¥4,601 + 配送料無料
  • 参考価格: ¥4,625
通常4~5日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、ブックデポジトリー (Book Depository) が販売、発送します。
¥4,601 + 配送料無料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

The End of Law: Carl Schmitt in the Twenty-first Century ペーパーバック – 2019/11/16


その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
ハードカバー ¥15,579
ペーパーバック
¥4,601
¥4,601 ¥5,046
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonブラックフライデー開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンやエントリーで5,000ポイントが抽選で当たるキャンペーンも同時開催中。 Amazonブラックフライデーを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

Scholarly and political interest in the controversial 20th Century German thinker Carl Schmitt has exploded in the last twenty years. This volume, focusing directly on Schmitt’s complex ideas about law, situates his views within broader debates about the rule of law and its fate, taking seriously his Nazi-era political and legal writings.

レビュー

Twenty years ago, Scheuerman's account of Schmitt's political theory questioned the political consequences of CLS and other radical criticisms of the tradition of democratic legalism. The new chapters for this much-needed second edition take the argument further, showing how Schmitt's ideas of emergency and sovereignty undermined law and democracy in the name of one-man, patriarchal rule.--Peter C. Caldwell, Samuel G. McCann Professor, Rice University

William Scheuerman writes with almost astonishing clarity about the notably complex, controversial, and, for better or worse, undoubtedly important Carl Schmitt. The clarity extends to Scheuerman's own arguments, which allows the reader to engage in a stimulating dialogue with both Schmitt and Scheuerman. Few books are more important at the present time, when liberal democracy is under increased attack (and in need of thoughtful defenses like Scheuerman's).--Sanford Levinson, co-author (with Jack Balkin) of Democracy and Dysfunction

The key themes of Schmitt's political theory are best understood as responses to a fundamental question about legality: To what extent can and should legal or constitutional norms bind and program political decision-taking? Few books engage with Schmitt's treatment of this issue as successfully as The End of Law. The updated edition of this definitive work is highly welcome.--Lars Vinx, Lecturer in Jurisprudence, University of Cambridge, UK

We live in dangerous times which is why Schmitt--perhaps the most dangerous mind of the twentieth century--has proved so attractive to scholars across the political spectrum. In this update of his pathbreaking The End of Law, Scheuerman explains the power of Schmitt's insights while brilliantly exposing the hazards involved in accepting the arguments of this disingenuous academic.--David Dyzenhaus, Professor of Law and Philosophy, University of Toronto

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 320ページ
  • 出版社: Rowman & Littlefield Intl; 2版 (2019/11/16)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1786611554
  • ISBN-13: 978-1786611550
  • 発売日: 2019/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 2.6 x 22.9 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 88,258位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう