはそれぞれに任せるが、それが全てではないし、
踊りと言えるか否かは謎だが体は否応無く反応する。

今作は、たぬきとしては、彼ら史上もっともメロディーを感じるが故に、ベストと言って憚らない。
パーカッションであれ何であれ、元々は一つの音として等価な訳で、
そんな大事だけど忘れてしまいがちな事実を、今でもしっかり突きつけてくる、
貴重な存在。
そこにこそ、この先の扉の鍵があるような。
つうことは、これエラい先駆的だな〜。

ひたすら挑戦的なジャケットも素敵すぎます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告