中古品の出品:7¥ 3,650より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Early Days

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 3,650より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2001/11/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • 収録時間: 43 分
  • ASIN: B00005R6FS
  • JAN: 4988010228026
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 292,542位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. からす
  2. 機関車
  3. ありがとう
  4. 春を待っている私はこたつの中
  5. 庭はぽかぽか
  6. 好きなんだから
  7. はずかしそうに
  8. 雨あがり
  9. 早起き山から
  10. 表通り
  11. 朝はきまぐれ
  12. 山は緑

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

『ありがとう』(71年)、『もっともっと』(72年)、『はずかしそうに』(73年)の初期3作から小坂忠本人が選曲したコンピレーション盤。カントリー・ロックを基調とした独自の世界を聴かせる。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ナシュカ VINE メンバー 投稿日 2004/6/2
形式: CD
本当はそれそれぞれのアルバムが欲しかった。ありがとう、もっともっと、はずかしそうに。この三枚は小坂忠のベストアルバムだと思うが、それをわざわざ本人の選曲で少なくしてしまった。全部をそのまま収録して出して欲しかった。本当ならはっぴいえんどのボーカルになっていたかもしれない人だが、きっとそうなってたらと思わせる音がいくつもある。
基本的に静かに歌う人なので、やさしい感じの曲が多いがそのため統一感が出て一気に聞きやすい。今度はそれぞれのアルバムをリマスターボーナストラックつきで発売してもらいたいものだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ティンパンアレイのリヴァイバルで再度メジャーリーグにもどった忠さんの古き佳き時代(‘71-‘73)のスナップショット。今の忠さんから入って昔探しをするファンの人には、R&Bやゴスペルのムードが濃厚な「はずかしそうに」の選曲が多く、違和感のないコンピレーションで、きっともっと忠さんを好きになるはず。はっぴいえんどと同時代をすごした年寄りファンや、若き日の松任谷、後藤次利、林立夫の無口ながらもタイトなバックバンドを聴きたかったファンとしては、もう少し「もっともっと」からバランスよく選曲して欲しかった気がする。名曲「泥んこまつり」がはいってないのはとても残念。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 柳田ヒロ、細野晴臣、松本隆など錚々たるメンバーが集まっていたエイプリル・フールのヴォーカリスト。
 バンドは英米ロックのコピーっぽかったが、解散後はグッとフォーク寄りにシフト。

 オリジナルを1枚ずつCDで買い直そうか、BOXを買おうか悩んだが、予算の関係で、とりあえず本作に落ち着いてしまった。

 1971年『ありがとう』、1972年のフォー・ジョー・ハーフ(言わずと知れた、後藤次利、林立夫、松任谷正隆などによるスーパー・グループ!)を従えてのライヴ盤『もっともっと』、1973年『はずかしそうに』という初期3枚から、選ばれた12曲。

 1~3は1st、4~6は2nd、7~12は3rdの収録ナンバー。
 トータル43分。CDなんだから、プラス30分くらいあってもいいんじゃない?
 御本人のセレクションだそうで、しようがないか。
 まあ、エピックからの圧力があったとしても、それに屈するような忠さんではないだろうし。
 でも、1stと2ndの全曲という2in1にボーナス・トラック数曲入れたら、飛ぶように(?)売れたのに。

 1「からす」のコード進行、今聴いても、かっこいい。
 バッファロー・スプリングフィールドか、モビー・グレイプか、CSN
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す