• 参考価格: ¥ 1,051
  • OFF: ¥ 8 (1%)
通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
The End of the Affair (Vi... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 worldbooksjapan
コンディション: 中古品: 良い
コメント: イギリスより発送。通常7-21日以内にお手元に。日本語でも対応しております。 Book is shipped from UK, please allow up to 21 days for delivery.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

The End of the Affair (Vintage Classics) (英語) ペーパーバック – 2004/11/2

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他(30)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー, Large Print
"もう一度試してください。"
¥ 12,515 ¥ 3,110
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,043
¥ 765 ¥ 735
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 46,199 ¥ 1,138
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,061 ¥ 2,065
カセット, Abridged
"もう一度試してください。"
¥ 478,740 ¥ 10,569

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • The End of the Affair (Vintage Classics)
  • +
  • 情事の終り (新潮文庫)
総額: ¥1,767
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【25%-50%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

商品説明

第二次世界大戦中から戦後のロンドンを舞台にしたグレアム・グリーンの『The End of the Affair(邦題:情事の終り)』は、自己愛、他者への愛、神への愛の3つの衝突、つまりパトスの問題を描いている。ここで問題になっている情事とは、自己の世界に耽溺する小説家モーリス・ベンドリクスと義務的な結婚生活を送っているサラ・マイルズとの関係を指している。官吏をしている、サラの退屈な夫が開いたパーティーで出会った2人は、やがて変化のない不幸な日常生活からお互いを解放するようになってゆく。2人のロマンスが始まったころのあふれんばかりの情熱を振り返りながらベンドリクスはこう言う。「あのころはどちらがどちらを欲したかなどまったく問題ではなかった。2人はともに求め合ったのだ」。その言葉どおり2人の関係は数年にわたって続くが、それもある日の午後の密会までのことだった。地下室に人がいないか調べようとベンドリクスが階段を下りたところで建物は爆撃を受ける。サラが駆け下りていくと、彼は倒れたドアの下敷きになっていた。そこで彼女はとっさに神と契約を結ぶ。それまで神など特に気にかけたこともなかったのに。「彼を愛しています。彼を生かしてくだされば私は何でもいたします…彼のことを永遠にあきらめますので彼を生かしてください、一度だけチャンスをください…人はお互いに相手を見なくても愛し合うことができますね。神様、あなたを見なくても人は一生あなたを愛します」
ベンドリクスは(この物語を書いているくらいだから明白だが)死んだのではなく意識を失っただけだった。それ故、サラは約束を守らねばならなくなる。彼女は何の理由も告げずに2人の関係を断ち、ベンドリクスは事情もわからぬまま怒りを抱く。ひとつだけ考えられるのは、男ができたのではということだった。サラの情熱的な誓いについて初めて知るのは、数年後に真実を知るために私立探偵を雇ってからだった。サラ自身は奇妙とも思える論理で割りきるようになっていく。日記の中で神に宛てた手紙にこう書いている。

「あなたは私たちの別離をお望みになりましたが、彼(ベンドリクス)もそれを望みました。彼は怒りと嫉妬によってそのために力を尽くしました。また彼は愛によってそのために力を尽くしました。なぜなら、彼は私に多くの愛を与え、私は彼に多くの愛を与えたので、2人の愛が尽きたとき、残ったのはあなたへの愛だけだったからです」

彼女が信仰にそんなふうに引かれたのも、必然のなせる技だったのだろう、その引かれ方が無限だったところから見ても。おそらくそれは姦通の罪に対する罰だったのだ。晩年、サラがひたすら信仰を深めていくのは、折りしも爆撃と、神を引き寄せる自らの力に憑かれている時期なのである。『The End of the Affair』は、戦争がもたらした破壊の悲劇を背景に、苦悩をもたらす、多義的な「愛」の本質とは何かと問いかけながら、繰り返し読者の意識の扉を叩き続ける。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

With a new introduction by Monica Ali

The love affair between Maurice Bendix and Sarah, flourishing in the turbulent times of the London Blitz, ends when she suddenly and without explanation breaks it off. Two years later, after a chance meeting, Bendix hires a private detective to follow Sarah, and slowly his love for her turns into an obsession.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 192ページ
  • 出版社: Vintage Classics (2004/11/2)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0099478447
  • ISBN-13: 978-0099478447
  • 発売日: 2004/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 12.9 x 1.3 x 19.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 32,316位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
1999年に再度映画化された「ことのおわり」の原作である。人間と神への愛をテーマにした作品だ。英語はサムセットモームに通じるもので単語レベルでは確かに簡単に見えるかも知れないが、読了後にくたくたになるくらい意味は重い。200ページに足りない薄い本なのに、である。
アメリカ人の作家によるペーパーバックを読み慣れている人には、ちょっとした「しぐさ」や「出来事」を心理的に深く掘り下げるこの種類の本は、少しまどろこしい感じがするだろう。しかしそのような人でも映画と比べるとその違いを楽しめるかも知れない。原作と映画はかなり後半が異なっているからだ。
薄いのに重い本だ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ワッフル 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/2/14
形式: ペーパーバック
神の愛と信仰と、主人公のMaurice Bendrixが友人Henry Milesの妻のSarahとする不倫が主題です。この本は辛い恋愛を体験したすぐ後に読みました。ですので、MauriceとSarahの気持ちが痛いほど心に染みました。

Graham Greeneは大人になってから、自分の意志で、聖公会からカトリックに改宗した人です。カトリックの聖人のダミアン神父、この方はハンセン病の施設に派遣され、自身もその病になりましたが、プロテスタント側から「彼はもともと女性関係に甘いところがあり、病気に感染したのはそれが原因である」とする批判があり、Greeneはそれに対して、少し記憶が曖昧ですが、「もしもそうだとしても、そこにこそ神の栄光がある」と反論していたと思います。

品行方正な人たちと神の愛ではなく、世間では蔑まれる不倫をする男女と神の愛という、一見矛盾するようでありながら、深く重い主題を扱っています。親鸞聖人の「言わんや悪人をや」に通じるところがあるのではないでしょうか。神の考えは人間の理解を超えた深いところにあると思うからです。

Greeneの文章表現が簡潔で美しいことも強く印象に残っています。これを翻訳で再現するのは不可能だと思います。ぜひ原著を読まれることをお勧めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
英語としてはすごく読みやすいです。
章の区切りも非常に短いのでベッドタイムの本としては最適でした。
そのやさしい文章の中に神への、そして人間への「愛」という
テーマがとりあげられていて、こんなやさしい文章の中に
なんて大きいものを織り込むことが出来るのだろうと作者の力量に
感動しました。
映画版は見ていませんが、「官能的」と言った宣伝文句から想像の
つくものとは異なった印象を、読んだ人は受けるのではないかと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/5/4
形式: ペーパーバック
グリーンの代表作。『情事の終わり』『ことの終わり』という邦題で2度映画化されました。
誰かへの深い愛情が,神への愛へと変わっていくプロセスが情感たっぷりに描かれています。映画ではこの辺が上手に描かれていなかったような。
グリーンというと『第三の男』が日本ではよく挙げられますが,悪・神への愛・神の愛を描き出そうとしたグリーンにおいては,本書こそ代表作にふさわしいと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/13
形式: ペーパーバック
2度映画化されたグリーンの作品。 主人公サラ、ベンドリックスの「不倫」関係が 情感たっぷりに描かれています。 今年放映になった映画の宣伝では「官能的」と ありますが,決してメインではありません。 グリーンがこの作品に限らずテーマとしてきた 人間の神への愛と神の人間への愛が、 "The End of the Affair"でも描かれています。 "Brighton Rock"と並ぶ、すばらしい作品だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
映画から興味を持ち、原作を読みました。

やはり映画では良く分からなかった部分に関する理解が深まりました。

読む前は、宗教的な背景等に関する知識がないと理解できないかもしれないと思っていたのですが、(実際その通りかもしれないのですが、)逆に宗教をよく知らないために、狂気的ともいえるほど信仰に傾倒していくサラに主人公ベンドリクスが感じる理不尽さやもどかしさが理解できたのではないかと思います。特にサラの葬儀が終わってからラストまでは、かなり号泣でした。

サラの夫ヘンリーの行動も、人間の弱さを露呈しているように感じる。サラの死後ベンドリクスに頼って生きる彼の姿は哀れです。しかし、彼の立場で他に誰を頼ればいいのか?独りで生きるよりは、ベンドリクスに依存する方が楽なのか?もし自分だったら、独りでも凛として生きる道を選びたい、今はそう思いますが・・

悲しく、難しい話ですが、独特の美しさがあることも事実。重く暗いロンドンの空気にピッタリです。5点献上。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告